【男女別セフレの作り方最新版】安全にセフレを作る為に気を付けるべき注意点とは?

【男女別セフレの作り方最新版】安全にセフレを作る為に気を付けるべき注意点とは?

別に彼氏彼女は今すぐ欲しくないし好きな人もいないけど、人肌恋しさがどうしようもないときや、ただちょっと遊びたいな、というときは誰にでもありますよね。男女の性差に関わらず、一人で寝たくない夜はあるはずです。

しかし、そんな時期に「セフレをつくろう」と思って作れる人はそう多くないと思います。人肌恋しくても、実際に行動に出る人よりも、アダルトコンテンツで解消する人の方が多数派だと思います。好きな人に片思いをしている人は尚更、その気持ちが本気であるほど、恋をしている時にセフレを作ろうとは思えないでしょう。

また、好きな人とデートできたけど、すぐに体を許してしまい、恋人同士ではなくセフレという関係に陥ってしまった、というケースも恋愛の失敗談として普遍的。恋人とセフレとの境界線はどんなところにあって、どこに気をつければそんな残念な自体を招かずに済むのか、事前に気をつけないといけないことがいくつかあります。

「セフレ」というのは、言葉が古くなると「情婦/情夫」となり、大昔からあるものですが、人前で声高く言える関係ではなく、大抵は秘密にするべきもの。特に既婚者は当然、そういった関係を持ってしまえば、隠し通すことができなければ地獄を見ることに。

マッチングアプリや出会い系サイトを利用してセフレを作る、というのが最新でありもはや定番の手法と化していますが、セフレというのはその出会いも関係性も、内緒にするべきものという理由のためだと思われます。

セフレを作る、ということに関して、その方法や前置きとしての気構え、注意点などをないがしろにし、迂闊に行動すれば痛い目を見ることは明白です。できる限り、問題なく割り切った関係を築いて維持し、さっぱりと別れるために、必要な知識をここで解説していきます。

「セフレ候補」はどこにいる?

双眼鏡を覗く男性

「セフレ」とは「セックスフレンド」であり、文字通り「体の関係のある友達」という意味になりますが、身近な友達をセフレにしてしまうと厄介なことが起こりそうです。

それに、お互いに「セフレですね」と認識しあっていないと、さらに周りの恋愛関係も巻き込んで仲がこじれることもありそう。セフレというのはある意味「契約」なので、精神的に大人な人同士でなければ支障のない関係を作るのは難しいでしょう。

既婚者でもセフレを欲しがる人は案外多いものですが、夫婦間の同意なく他の人と性交渉をするのは「不倫」になってしまいます。パートナーにばれずに不倫をするのは、特に男性側には難しく、自分が思っているより隠し通せないもの。妊娠、出産、子育てのステージなど、セックスレスになりやすいタイミングで不倫は起こりやすいですが、パートナーを傷つけずに欲求を解消することはできるのでしょうか。

また、セフレになってくれるようなちょうどいい距離感の相手がどこにいるかというと、今の時代マッチングアプリや出会い系サイトの利用が一番手っ取り早いでしょう。お互いに共通の知り合いのいない関係とは縁を切りやすいので、一夜の関係やセフレの関係を作るのにはちょうど良かったりします。

とはいえ、真剣な出会いを探している人も多いため、自分の身の振り方を考えなければいけません。どんなアプリやサイトを使えばいいのか、どんな風に相手を探せばいいのか、セフレ探しのためには真面目な人を避けるための「作法」というようなものがありますから、誰にも誤解を与えずに面倒な自体を起こさずに、安全に相手を探したいところ。

まずはじめに、「セフレ」の定義と、セフレという存在が引き起こす可能性のある災難について学ぶことで、どんなところでセフレ候補が見つかるのか、考えてみましょう。

まず「恋人」と「セフレ」の違いとは

疑う余地はないと思いますが、「恋人」と「セフレ」とは明確に違いがありますよね。

しかし、恋愛では「相手の恋人になりたいのに、セフレになってしまった」という事態がわりと起こります。いくら魅力的でも、あまり人の心に関心がないと、相手が傷ついても知らん顔でいられる人も中にはいます。

そういったズルい人を一旦好きになってしまうと厄介なもので、相手がどんなゲスいことをしても「好き」の気持ちが大きいほどそれを容認してしまう傾向にあります。そのようになウェットなタイプは、セフレという関係を作るのには向いていないのではないかと思います。純粋に、お互いの内面性も包括して好きでいられる本命の「恋人」を作ろうとする方が性に合うのではないでしょうか。

好きな人と悪い関係になってしまったときなどには、感情を整頓して冷静に関係を断ち切れるくらいのクールでドライなタイプにしかセフレという関係を作るのは難しそう。もしくは、「期間限定」と決めて関係を持つなど、自己管理ができなければズルズルと人に言えない関係を引きずることになります。

「セフレ」とは、相手との性格の相性を無視して結べる関係で、むしろ、お互い体だけしか興味がないことに限って成立します。反対に、「恋人」とはたとえセックスができない時期があってもそばに居たい相手だからこそ成り立つ関係であり、体だけの関係では保てないものです。

恋人とセフレは混同してはいけないものであり、はっきりと壁を隔てるべきです。また、基本として恋人がいる間はセフレを作ってはいけませんし、同じようにセフレがいる間は恋人を作ってはいけないと思います。さもなければ、人間関係がぐちゃぐちゃになってしまうこともあり得るのです。

お互いある程度恋愛経験を積んでいることが前提

恋愛経験の浅いうちは、セフレという関係を作るのはやめておいた方がいいと思います。

恋愛は、それを経験していくごとに「恋愛」に対する印象が変わっていきます。純粋で素朴な恋愛を経験してくれば、これから求める恋愛も同じ傾向になりやすく、反対に残念な恋愛ばかりしていると、また残念な恋愛にのめり込んでしまったりなど。自分がどう望むか、にも関係してきますが、元々の自分の異性の好みも影響して、経験を積むほどだんだんと自分なりの「恋愛観」が形成されていくでしょう。

世間に多い「ダメ男に引っかかり続けてしまう女性」というのはこういった部分が影響しているのではないでしょうか。自分がダメな恋愛しか経験したことがないと、ふと舞い降りた幸せな恋愛の兆しに戸惑って、フイにしてしまうということもあり得ます。自分の家族との関係性も恋愛観にかなり影響してくるといいますが、結果的には自分の恋愛を作るのは自分の意志です。

もし、恋愛経験の浅いうちから、恋人ではなくセフレしかいないという状態が続けば、どんな恋愛観になっていくでしょうか。簡単に思いつくことといえば、「セックス以外に相手との仲を取り持つものを考えつかない」という状況です。

「恋人」は、たとえその日1日のデートでお泊まりがなくても、一緒にいるだけで楽しくて幸せなものだと思います。そこで、自分のことをセックスで主に評価する人とばかり付き合っていれば、お泊まりなしのデートで自分の価値が相手にとってちゃんと表明されたのかどうか、と不安になるのではないでしょうか。

