【ホテルの誘い方】あの人をホテルに誘える効果的な行動とLINEのキメゼリフ

【ホテルの誘い方】あの人をホテルに誘える効果的な行動とLINEのキメゼリフ

クリスマスやバレンタインを一人で過ごしたくない。どうにかして今度のデートで相手との初エッチに持ち込みたい。そんな欲望を秘めた紳士淑女のために今回は、あなたの気になるあの人をホテルに誘う方法について考察していきます。

誘いをかけるタイミングとしては、デート中またはそれ以前にLINEなどで約束を取り付ける時になるかと思いますが、どちらも誘い方を間違えたり相手の心情、空気を読み違えると大惨事になる可能性もあります。最悪の場合、二度と相手に会えないかもしれません。

それに、たとえ一夜だけの関係を持ちたかったとしても、その相手に礼儀を払うことは人として大切なことです。昨今、恋活・婚活アプリなどで出会いの可能性は広がっていますが、出会う相手は生身の人間ですから、「ヤれなかったら他の人誘えばいいや」なんて考えではただの下衆です。

健康的にホテルデートをするには、お互いの「ニーズ」を早い段階で汲み取ることが必要ですが、相手がこちらと関係を持つことに興味を持っていたとしても、ただの興味の「その先」に踏み込もうとする気にさせなければいけません。

では、どのようにすれば相手をその気にさせることが出来るでしょうか?まずは男性側から、デート中に女の子をホテルへ誘う方法を考えていきましょう。

デート中に女性をホテルに誘う方法

よりそう男女

気になる子、好きな子とのデートの時間。お互いに楽しく過ごしていれば、相手の無防備で可愛い笑顔や、ふとした時の色っぽい仕草に、「今夜一緒に過ごしたいな」と思わされることもあるでしょう。

さてその考えを実行に移す方法とはなんでしょうか?ただ男性側がホテルに行きたいと思うタイミングで突然誘っても、そう低くない確率で断られてしまうかもしれません。女心は男性にとって解りにくくデリケートです。

男性が女性をホテルに誘った時、断られるパターンは大体以下の3つで、

  1. 最初からその気じゃ無い
  2. まだその時じゃ無い
  3. ムードが無い

以上が挙げられます。

「最初からその気じゃない」、つまりあなたとはエッチする気が無い場合は、男性として見られていない、もしくはタイプでは無い、または残念ながら生理的に無理という可能性があります。いずれにせよ、デートする以前の早い段階で見極めたいものです。

「まだその時じゃない」という場合には、次回のデート以降まだ可能性があります。その時に夜の誘いを断られたとしても、次のデートをOKしてくれるでしょう。これはもう少しあなたの内面を知ってから次のステップに進みたいと思っているパターンで、長期的な関係を見込まれている可能性があります。次でホテルもOKしてくれるかわかりませんが、それはムード次第です。

ムードも何も感じないのに、女の子はホテルについて来てくれません。初めから体の関係だけ、という約束や了解がある時だけです。女性は男性と比べてムード作り、いわば「心の前戯」をより必要としています。良いセックスは良いムードからです。

ホテルに誘うには、いかにロマンチックでセクシーな空気を作り出せるかに掛かっているといっても過言ではありません。

それでは、「雰囲気作りの大切さ」を心に刻んで、以下からホテルに誘うコツを見ていきましょう。

しかしまず脈ありではない女性をホテルに誘うような愚かしい事はしたくありませんから、こちらの記事を参考に女性の脈あり仕草を確認してみてください。

女性の恋愛テクから学ぶ!言葉と視線と行動で捉える【女性の脈ありサイン】

2018.01.16

ムード作りに効果的なデートの時間帯とは?