「セフレ」という関係はとても楽なものです。ただ楽しむだけ楽しんだら、あとはお互いに対する責任もなにもないので、ありがと、じゃあね、解散で済むし、マメに連絡をとる必要もないし、定期的にデートをしたり相手を気遣う必要もない。でも、飽きたりどちらかに恋人ができたりなど、ちょっとしたタイミングで切れる関係です。

そうして最終的には自分がひとりぼっちであることを強く実感する関係でもあったりします。そのため、最終的に目指すべきなのは心地よい信頼のある恋人関係を作ることなのではないかと思います。セフレがあるとしたら、単なる暇な時期の遊び相手以外の何でもないのです。

よって、セフレを作るなら、そのメリットデメリットもきちんと把握してからにしましょう。ただいたずらに自分の身も心も削ることのないように。

身近な人をセフレにしないほうがいい理由

セフレにするのは、出来るだけ自分と縁遠い人にしましょう。

なぜかといえば、学校や仕事場、またその近く、また友達の友達、くらいの自分の環境に近いところにいる人ほど、自分の人間関係に関わってくるため、場合によってはセフレという関係を作ったせいで他人の人間関係を壊してしまうこともあるからです

もし、セフレになった相手に片思いをしている自分の知り合いがいたら、どんなことになるでしょうか。万が一自分の関係がバレたら、その知り合いにどれほど恨まれるかわかりません。狭いコミュニティでそういうことが起こってしまった場合、どんな風に自分の評価を落とされるか、想像するだけでもゾッとすると思います。

自分たち二人の関係だから他人にどうこう言われても、と思えるようなものですが、世間からすると「セフレ」や「遊び目的」の関係は「ふしだらで悪いもの」とされがちなので、好きな人を取った、と思われたら悪者扱いは逃れにくいでしょう。

そういうことが起こらないように、セフレは自分の普段のテリトリー内では作ってはいけないのです。十中八九公開しますし、バレたら必ず「ヤリチン」「ヤリマン」認定されるためにその環境でまともな恋人を作るのも難しくなります。

身近な人をセフレにするのはあらゆる弊害を巻き起こす可能性があるため、セフレは身近な環境ではなく、ナンパやマッチングアプリ、出会い系サイトのような「縁もゆかりもない人」の出会いから見つけましょう。

セフレは「後ろめたい」関係?

案外、セフレのいる人は意外と多いもの。何でも知っている友達同士だと思いきや、その友達と自分と共通の知り合いが長年セフレ関係だった、なんてことが急にカミングアウトされることもあったりします。

このように、セフレという関係を「公認」の関係にする人はほとんどおらず、大抵の場合は親しい友達にも内緒にすることになります。セフレというのは「相手とセックスする以上の仲ではない」ですし、「実はみんなに隠れてあの人とたまに会ってエッチしてるんだけど」なんて話は普通はしないと思います。

基本的に、セフレという関係に明るいイメージはありません。それは、世間体が恋愛に「純粋」「誠実」というイメージを抱いているからです。しかし現実には人の恋愛関係とは不誠実で爛れていて、嘘と裏切りが横行する最低な面もあると思います。浮気や不倫で他人を傷つけるような問題よりは、恋人も結婚相手もいない人に限って、セフレはある意味健全な関係だともいえます。

それでも、「セフレがいる」ということは、よほど信頼できる友達以外には打ち明けるべきではないことですし、「セフレ」という関係性に嫌悪感を持っている人もいますから、ときには仲のいい友達にも話さない方がいいでしょう。

基本的に、「セフレ」は「秘密の関係」だと考えましょう。ある意味、秘密だからこそストレス解消にもなるというものです。また、他人を巻き込まないように、情が移らないように、長くとも一年未満の短期的な関係の方が、後腐れなく別れられます。自分の人間関係と関わりのない相手を選ぶということのほかに、「いつまでの付き合いにするか」という「やめどき」も合わせて考えておくことをおすすめします。

既婚者で セフレが欲しい そんなとき

ドヤ顔の女性

特に男性で、結婚して子供もいるのに、セフレを作ったり浮気、不倫をしたがる人が目立ちます。周りの女性はドン引きですが、なぜ男性の浮気願望ばかりが目立っているのかというと、女性の多くは願望も実行もうまく隠し通すからです。性欲に男女差があるとはいいますが、欲求を抱えているのが男性ばかりということは決してなく、既婚の女性も同じようにセフレが欲しいと思っていることもあるでしょう。

ラブラブだったカップル時代、毎日がキラキラと輝くような幸せに満ちていた新婚時代の喜びは、相手と付き合いが長くなるほど嘘のように暗い影を落とすことがあります。倦怠期もありますが、妊娠、出産、子育てのステージに入ると、子供優先で夫婦の夜のコミュニケーションが二の次になるため、欲求不満を抱えがちです。

特に、出産という心身ともに変化する、特に体に大きく負担がかかる役割を担わない夫側が、しんどい思いをしている妻を差し置いて、性欲を持て余して浮気をするという最低なケースは、残念ながらよく耳にするものです。また、子育てに参加をしない夫に嫌気がさし、自分に優しくしてくれる男性に心を傾ける妻という構図もあります。

夫婦間でそういった性のすれ違いが起こると地獄です。かといって、セフレを容認するようなドライな人間には誰しもがなれるわけではありません。

結婚相手、または婚約相手がいるのにセフレを作るのは、大変無責任で悪いことである、ということは明白ですよね。夫婦仲が悪くなってしまったからといって、セフレとの関係でストレスを解消しようとしても、夫婦仲を根本的に改善することには少しも繋がらず、大きすぎるリスクを犯して一時的な快楽を得るだけになってしまうでしょう。

離婚調停 覚悟はすべし

もし既婚者、もしくは婚約中にセフレを作って関係を持ったら、それは「不倫」ということになります。「キスだけだった」「食事だけ」「体だけの浮気だから愛は裏切ってない」と言い訳したとして、相手にとってはそんなことも耳に入らないくらいにはストレスになってしまいます。

不倫の証拠を掴まれれば、慰謝料請求付きの離婚裁判まっしぐらです。もし自分のスマホや持ち物などに、セフレとのLINEやメールの返信などのメッセージの履歴やツーショット写真、ラブホテルのレシートなどの記録を一切残さなかったとしても、探偵を雇えば密会の様子を撮影されるなどでいくらでも情報が漏れるでしょう。

既婚者でセフレや恋人を作ることはリスクが大きすぎます。最悪の場合、住む家も家族もお金も失うことになるのに、自分の抑え切れない性欲のために後先考えずに行動してしまうなんて、大人として大変恥ずかしいことですよね。「バレないセフレの作り方」というものがあるとしても大抵は穴があって最終的にバレるので、まじめに夫婦で向き合って、その関係を改善することに努力する方が身のためです。

特に、男性の浮気は「なんでこんなにボロを残すんだろう」と周りの人が不思議に思うくらい隠せないことがほとんどなので、より気をつけた方がいいと思います。反対に、女性は比較的浮気を隠し通すのも上手いので、愛する相手なら少しの変化にも気を配りましょう。

セフレとは、基本的にフリーの人のみに持つことが許される関係性なのです。

「ポリアモリー」ならあり?