「セックスは夜にするもの」という意識が暗黙のうちに刷り込まれている気がします。しかし、夜の部屋の「暗さ」というものが、恥じらいの高まる初めてのベッドインには大切なものかもしれません。

しかし今日、ラブホテルのほとんどの部屋は外の光を遮断できるように作られていますから、どうしても夜までガマン出来ない時にも照明の問題はクリアできます。

ですが夜の時間帯の方がロマンチックな演出には向いています。お酒が飲める飲食店も夜の方が多いですので、大人のデートは夜に花開きます。また男性の心理としても、夜のデートに誘うという事は、その後の展開に可能性を持たせるということに他なりませんよね。

ただどのような時間帯を選ぶにしても、先程述べたように「ムード」が肝心です。どれだけロマンチックな環境に置かれて居るとしても、誘う側にロマンチックな感情が無ければ台無しです。

例えば、冬の六本木のけやき坂のイルミネーションに照らされた道を歩いているという、一般的に大変ロマンチックなシチュエーションにあったとしても、露骨に性欲を表に出されては女性はドン引きです。

いやらしい手つきで腰やお尻を触ったり、会話も盛り上がっていないのに「ホテルに行こうよ」と直球で誘ったり…など。絶対いけません。

兎にも角にもムードです。エロい妄想丸出しの人からは知性を感じません。性欲は誘いにOKが出るまで決して表に出さないようにして下さい。出来得る限り、ギリギリまで下心をパンツの中にしまっておくのです。

紳士的で知的でスマートな男性ほど、ベッドの中ではどんな風にセクシーに変わるのか、女性に期待させます。

では、どのような誘い方がムードを高めて相手の心も体も溶かすことが出来るのか、具体的に提案します。

夜のディナーデートでロマンチックに誘う

食と性の関係は書物や映画などでも探求されるテーマの一つである。
参照:Wikipedia『食と性』

と、いうように、食事とセックスの間には深い関係があるようです。夜の時間帯は“オトナ”のデートの定番で、食事を一緒にする事は、デートコースの中でも一番ポピュラーなものであると思います。

ディナーのデートからホテルに誘うなら、ファミレスやラーメン、餃子などのカジュアルな料理やニンニクなどが匂う食事よりも、少しお洒落なお店や落ち着いた静かなお店で、二人だけでゆっくり話をしてから誘いかけましょう。十分に話が出来ない状況からホテルに誘うのはNG。会話の中でお互いの事をより深く知り合う事が先決です。事前に調べて、騒がしいお店は避けましょう。

話題はなんでも良いですが、恋愛の話を織り交ぜるとベターです。もし自分たちが恋人関係になったら…ということを二人で妄想するのです。

初めはただ爽やかに、友達として話をします。そして、たまに異性としての話をしましょう。ギャップを演出することが大事です。友達のように気楽で居られる自分と、色気のある自分という二つの顔を相手に印象付けられます。

また相手のどこが綺麗か、セクシーかなど、褒めることで相手もまた自分が異性であると意識させられます。自分の中でも相手との間でも、「差異」を際立たせることがポイントです。

なぜギャップを見せることをオススメするのかというと、上述したように、エロい雰囲気だけ醸し出しているとアホに見えてしまうからです。

下半身だけでものを考えているような男性に惹かれる女性は少ないと思いますから、デート中は相手に自分の色々な一面を見せることを推奨します。普段真面目な人が1人の男としてのリビドーを見せる時、女性は思わずドキッとしてしまいます。

また、お店で座る席を向かい合うテーブル席ではなくカウンター席にすることで、相手の顔を見て話すのは難しくなりますが、身体の距離は近くなります。相手が自分に好意を持っていることが前提になりますが、横並びに座ることでボディタッチがしやすくなります。

そして、ディナーに限らず全てのデートコースについて言える事ですが、彼女もこちらに気を許して「良い感じの雰囲気」になったと感じたら、「好きだ」という事を伝えてください。

大人の恋愛は告白しないというような話をよく耳にしますし、実際に好意を言葉にしない男性も多く居ますが、告白しないのはただ、何かお互いの関係に悪いことがあった時に責められたり責任を取りたくないだけのように思います。

恋愛にリスクは付き物です。まだ見ぬ未来の事を懸念して行動を起こさないより、その時の気持ちを優先して良い時もあります。ですが女性をホテルに誘う時に「好き」の一言も言えないようではダメです!例え一夜限りの関係になるとしても、「自分はあなたに好意を持っている」ということは言葉にして伝えてください。

相手も自分と同じ気持ちだという事が分かったら、その時はお互いの気持ちが今までで一番熱く燃え上がっている瞬間になるはずですから、思わずキスをしたくなるでしょう。さて、そのキスが、ホテルの誘いを受け入れるかどうかの分かれ道になるかもしれません。

一夜の命運を分けるキスの上手い下手とは?