結婚している夫婦や、長く同棲しているカップルは「倦怠期」というものを経験したことがあると思います。漏れ聞くところでは、付き合い出してから、または結婚してから3週間、3ヶ月、3年という「3」のつくスパンで倦怠期に陥りやすい、といわれています。

その倦怠期に湧いてきやすいのが「浮気願望」です。パートナーとのセックスに飽きてくると、新しい刺激が欲しくなり、他の異性と関係を持つという誘惑が湧いてきます。ストレスを溜めている人、意志の弱い人や性欲の強い人、人に興味のない人が実際にほかにセフレをつくったり二股をしたりしやすくなります。

そうして浮気がバレると、最悪の修羅場を経験したり、離婚裁判から慰謝料や養育費の支払いという人生の汚点や枷が加わることになるのですが、なかなか動物的本能を鎮めるのはそう簡単ではないことだと思います。

こういった、性的関係で悩む夫婦は数知れません。お互いにもう性的に興味が持てないとしても、自分のパートナーが黙って他人と関係を持つとなると、プライドの問題として許せないのです。

たとえカップルセラピーに通ったとしても、長い夫婦関係で心身ともに変化していき、愛し合っているのにお互いで満足できないという問題を解消するには、夫婦間の密なコミュニケーションやホルモンコントロールなど、問題解決のハードルはそれなりに高そうです。

こういったカップルの間の独占愛と性的関係のジレンマを解消するムーブメントとして、アメリカで生まれた「ポリアモリー」という関係の選択があります。

ポリアモリーとは、その関係者全員が合意の上で、複数の人と恋愛関係を保つという「ライフスタイル」のこと。誰か一人でも同意がない場合には「浮気」になってしまいます。誰が誰を独占することもなく、精神的な結びつきも含めて、真摯で正直な姿勢をもって長期的な関係を持つ、というのが理想とされます。誰とも性的関係を結ぶ、結びたいという信条の「フリーセックス」とは異なり、いわば「複数人で結婚する」というようなものと例えられそうです。

もし夫婦で「ポリアモリー」という関係を考えるなら、「独占愛」がダメなので夫婦関係の解消と同時にポリアモリーとして関係を再構築することもあるとは思います。日本では法的に複数人で結婚できないですし、考え方としても1990年代からと古いものではなく、あまり一般に広まっていないため他人の理解を得るのも難しそうです。また、ポリアモリーに類似するスタイルで夫婦関係を維持したままパートナー以外との関係を容認する「オープンマリッジ」という形もあります。

なかにはポリアモリーという概念を誤解したまま実行してしまい、事態をややこしくしている人もいるようですから、実際にポリアモリーの関係を作ることは難しいと思います。しかし、気になったら一度はそのコミュニティーで話を聞いてみてはいかがでしょうか。とにかく、間違っても既婚者はセフレを作るなど、浮気や不倫はしないようにしてください。

出会い系サービスを使えば即日みつかるかも?

さて、フリーの人がどうやってセフレを作るか、という話に戻ります。

2019年現在、恋愛、婚活、セフレ募集の最新情報といえば、マッチングアプリや出会い系サイトの利用です。男性はどんなサービスも基本的に有料で、婚活サイトは男女ともに有料のサービスが多いですが、カジュアルな出会いサービスになると、女性は完全無料で出会いを探すことができます。

スマホ一台で暇な時間にサッと出会い探しができるので、ナンパをしたりなど自分の普段の行動範囲で相手を見つけるよりも効率的で、なおかつ普段自分の職場や人間関係と関わりあいにならない相手を見つけることができます。オンラインデーティングなどの出会い系サービスは、恋人探しよりも実際にはセフレ探しに向いていますし、実際そのような目的で使用している人の方が目立ちます。

比較的、現実で顔を合わせて出会った相手と、オンラインで出会った相手とでは、後者の方がお互いに対する絆意識のようなものが薄い傾向です。そのせいで、恋人探しをするつもりが誰と知り合ってもセフレのような関係になってしまう、というケースもよくあるものです。

しかし、そういった現象の裏をかけば、ワンナイト目的で出会い系サービスを使えば、その相手が見つかる可能性も高いと言えるでしょう。オンラインでセフレを探しているのは比較的に男性のほうが多いので、女性がセフレを募集すればその日のうちにでも相手が見つかりそう。

ただ、「マッチングアプリ」はそういったアダルト関連の出会いを勧めていないものがほとんどです。そもそもアプリとしては、いかがわしい目的の出会いを探すものはリリースできません。アプリで「ヤリモク」を隠して「恋人探し」を装い登録している男性はかなり多く、本気で恋活をしている人にとってストレスの種になっています。

しかし、ブラウザからアクセスする、いわゆる「出会い系サイト」は、そのサイトに「アダルト掲示板」などといった、公式が認めてアダルトな出会いも検索したり募集ができるサービスがあるところもあります。よって、セフレを探すなら「出会い系サイト」に登録して相手を探すのが一番手っ取り早い道なのです。

男性はどんなサービスでもヤリモクは多いため、そういった相手を利用すれば女性ならどんなアプリでもサイトでもセフレを作りやすいといえますが、真剣に恋活している女性ユーザーはヤリモクを警戒しているため、男性はセフレを作るとしても利用するアプリやサイトを選ばないと成功率は低くなりそうです。ほとんどのサービスが男性有料のため、使うべきサービスを見極めないといけません。

使うべきサイト、アプリを見極めよう

もし、「セフレを探す」という明確な理由で恋活のためのマッチングアプリを利用すれば、「ヤリモク」という烙印を押され、最悪の場合他のユーザーに通報されそのアプリを二度と使えなくなるでしょう。

特に、「婚活マッチング」と名のついた「ゼクシィ縁結び」のようなアプリでセフレを探すのは全くお勧めできません。男女ともに、結婚を視野に入れた交際相手を探しているので、そんな場所で出会った人に「セフレになりましょう」と迫っても決してうまくいかないことは明白です。

結婚相手を探している人が婚活アプリを使うように、セフレを探しているなら、同じようにセフレ探す人が利用しているサービスを使ったほうが話が早い。わかりきったことですが、残念なことに婚活サービスでも「間をつなぐ」ような体の関係を求める人がいるのは残念なことです。

セフレを探すなら、まずは「出会い系サイト」に登録すると確実です。サクラやキャッシュバッカーがはびこっているとの噂ですが、実際に出会えない人はよほど高望みして美人を捕まえようとしているか、作成したプロフィールが魅力的ではなかったり、相手とのやりとりがうまく続かないなどが多いのではないかと思います。

老舗の安全性の高い出会い系サイトなどは、実際に出会っている人もいるからサービスが10年以上続いているわけであるので、うまく利用すれば長くても1ヶ月ほどで相手が見つかるのではないでしょうか。

また、マッチングアプリでも、よりカジュアルな出会いを推すタイプのものは、ワンナイトやセフレも探しやすいのではないかと思います。マッチングアプリは種類がかなり多く、中にはその日のうちにマッチングし、一緒に飲みに行く、という「Joinus」のようなアプリなど、アプリ内でメッセージのやりとりをダラダラ続けるよりもとにかく「一回会ってみる」というのを勧めるものもあります。

そういったタイプのアプリほどワンナイトに発展しやすいのは明白です。ただ、そのようなマッチングアプリを利用しているユーザー全てがセフレを募集しているわけではなく、成功率は誘う側の顔と年齢、身長、収入などの「スペック」にかなり左右されますから、シビアなところでは誰にでもチャンスがあるというわけではないのが現実です。

また、「マッチしたその日に会う」というアプリや、男女ともに無料で使用できる「Tinder」のようなアプリは、自分の居住地の近所のユーザーしか探すことができないので、田舎の人口の少ないエリアだとマッチングできる母数が限られていますし、使えない場合もあります。また、「Dine」のような地域別に展開しているアプリもあるので、マッチングサービスは利用する前に下調べが必要不可欠になります。

アプリやサイトによっては安全性の低いものもあるので、詐欺などに引っかからないように気をつけるべきです。そのように、アプリやサイトなどの出会い系サービスは利用時に必要な知識があるのです。

以下の記事で、マッチングサービスの比較ランキングを発表しています。セフレ探しに使えるサービスも紹介していますし、サービスを使用する際の注意点なども詳しくかいてあるので、出会い系を利用する際にはご参考にしてください。

【2019年最新版】出会い系サイト完全比較!本当に出会えるおすすめのマッチングアプリランキング

2019.06.19

男女別セフレの作り方

男女

ここから、男女別に「どうやったらセフレを作れるのか」というコツや注意点についてお話ししていきます。

まず男性の場合は、性欲が高ぶると目の前の状況を冷静に判断しづらくなり、とにかく女の子を追いかけ回してしまうという情けない状況になりがち。セフレがほしくてしょうがない、という時にも、最低限は自分の尊厳を保つために冷静になるべきだと思います。

女性はたとえセフレが欲しいという状況でも、自分に優しくない、「ただセックスだけしてさよなら」という相手はあまり求めません。女性にとってのセフレとはある意味「彼氏未満友達以上」の存在であるため、ぞんざいに扱うのはNGです。そういった女心を抑えていないと、いつまでたってもセフレも彼女も作れないでしょう。

セフレはお金を払って欲求を満たしてもらう、というわけではないので、相手を女性として大切に扱う、という対価を払わなければいけません。

また女性がセフレを探す時には、同じように自分を彼女にするわけではなくとも、最低限自分のことを大事にしてくれる相手を選ぶべきです。こちらのことを性のはけ口として扱うような男性はいくらでも見つかりますが、そんな人を相手にしては気持ちがすり減るだけです。人としての礼儀を知っている人ではなければ、良いセフレは務まらないのです。

そして、同時に「セフレ」という関係をこじらせないためには、「相手に恋をしない」ということが絶対条件です。おもしろ与太話として「セフレだった相手といつのまにか結婚して良い家庭を築いています」という話はちらほらとありますが、かなり稀なケースと思いましょう。セフレのことを好きになってしまうと、大抵は辛い事になります。

これらのような男女別のTipsのほかに、男女で共通してセフレを作るにあたって気をつけておくべきところがあります。男女別のセフレを作る際の心がまえと、全ての人に共通した注意点について、紐解いていきましょう。

男編:最低限のプライドは死守せよ

男性が女性のセフレを探す時には、まず気をつけておくべきポイントは比較的多めです。

というのも、外見の上でも内面に関しても、女性の審美眼は厳しいのです。男性がセフレにするにしても出来るだけ外見も中身も可愛い子が良い、と思っているように、女性もセフレにするならイケメンが良いと思っています。そして、セフレにするならたとえ性格が悪いとしても、身体が魅力的、という部分はかなり重要なのです。

そのため、筋トレをしたりファッションを研究するなどの見た目にこだわるという部分がまず最低限必要になりますが、最重要項目は「清潔感」です。

また、セフレを探すには人間として内面が成長した大人であることも大事ですが、その点でも最低限冷静さは見せないといけないと思います。「早く女が欲しい、お願いだから抱かせてくれ〜」という発情した犬のようなみっともない態度を見せてしまえば、蜘蛛の子を散らすように女性も逃げていくでしょう。

外見がイケててクールで女心のわかる男がモテるのは当然ですね。セフレを作るには、男性として魅力的であるための努力が必要です。

また、もしチャンスが巡ってきた時のことの運び方も、相手がセフレになるかどうかの分かれ道になるため、慎重を期するものです。もし焦って相手を逃してしまえば、セフレになれる可能性が潰えます。一度勝負を仕掛けてダメだったとしても、またチャンスを掴むためにも相手に失礼な態度をとったりせずに、最善の対策をしておくべきでしょう。

これらの、セフレを作る前段階の心構えと、実際に行動する際のコツについてもっと掘り下げてお話ししていきます。

清潔感は一番大事

彼女をつくるにしても、セフレを作るにしても、まず整えるべき身だしなみといえばファッションでも髪型でもなく、「清潔感」です。

通勤する人にはわかると思いますが、特に夏の満員電車は男性の汗や体臭がこもって地獄のような空気が漂います。デオドラント業界は男性の消臭グッズにもかなり力を入れているというのにです。自分の匂いには気がつきにくいものですが、男性は新陳代謝も活発で汗も油も皮脂の分泌も多いため、誰しも念入りにケアが必要になります。

臭い人とは誰も寝たくないのはわかると思います。清潔感というのは人間関係においてとても重要であり、いくら地がイケメンでも、誰にでも好かれる人物像だとしても、不潔にしている人とはあまり関わりたくないものです。

匂いは人を良い気持ちにも不愉快にもさせます。香水をつけろ、というのではないですが、悪臭は取り除くべきです。まずは毎日の入浴やシャワー、洗濯、部屋の掃除を怠っていないかどうかが需要です。これを最低限クリアできなければ、どんなブランドのファッションを纏ったところでセフレは作れないでしょう。

女性は男性の匂いに敏感であるため、不快な臭いはかなり嫌がられますが、反対にいい匂いのする男性はかなり好まれます。特に女性が好むのは、柔軟剤の香りやボディーソープやシャンプーなどの、自然にフワリと香るもの。抱き合った時にふと香るくらいの、微かな良い香りがとてもおすすめです。そのため、毎日体を洗ったり洗濯をする時のアイテムを少し凝ってみましょう。

全ての香りを凝ってしまうと混ざり合ってよくわからないことになるので、ボディーソープかシャンプー、柔軟剤のどれか1つだけ良い匂いのものにし、あとはあまり匂いのないものにするとよりいいでしょう。