キスするカップル

海外ドラマや映画では「キスの上手さ」について言及されるシーンがよくありますが、日本でキスの上手い下手について話題になる事はあまりありません。

しかし、好きな人とのウットリするようなキスは誰もが夢中になりますよね。上手なキスが出来る事で、相手のハートをさらに鷲掴みにし、その流れでホテルへなだれ込める可能性がぐっと高まる事かと思います。

キスの上手い下手についてはこれといった定説はありません。好きな人との愛情のあるキスならなんでも気持ちいいと言ってしまえばそれまでですが、ただキス一つとっても、セックスと同じように様々なテクニックがあります。強いて言えば、「色々なテクニックを駆使したキス」が「上手いキス」と言えるかもしれません。

そこで、相手をうっとりさせるキスのテクニックを軽いものからよりエロティックな方法へ、順を追って5種ご紹介します。

チュッと可愛く音を立てて!「バードキス」

鳥のくちばしのように口をすぼめて、相手の唇にチュッと一瞬だけ口付けする、とてもライトなキスです。

ポイントは、自分の唇が相手の唇に当たった瞬間に「チュッ」と可愛らしく音を立てること。慣れないうちは綺麗に音が鳴らないかもしれません。良い雰囲気になった時にバードキスを失敗して「ブッ」とか変な音を立てるのは美しくありませんから、上手に出来る自信がなければ、誰も見ていないところでこっそり練習しておくと良いでしょう。

うまく「チュッ」と音を立てるコツは、ムーっと口をすぼめた状態で、歯と唇の間に空気が入らないようにし、すぼめた口のまま唇の先端を縦に開きます。この時、音は歯と唇の間で鳴ります。空中でも出来ますが、自分の手の甲で練習しても良いでしょう。この「チュッ」という「リップ音」は、他のキスにも応用するべき基本です。

…かなりアホらしい光景かもしれませんが、リップ音は綺麗に出来れば彼女/彼氏の胸をキュンとさせること間違いないですから、ぜひマスターしてほしいテクニックです。またバードキスはどこかセクシーというより可愛らしく、いたずらっぽい感じがあるので、不意打ち的に仕掛けて最も効果の高いキスかもしれません。

柔らかい唇を保って定番の「キス」

日本の恋愛ドラマや映画などで最もよく見かけるやつです。唇を閉じたままお互いにしばらく唇を押し付け合うキス。

こちらは英語だと“Lingering Kiss”(リンガリングキス)などと呼ばれるようですが、日本語では馴染みがないので一部で「プレッシャーキス」と和製英語で呼ばれています。しかし我々日本人にとっては一番オーソドックスなただの恋人同士の「キス」なのではないかと思います。

ファーストキスのぎこちなさを思い起こすようなキスですね。こちらをロマンチックにやる方法とは、唇の力を抜いて、首をほんの少し傾けて相手の唇にそっと重ねる事です。キス全般に言えますが、基本的に唇の力は抜いてふんわりと柔らかい状態を保つ事です。一般的に、硬いキスより柔らかいキスの方が気持ちがよいとされています。

また、唇とは誰でも1人につき上下に丸く二枚重なっているものなので、平行に重ねても密着度が低いです。ですから、片方だけでも少し頭を左右どちらかに傾け、相手の唇と角度をずらしましょう。そして相手の上下どちらかの唇を、自分の唇で軽く挟むようにすると、密着度が上がりよりセクシーな感触になります。