そして、夏などの暑い日や、体を動かした後で汗をかいた時には、デオドラントシートなどで体を拭いて、いつでも清潔に保ちましょう。汗臭さや頭皮の油臭さ、洗濯の生乾きの匂いなどの悪臭を出来るだけ断ち、いい匂いのするいい男になりましょう。

下半身に脳みそがあるタイプはモテないしセフレも期待薄

セフレが欲しい、彼女が欲しいという男性のなかで失敗を繰り返してフラれまくるタイプには、「押しが強すぎて引かれる」というケースがあると思います。

例えば、合コンで狙った女の子と何が何でも二人きりで抜け出そうとしたりお持ち帰りしようと必死になるなど。また、マッチングアプリで出会った女の子との初デートでしつこく家に誘うなど。こういった「脳みそが股間についているのか」と女子に思わせる行動をしてしまうと、彼女どころかセフレが出来る可能性も潰れます。

マッチングアプリなどは出会える人数も多いため「数打ちゃ当たる」と考えて雑なデートをするひとも多いように思いますが、その鉄砲玉を放つためにいくらのお金を無駄にするつもりなのでしょうか。いくらお財布に余裕があるとしても、出会い系の会員料金と、デート代などをつぎ込んでは事を焦って失敗し、を繰り返していると、いくらなんでも無駄遣いのしすぎになってしまいます。

下心がバレバレになってしまうと、大抵の女性は引きます。それに、セフレを作りたいと考えているとしても、ただの一夜の関係だけで終わるとしても、あんまり盛っているアホ相手と寝たくはないので、人間として知性があることを知らしめなければいかなる可能性もないと思いましょう。

もし、スーパースターばりのカリスマ性のあるイケメンだったなら出会ってから即ベッドインも可能かもしれませんが、一般人には無理です。よほどこちらのルックスが相手のタイプだったとしても、ベッドインまでには色々と頑張らないといけません。

「清潔感と最低限の知性」がセフレを持てる男の最低条件です。また、ベッドのテクニックはAVで学ぶことは出来ず、前戯と後戯、すなわちピロートークが重要な部分なので、セフレを作ったりキープするには、フィジカルな部分よりもマインドの部分(トークスキル)を鍛えることをお勧めします。

とにかく泊まりの状況をつくろう

ここで肝心な「出会った相手をセフレにする方法」ですが、これには明白な答えがありますね。「とにかく相手と寝ること」です。

そこでお互い相性が良ければ、また会いましょう、ということになります。つまりは「セフレ」という関係が成り立つということです。そのため、一度はその相手とお泊まりをする状況を作ることが初めの目標となります。

ただ、ここで焦って初デートの相手にお泊まりデートを迫ろうものなら単なる「性欲爆発猿」と認定されておしまいです。二度と同じ相手とデートできないと思います。もともと何もしなくても女の子が寄ってくるようなイケメンと違ってアドバンテージのないフツメンは、どのように立ち振る舞えば女の子のハートを掴んでワンナイトを明かすことができるのでしょうか。

まず初めには、「トークが盛り上がること」が大前提だと思います。寡黙な男の方がカッコいいように思えますが、女子はセフレにするならよく喋る男のほうを好む傾向です。かなり正直な女子の意見をいうと、こちらが黙っていても勝手に盛り上がってくれるから楽なのです。トークの内容は浅くても大丈夫ですが、相手が何か悩みを相談してきたなら黙って聞くと高感度を持たれます。

そして、初デートでは、よほど盛り上がって意気投合し、相手もノリノリではない限りはワンナイトに誘わないことです。せっかく楽しくデートしているのに、ボディタッチやらセクハラ発言やらヤリモク丸出しの行動をされると女子の心は氷点下まで冷め、能面のような表情になってしまうことでしょう。

ただ、相手もワンナイトを期待しているのに「解散」といって健全に分かれるのはナンセンスですよね。どうするのがベストでしょうか。

これには、相手に「これからどうする?」と聞いてみるのがベストのアクションだと思います。初デートで待ち合わせをし、楽しくお酒を飲むなどしておしゃべりをして、そろそろ行こうか、といって店を出た後にしれっと聞いてみましょう。

もちろん、相手がどういうつもりなのかわからない時点では、終電前には店を出るべきです。そこで「これからどうしよっか」と聞いた時、「そろそろ帰りますね」などと返ってきたら「脈なし」と考えていいと思います。大人しく解散しましょう。

そこで、「もう少し一緒にいたいなあ」というように、まだ自分と過ごしたいという答えが返ってきたなら、「じゃあ、終電も近いしホテルでゆっくり話す?」などと誘ってみましょう(“話す”ことにするのがデリカシーのあるポイント)。そこまではっきりした意思が相手にあるわけでもなく、「うーん」と考えているそぶりがあれば、「ファミレスでコーヒーでも飲もうか」と誘ってみるのがおすすめ。

もう一軒、お酒のあるお店に誘うのもいいですが、夜のファミレスはなかなかエモくて雰囲気があるものです。大人のおねえさん相手には物足りないと思われるかもしれませんが、バーのようなしっとりした場所と違って健全な空気もあるので、露骨な誘いをにおわせずに済むのもいいところです。ゆっくりとした時間が流れるので、のんびりとした時間を過ごせます。

その、「相手とゆっくりした時間を過ごす」ということがワンナイト過ごすのには大事な時間だったりします。女性は心を許せない相手とは寝ないので、時間をかけて相手と親密になりましょう。そして、終電がもう間に合わないという状況まで相手が付いてくるなら、自宅に連れ込むなりホテルになだれ込むなりすれば良いのではないでしょうか。

そして無事にワンナイトが済んだら、連絡を続けるなりしてまた会う時間を作る、というのを続けて、なおかつお互いに「彼氏彼女にはならないよね」という共通の認識を確認すれば、お互いが「セフレ」という間柄になります。

もし一度断られたとしても可能性を潰さないためには

デート相手とお泊りするには、清潔感など最低限のエチケットを持ち、トークスキルを鍛え、相手とちょっとした「絆」のようなものを作ることが必要になります。

しかし、女性はガードが固かったり、そもそもセフレという関係を作らない人も多いので、遊びの関係前提で出会ったわけでないのなら、初デートではお泊まりデートにすることは難しいでしょう。しかし、男女の関係を少しも臭わせずに立ち去るのは少々勿体ないと思いますよね。

ですから初デートの時は相手をお泊まりに誘わないとしても、その後の可能性にかけておきましょう。たとえば、初デートの別れ際に、「こんど気が向いたらうちの家に遊びにおいで」とさらりと言い残しておくなど。美味しいワインがある、可愛いペットがいる、など、遊びに行く「理由」を付け加えておいてもいいでしょう。

多くの女子は、たとえセフレを作るくらいには性欲があるとしても、周りに「この子は性欲が強い」と思われたくないのでカマトトぶって純情そうに見せている場合もあります。全ての女子がそういうタイプではありませんが、セフレになるにしても一晩だけ遊ぶにしても、なにか「都合」をつけておきたいもの。「セックスしに行った」のではなく、「遊びに行ったらそういうことになった」という「流れ」が欲しいのです。

ですから、そういう流れを作ってあげることで関係を持ちやすくなるでしょう。終電がなくなったから、家族と喧嘩して家に帰れなくなったから、など、「お泊まり」の定番の理由でもいいと思います。

ここで世の中の男性に把握しておいてもらいたいのが、彼女が欲しいにしても、セフレを作りたいにしても、一回だけ遊びたいにしても、一番良くない態度は「相手が乗ってこないと分かると雑に接する」こと。

お泊まりデートに誘った相手に断られたり、こちらのことを男としてみていない、ということが分かると、手のひらを返したようにそれまで優しかった態度が急変して冷たくなったり興味をなくしたような態度になる男性がいるようですが、これはかなりダメな例です。

営業の仕事で、客が商品を買わないとわかったら急に態度が悪くなるような営業マンがダメなのは明白だと思います。そんな嫌な態度を見せられたらもう二度と会いたくなくなるのは、誰にでも理解できますよね。そのあとあったかもしれない可能性がゼロになるのです。

女性を口説くのは営業と似ていると思います。一度の駆け引きで成果が出なくても、長期的に口説ける人が成功します。爽やかで優しく、相手と友好関係を築くことができ、ガツガツしていない人がモテます。

セフレが何人もいるモテ男はそうして長期的に何人も女の子を口説いて徐々に関係を深めていきます。ですから、一度口説いて失敗しても、機嫌を損ねずに「変なこと言ってごめんね。またご飯いこう」などと誘えるくらいあっけらかんとしている方がいいのです。

男性がセフレを作るためのアクションをまとめると、

  • 遊び相手を探していそうな人と出会う
  • 初デートでは様子見しつつお泊まりデートは誘わない
  • (相手の出方を見つつ終電まで付いてくるか確かめ、場合によってはその日にお泊まりに誘う)
  • LINEのやり取りや2回め以降のデートで徐々にお泊まりデートを打診する

このような流れになると思います。とにかく、初デートではあまり焦らないことです。恋人を作るわけではないのなら、複数の女性とデートして、「一度ダメでも構わない」という気構えで長期的に相手を口説いてセフレという関係まで昇華していきましょう。

また、「恋人になるつもりはない」という意識も明白に伝えておきましょう。

女偏:相手選びと心構え

「女子がセフレを作る」という話はあまり聞かないかもしれませんが、意外とそのように積極的なひとは多いものです。昔の男にこっぴどく振られた反動で遊びまくる人や、もともと性欲が強いタイプに特にある傾向だと思います。

また、自分の人生、遊べる時に遊んでおかないと勿体ない、という考えもあります。また、結婚するまでに色々な男性と寝てみて、一通り飽きておくと落ち着いた大人になるかもしれません。異性と付き合うのは色々と気を使って疲れるので、付き合うのは一人で精一杯だ、というように。

女性が遊ぶ相手を探そうとなると、男性が女性を探すよりは楽に相手を見つけられるでしょう。男性は遊び相手に関して女性よりもこだわりがなく、誰とでも寝られるという人もいますから、それほど苦労しなさそうです。探したその日に見つかるということも比較的多いと思います。

ですから、より相手を選びたくなりますよね。たとえ都合の良いチャラい男を選ぶとしても、股間に脳みそが付いているような男より、知的な男性と一晩過ごして野生的な一面を見るほうが燃えるのではないでしょうか。

また、セフレを作る、またはワンナイト過ごすなら、自分を乱暴に扱うような男は絶対に避けましょう。特に避妊をしてくれないような男は最悪です。お互いにリスクのあるようなことをしない最低限の性教育を心得ている相手、またこちらのことを一人の人間として丁寧に扱う相手を選ばないと、最終的に「自分に大切にされる価値はないのか」と心を病んでしまいます。

セフレを作るからといって女としての価値が下がるというのではなく、むしろ上げていくために女の経験値を磨くのです。そのためにも、相手選びは間違えないようにするべき。

それと同時に、一度寝た相手に簡単に心を許さないということもかなり重要なことです。セフレ相手に恋をしてしまうと、後々辛いことになりますし、セフレから彼女に昇格しても、いつかほかのセフレに自分がしたように彼氏を取られることもないとは限りません。「寝取り/寝取られ」の恋は、その後の身辺整理の段階で心が折れやすいので、おすすめはできないのです。

これらの、セフレという関係に関する女の注意点について、以下からもっと具体的に掘り下げます。

優しい男を選ぶべし

彼氏にしても、セフレにしても、一晩だけの相手にしても、女のことを乱暴に扱うようなクズは相手にしてはいけません。場合によっては避妊をしなかったり、盗撮するような悪質な人もいます。

そのような悪人の男は、いくら都合が良くても関わり合いにならない方が身のためです。女性を「人」ではなく「物」として見ているような人は、年齢問わず悲しいほど多いので、嫌な思いをしないためには関わり合いになる男性の人格を見極めるのはとても重要なことなのです。

そういう、女性蔑視の男をどんな部分で炙り出せるかといえば、初デートでの行動です。初デートで「ヤリモク」丸出しの男は、いくら外見が良かったとしても避けたほうが身のためです。「女なら誰でもいい」という意識を感じられる人と寝ると、自分の品位を落とします。こちらから誘わない限りは一切、ボディタッチもしてこないような相手でないといけません。

また、会話の中でも相手の品性を見極めましょう。家族の話と恋愛の話題を振って、家庭環境やそれまでの恋愛のことを聞いてみれば、ある程度は女性に対する意識がわかってくると思います。

たとえば、相手の母親について聞いてみましょう。急に「お母さんってどんな人?」と聞くと、「なんで母親のことを聞くんだろう。結婚前提の付き合いを考えているのか…」と勘違いして警戒されるかもしれないので、「最近父親と喧嘩してしまって。〇〇さんはお母さんと仲良いの?」など、自然な流れが必要です。

そうして相手の母親について聞いてみて、その人がその母親のことを尊敬していて大事にしている、ということが分かればある程度は安心できます。父親の自慢ばかりしたり、その父親が亭主関白タイプで母親を召使いのように扱ってるとしたら、相手は「地雷」かもしれません。

また、姉妹がいるかどうか、また仲がいいかも聞いてみるといいでしょう。比較的、母親や姉、妹を大事にする人は、ほかの女性も大事にできると思います。女親や姉妹を大事にしているのにほかの女をぞんざいに扱うのはややサイコパスといえたものです。

そして、過去の恋愛遍歴についても聞いてみましょう。今までの彼女がどんな人だったか聞いた時に、愚痴や悪口ばかりが出てくるときは要注意。自分の悪さを棚に上げて悪いところばかり誇張している可能性があります。自分の反省点が1つも出てこないとしたら、甘えた「デモデモダッテ」タイプだと思われるので、あまり相手にしない方がいいかもしれません。