この記事を読んでいる方は大人の方でしょうから、ただ唇を押し付けるだけのキスを長く続けてもただ退屈なキスになってしまいます。10代のテクニックと差を着けるには、このキスは長くても1秒くらいに留めて、他のテクニックを駆使する事です。

相手の唇をはむはむと「アメリカンキス」

英語で「シングルリップキス」と言われるキスのようですが、アメリカなど海外ドラマの中でよく見られるのがこちらなので、わかりやすいよう名付けてみました。

上記のただの「キス」は、1秒以上やられるとなんとなく手持ち無沙汰で気まずくなってきます。その相手と始めてキスをする時、バードキスかただの「キス」からはじまったら、こちらの「アメリカンキス」に移行してみましょう。

力を抜いて唇を軽く開き、相手の上下どちらかの唇を軽く「はむっ」と挟みます。はじめから深く挟み込むより、最初は軽く先端を撫でるくらいの気持ちで、それから徐々に深く重ねていくほうがムードが高まり、よりエロティックな雰囲気を出せます。

上唇をしばらくはむはむしたら、下唇に移行するなど、緩急をつけて味わいます。お互いの唇の柔らい感触をよく確かめられるキスなので、だんだんセクシーな気持ちになってくるのではないでしょうか。

また、たま〜にほんの少し甘噛みしてみるのも情熱的で、さらに興奮を煽ります。くれぐれも本当に噛み付かないように注意。

アメリカンキスと並行して「スライドキス」

こちらはその名の通り、重ねた唇を横にスライドするテクニックです。

軽く触れたまま表面を撫でるように右左に移動します。往復するとしつこいので、「アメリカンキス」の角度を変えるためのパターンとして行使するのが有効でしょう。

キスの角度を変えるのも大事なテクニックなので、こちらも積極的に使っていただきたいものです。キスの最中は目を閉じてお互いの唇の感覚に集中するものですが、この「スライドキス」で角度を変える時だけ、薄く目を開けて相手の表情を見てみるのも良いでしょう。

このキスで角度が変わる時少し距離が出来やすいので、相手も目を開けるかもしれません。パッチリと開くより、意識してウットリとし目で相手と視線を合わせると、よりロマンチックなムードが作れそうです。

ホテルの外では軽めに!「ディープキス」

またの名を「フレンチキス」とも言います。舌を使ったエロティックなキスのことです。

キスで舌を使うテクニックの中にも軽いものから、舌を深く相手の口の中に挿入する方法など色々とありますが、ホテルに入る前に深くキスしすぎるとお互い興奮しすぎてしまうかもしれないので、ベッドインの前ではやりすぎないよう、軽めに抑えて焦らすくらいが丁度いいかもしれません。

軽めのディープキスなら、十分にアメリカンキスなどしてから舌先で軽く相手の唇をなぞる程度が良いでしょう。または浅く相手の口に侵入して、舌先をくっ付けるくらいでしょうか。これだけでも十分にドキドキしそうですね。

キス全般として、唇の力を抜くことが大事なポイントですが、ディープキスの時は舌の力も同様にリラックスして柔らかい質感を保つことがコツになってきます。ふんわりとしたした舌で相手の唇と舌を包むことで、とろけるようなキスをすることが出来ます。

ディープキスは結構セクシーなものなので、なかなか人前ではやりにくいキスです。誰も周りに居ない場所ですることで、興奮度は更に高まります。キスは寝室の外で出来る前戯の一つと言えますから、ずばりホテルに行く前から前戯は始まっているものと考え、上手なキスで彼女をホテルに誘い込みましょう。

ワンナイト狙いの時に「終電を逃す」方法

夜の男女

相手との関係を大切にしていきたい時は、関係を急ぐべきではありません。しかし、欲求をとにかく満たしたい、なんとかしてデートの相手を今夜ホテルに誘い込みたい、という時、「相手の終電が無くなったら良いのに…」と思うこともあるはず。