とはいえ、体の関係だけ期待するのに相手の内面に期待しすぎても仕方がない、というところもあります。そもそも、内面も好きになれるような相手ならセフレではなく彼氏にしたくなりますよね。セフレにするなら、そこそこ、最低限の人間性と常識を持っているので充分でしょう。

セフレという関係だとしても、選ぶならこちらのことを最低限でも尊重してくれる相手にしましょう。女性のことを蔑んだり、自分のことを軽く見るような相手は避け、優しい男を選ぶことが大事です。

相手に惚れないようにすることが最重要

女子がセフレ作るということにおいて最も気をつけなくてはならないことはというと、「相手に恋してしまうこと」です。

もちろん、セフレになる人に対してはある程度好意を持っていなければ、その相手とは寝たくはないと思います。しかし、惚れてしまうともう関係を続けるのは困難です。

「セフレ」は自分にとっても相手にとっても「1番」ではないので、自分だけが相手に恋をしてしまっても、相手は自分以外にもセフレいたり、ほかに彼女ができたりした時にはどうしても辛いことになります。

女性は、比較的一度寝た相手に情が移りやすくなります。そのため、セフレのことも好きになってしまいやすいのですが、男性はというとその限りではありません。まるでセフレを本当の彼女のように扱う人もいますが、男性は一度寝た相手に対して冷めやすい傾向にあるので、逃げる男性を女性が追いかけるという虚しい構図になってしまいがち。

本命の相手には簡単に体を許さない方がいい、という理由はこのためです。一度手に入れた獲物に対しては興味をなくしがちなのが男性ですし、また寝た後に態度が冷めやすいところもあるので、セフレはずっとセフレの関係でいた方がいいのです。

セフレを作るにあたって、女子は「相手に決して惚れない」という自信と、相手との心の距離感を適切にコントロールするクールさが必要です。つい情が移ってしまいやすい、ウェットなタイプは、セフレを作らずに普通に彼氏を作ることをおすすめします。

セフレから本命になることはできる?

男性は、男である自分のことはさておき、簡単に体を他人に許す女性を彼女にはしたがりません。そのため、何人もセフレのいる女子や、出会い系の掲示板などで不特定多数を募集する中で出会った女子は、本命の彼女になるのはかなり難しいと思います。

しかし、はじめからお互いにセフレになるという意識を持たずに出会った相手で、なし崩し的に体の関係を持った、という場合には、セフレから本命の彼女になれる可能性はあるかもしれません。

それには他にも条件があり、

  • 相手に彼女がいない
  • 彼女がいるがうまくいっていない
  • 仕事に忙殺されていない

という、「新しく彼女を作る余裕」のある相手です。

万が一このようなセフレのことを好きになってしまった場合、どのようにすれば相手の本命の彼女になれるのでしょうか。それは、間違いなく「相手と絆を作ること」だと思います。

街中を連れて歩きたいような美女であれば「彼女にしたいな」と思われるかもしれませんが、もともと相手がモテるタイプであった場合は綺麗な女性も寄ってきますから、あまり外見や仕草を磨いたところで、それだけで彼女に昇格できるのは望み薄です。もっとハートの部分で繋がりを深めないといけません。

ほかの誰にも相談できないことを話せる相手であったり、自分をまるごと受け止めてくれる、自分のことを待っててくれる、信頼してくれる相手のことを、まともな男性なら大切にします。相手が健全に彼女を愛するタイプの男性なら、その人といろんな話をしたり、一緒にいる時間をたくさん過ごすことでセフレから本命彼女になれることもあるでしょう。

ただし、「まともに彼女一人を女性として愛するタイプ」に限ります。もともと浮気性であったり、女性そのもののことを軽視している男性は、いくら頑張ったところで無駄です。彼女になれたとしても、実は1番の彼女ではなかったり、そのまま他のセフレとの関係を切らなかったりなど、「セフレのまま関係を切った方がマシだった」と思うような事態が起こりそうです。

そのため、まずはセフレを作るよりも自分が幸せになる恋ができる男性を見極めることが大事なのではないかと思います。セフレに恋をするのは、普通はやめておきましょう。

男女ともに気をつけるべきこと

ゾンビとゾンビ狩り

セフレを作るにあたって、男女ともに気をつけないといけないことがあります。

それは、まずは「避妊」に関すること。セフレとの間に子供ができてしまえば、責任が誰にあるのかもあやふやになり、最悪の場合非嫡出子が生まれることになってしまいます。そうなれば女性は人生が思わぬ方向に変化してしまいますし、生まれた子にとっては人生のスタート地点から困難に見舞われることになるでしょう。最低限の性教育の知識を持っている相手でなければ、体の関係を持つのはやめておいた方がいい、というのは当然の話ですよね。

避妊の方法は、1番知られているのが「コンドーム」などの装着型の避妊具ですが、女性が「低用量ピル」を服用することでも効果があります。「ピル」は避妊のためだけにあるものではなく、それにたとえ妊娠しないとしても性病予防のためにはコンドームの着用が推薦されています。

また、万が一避妊措置に失敗したときに備えて「アフターピル」という経口避妊薬もありますが、残念ながら日本ではまだ認可されていないため、個人輸入や専門のクリニックなどで高額で手に入れるしかありません。(アジアでアフターピルが認可されていないのは日本と北朝鮮のみ。)

そのため、セフレやワンナイトの相手とは必ずコンドームを着用するべきです。男性だけではなく、女性も持っている方が安心できます。

もし妊娠してしまった場合や性病にかかってしまった場合、また万が一美人局のような詐欺被害や暴行などの被害にあったりした時に通報するために、相手の名前や仕事先の電話番号などの「相手の身元を確認すること」についてもしっかりと把握するべきでしょう。

出会い系サイトの掲示板やマッチングアプリなど、オンラインで出会った相手とワンナイトからセフレになろう、と感がえている場合、どうしても怠ってしまいそうなのが「相手の個人情報」についてです。本名も知らない相手と体の関係を持つのは非常に危険なことです。万が一のことがあった場合、連絡がつかなかったり身元が分からないと困りますよね。

行きずりの相手だとしても、せめて相手の本名と電話番号くらいは知っておきましょう。

相手の身元は確かめておくこと

行きずりでワンナイト過ごした相手とは、名前も連絡先も、仕事も何をしているのかわからないということもあるかと思いますが、それはとても危険性のあることです。

もし女性が妊娠すれば、堕胎を含めてその後のことについて金銭関係の話を相談するべきですし、男女ともに性病にかかるなどあれば、相手にも医療機関の受診をすすめるなどして治療をしなければ、性病が蔓延することになります。そのために、相手の電話番号やLINEなど、連絡先くらいは必ず聞いておくべきでしょう。

また、相手が詐欺や暴行などを働けば、警察に相談するために身元を特定しなければいけません。出会い系サイトやマッチングアプリで出会った相手だと、お互いの本名も連絡先も知らない状態で関係を持つこともあり得ますが、本当はお互いに安心するためには名刺交換くらいはしておいた方が良いのです。

オンラインの出会いは、特に気をつけないといけないことが多くあります。たとえば、人妻とわかって手を出せば美人局のような詐欺罪に引っかかること。美人局は犯罪として検挙されやすいので、今は減ってきているとはいうものの、新しい手口がいつかどこかで生まれるとしてもおかしくはありません。相手が既婚者ではなこと、初対面で相手の家についていかないことに注意を払いましょう。

また、相手の連絡先も名前もわからなければ、相手にとって犯罪をしても「足がつかない」ことになります。ことが済んだ後に財布の中身を抜かれたり、貴重品を盗難されるということも起こりうるため、相手の連絡先を得るということはセフレを作ること、またワンナイトをする上にあたっても重要なことだと覚えておきましょう。

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った相手になんらかの詐欺被害や暴行などの犯罪行為を受けた場合、サイトやアプリのやり取りの履歴から相手の身元が判明する場合があるため、セキュリティー意識のしっかりしたサービスを使うことである程度は安心できますが、それでも自衛の方法を知っておくに越したことはありません。

セフレとは、できたら名刺交換をすること。仕事先の情報が分かれば、たとえ本人に連絡できなくなったとしても会社に連絡することで足がつきます。最低でも、電話番号やLINEに加え、住所もメモしておきましょう。

また、必ず相手の年齢確認もしておくように。女子高生が女子大生と偽っている場合もありますし、援助交際やパパ活を募集しているユーザーもいます。児ポ法にひっかかりますから、気をつけましょう。

マッチングサービスの安全性について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

出会い系サイト、マッチングアプリはやっぱり危険?安全性の高いアプリの選び方を徹底解説!

2019.06.18

性病には気をつけて

ある程度恋愛経験を積んだ大人なら、自覚していないのも含め、誰しも一度は性感染症(STD)にかかったことがあるのでは、と思います。

それが恋人、セフレや一夜の過ち、浮気、風俗利用などといった相手との経験からくるものではなくても、稀に銭湯やプール、病院でも感染するという話もありますが、普通には性行為から感染する病気を性感染症といいます。

また、性感染症、つまり「性病」は、コンドームなどの措置をしていても感染することがあります。「クラミジア」は中でも症状が軽度なので自覚しにくく、20人に1人が感染しているといわれています。プロも素人も関係なく、です。

性病には放置すると命に関わるものもありますし、複数の人と性的関係にある人、出会い系やマッチングのサービスのようなオンラインデーティングを利用する人は感染率も高いため、セフレを作る時にはお互いに定期的に性病がないかどうか検診を受ける、かかりつけの医師がいるという約束ごとをした方が無難です。

以下に、性病の種類について列挙しておきます。

クラミジア
オーラルセックスでも感染する。男性は排尿時の痛みなど。女性は無症状のことも多いが、不妊や流産、死産の原因にもなり、定期的な健診が推奨される。薬で治る。
ヘルペス
口や性器、肛門に感染し、それぞれかゆみからただれ、激痛を伴う潰瘍になる。数週間で治癒するが再発することが多い。
尖圭コンジローマ(HPVウイルス)
10人に1人が感染しているも、症状が出ない人もいるウイルス性のイボ。性器の粘膜周辺に鶏冠状(ニワトリのトサカのような)イボができる。3割の人は自然治癒するが、悪性に転化すると子宮筋腫になる。発症すると治療は困難を伴う。不潔な性病科のタオルから感染したというケースもある。
淋病
感染力が強く、性器以外にも喉や目などに病原体が潜伏し、重い結膜炎になることも。男性は排尿痛と尿に膿が混じる。女性はおりものの増加や不正出血など。症状が軽く自覚しづらいことがあるが、淋病を媒介した状態の出産はその新生児が淋病性の結膜炎になり失明する恐れもある。
梅毒
感染すると、段階を経た症状が出る。感染初期は性器、口、肛門、手指など感染箇所にただれがでる。末期には皮膚や骨にゴムのような腫瘍ができる。死産、流産、新生児死亡や奇形の原因となる。
B型肝炎
性病としては認知度が低いが、血液や精液、膣分泌液にウイルスが媒介し、性行為で感染することもある。発熱、倦怠感、黄疸が出る。放置すると肝炎や肝臓ガンへと進行する恐れがある。
エイズ(HIV)
精液、膣分泌液、血液をウイルスが媒介して感染する。潜伏期間が10年と長く、発症すると風邪のような症状が出た後、数週間から数年間の間無症状となるため、自覚しにくく感染者を増やす。放置すると免疫不全を起こし氏に至る病であるが、近年では治療による改善や延命治療が発達している。

これらが主な性病となります。大変恐ろしくゾッとしますね。女性は出産に関して膨大なリスクを負うことがありますから、体の関係を持つ相手に関しては特に気をつけて選ばないといけません。男性も自分が病原を媒介しないよう、性行為の相手が多いほど定期的に健診を受けましょう。女性も婦人科検診のついでに性感染症にかかっていないかどうか、健診も受けるといいでしょう。

もし自分が性病にかかっていた場合、完治する(ウイルスが排出される)までは誰とも性的関係を持たないように。健康体の人も、セーフセックスに努めましょう。

参照:知っていますか?STDのこと -性感染症のはなし-|シー・アール・シー

怪我を負わない正しいセフレとの付き合い方

セフレを作るのは、あらゆるリスクのあるものだ、ということはあらかじめ分かっておくべきことです。

自分の品評を下げたり、性病に感染する可能性も高くなります。本当なら、体の関係を持つ相手をひとりのパートナーに絞るべきでしょう。

それでもセフレを持つという場合には、相手と近づきすぎず、離れすぎずの適切な距離感を保ち、「お互いいつでも別れられる」と、相手に執着しないことが絶対条件です。

見ず知らずの相手と、出会って言葉もろくに交わさずに関係を持つのは大変危険ですし、お互いのプライベートには干渉しないとしても、連絡先を知っていることは重要です。性病の健診を受けるということも、大人として大事なことであり、セフレをこれから探そうと思っている人には外せない行動です。

  • お互いのプライベートに干渉しない
  • 最低限お互いのことを知っている
  • 性病を持っていない

これらがセフレ持つことにあたっての最低基準ですから、これを自分が守れなければセフレは作らない。またこれらを守れない相手とは関係を持たない、ということを頭に入れておきましょう。

そして、お互い、またどちらかに恋人や好きな人ができり、また関係に飽きた時、もう会いたくない時には、話し合ってきちんと関係を切ることも大切です。セフレという関係は長続きするものではなく、一時的なものであり、固執してはいけないものです。セフレとはこういうドライな関係性を履き違えない大人であるからこそ成立する関係なので、普通にはまっとうに恋愛をして恋人を作ることをお勧めします。

Pairs Zexy縁結びエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中条

Lovatomyの記事を読んでいただき嬉しく思います。執筆を担当しております中条です。外見を盛りに盛って中の上くらいのレベルと覚えてください。悲惨な恋愛から幸せな恋愛までおもしろおかしく経験してきました。愛はギブアンドテイク。女よ強くあれ。よろしくお願いいたします。