たいてい、終電を逃してしまった後の選択肢といえば、タクシーを使う、近くの友達の家に泊まる、ホテルに泊まる(1人の場合はカプセルホテルなど)の三択になるかと思います。または、朝まで営業している店が近くにあれば、そこに行くという選択肢も。

したがって終電を逃したからといってホテルに行くしかないという事はありませんから、デートがつまらなかった、もしくは貴方がタイプじゃなかった場合などは、終電が過ぎてからお別れする事になり、余計に強い孤独感に苛まれる事態に。そうなることを避けるためにも、ホテルに行くという選択肢を確実に残したいところです。

「一緒にいるのが楽しすぎて、気がついたら終電を逃してしまっていた」という場合ならもうすでに相思相愛でしょうから、ホテルに誘って一夜共に過ごすことはそう難しくなさそう。しかし、まだそれほどまでに相手の女性と打ち解けていない段階からホテルに連れ込むことは、よほどのイケメンでも難しいかもしれません。

「ホテルに行く」という選択肢を選んでもらうには、いかに会話を盛り上げるか、今夜一緒に居たいと思わせるか、「そういう」雰囲気にするかという課題があります。キスまで持ち込むことができれば、テクニック次第でホテルの扉はもうすぐそこですが、肝心な問題と言えばそこまでに至る過程ですね。

どうしたら「そういう」雰囲気、具体的には「セクシーな予感に流されてしまってもいいかな」という雰囲気にできるでしょうか。

勿論、男性として外見が魅力的ならばアドバンテージが高いですが、それでも会話の面白さ、女性に対する気配りの細やかさ、スマートさは重要です。知性が感じられなければ、なかなか女性は終電まで着いて来てくれないと思います。

また、「終電を逃したとしてもまだ一緒にいたい」と思って貰うことがホテルに誘う上で大切な点ですから、一緒にいて居心地の良い人物であることがポイントです。

無理をしなくても居心地の良さは作れる

相手にとって知的で居心地のいい、「一緒に終電を逃しても良いかな」と思える男性になるには、相手の気を引こうとして無理に面白い話をしたり、カッコいい男性を演じようとするのは逆効果です。背伸びをして自分をよく見せようとする不自然さは、居心地の良さから遠ざかってしまいます。

自然体でいて、且つ相手への気配りを忘れないこと。そのためには、自分からグイグイアピールしてはいけません。「押してダメなら引いてみろ」とはよく言ったものですが、「引く」まで行かなくても、相手を「受け止める」くらいの姿勢は有効です。

相手を受け止める姿勢とは、話を「する」側になるのではなく、「聞く」側になることです。相手の話を聞き、肯定することで、女性は安心します。

またもし女性が何か悩みを相談して来たときには、アドバイスはしないでおきましょう。なぜかというと、多くの女性は「解決策」ではなく「ただのコミュニケーション」を求めているので、話を全部聞いてうなづいてあげるだけで満足できるのです。

逆に「こうしたらいいんじゃないか」「こういうところが問題だと思う」など、下手にアドバイスをすると否定されたような気分になってしまう女性もいます。ただひたすら聞き役に徹し、相手の気持ちに同意することが、女性にとって居心地の良い男性でいるためのコツです。

肯定と同意によるシンパシーで相手の心を開いて、終電までの時間が差し迫って来たら、「一緒に話をしていると楽しいから、もっと話したいな」など好意を持っている事を伝えて、もう一軒お店をハシゴする提案をしてみましょう。

そうして着いて来てくれてもホテルまで来てくれるかはわからないですが、そこで家に帰すよりはチャンスがあり、相手が自分を気に入ったかどうかで命運が別れます。くれぐれも強制したり、懇願するのは避けましょう。

好意を抱いてない相手から「セックスしてくれ」というような事を頼まれたら、不愉快になって二度と会ってくれない可能性もありますから…。

昼間のデートでもホテルに誘える?

夜のデートは暗にセクシーなムードを漂わせやすいので、危機管理に自身のない女性は、関係の深くないうちからはそう簡単に誘いには乗らないかもしれません。そんな女性は、昼間のデートに来てくれても、ホテルに誘い込むのは無理でしょう。

付き合っていて既に深い関係である恋人同士なら、昼間からホテルデートをするのもそう珍しくはありませんが、まだ付き合ってない男女が昼からホテルデートするのは難易度が高いです。

しかし、そもそも貴方に好意があったり、相手から誘われたデートである時は、ベッドインする可能性のパーセンテージがやや上がるかもしれません。相手がこちらと肉体関係を期待しているような、いわゆる「据え膳」である場合は、さっさと相手の欲求を叶えてあげれば良いのではないでしょうか?

とはいえ、自分の性欲をダイレクトに伝えてくる女性はそう居ませんよね。むしろ、何を考えているのか分からないパターンの方が多そうです。それに、向こうがいわゆる「脈アリ」だからといって、すぐに体の関係を持ちたいと思っているという意味には繋がりません。

昼間から、相手がこちらにセクシーな期待を抱いていることを確認するには、どうしたら良いか。まずは、夜のデートと同じく、ロマンチックを心がけて「良いムード作り」を心がければ良いでしょう。

例えば、夜のデートと同じような環境を作ってしまうなど。昼間から営業している居酒屋や、ダーツバーなど、中でも店内の薄暗い店はムードがあっていいかもしれません。またダーツなどのゲームなら、勝負にキスを賭けてみるのもいいかも。「俺が勝ったらキスして」と言った感じに。

少し冗談めかしてみて、様子を伺っても良いでしょう。キスまで持っていくことが出来、また上手にリード出来たなら、ホテルまでの道のりはそう遠くないかもしれません。

ただし、勝負すら断られた場合は、邪な気持ちは即座に退散させましょう。

ドライブデートの時に車内で仕掛けるべきこと

ドライブデートからベッドインする可能性について考えてみましょう。

車内となると、仮にも密室に2人きりの状況になるわけですから、「デート」ということで合意しているお出かけなら、相手もある程度こちらに気を許している事だと思います。

まず気をつけたい事ですが、2人きりの空間で、また運転する人が行き先の主導権も握っている事になるので、事を焦ると相手に恐怖を与えやすい環境になります。一度貞操の危機から来る恐怖を与えてしまうと、貴方に対して拒絶の感情が湧いて来てしまいますから、ドライブデートの時には特に、相手がその気になっていないのにホテルに誘うことは絶対にやめましょう。

では、こちらに気がある事が分かっている相手をどのように「その気」にさせるか。夜に夜景を見に行くのも、星空を見に行くのも、また昼間に海を見に行くなども、ロマンチックで良いですね。

ですが一番効果的と思われるのが、全てのホテルのお誘いに共通していることです。もうお判りでしょうか?そう、キスをする事です。

車内は窓もありますが、ある程度外から遮断された空間なので、街中を歩いている時などと比べ、いつでもキスを仕掛けやすいのではないでしょうか。ですから、思い切って信号待ちの時にキスしてみるのをオススメします。

やはり、ドライブデートでも時間帯としては夜のほうがロマンチックな空気を作りやすいですね。夜景なり星空なりを見に行くまでの道のりで、もうすぐ目的地まで着くかな、というタイミングで、赤信号で停車した時。ふと会話を止めて、相手を見つめ、頭に手を添えて一瞬だけキスします。

するとうまくいけば一気にロマンチックなムードになる事でしょう。目的地に着いたら、そのキスの続きをして下さい。時間をかけてキスをして十分にセクシーなムードになったら、ホテルに誘いましょう。

ただし失敗して拒否されたら即帰路につく羽目になるので、慎重に。

初めてのデートでホテルに誘うこと

知り合ってすぐの初めてのデートからホテルに誘うという事は、「割り切った関係」を見越しての事がほとんどだと思われます。

しかし元々女友達だった女性と初デートでホテルに行くというパターンなら、その限りではありません。すでにお互いの好意を確信していて、これから付き合うという事が前提である初デートの時なら、その時点でホテルに行って関係を持つこともあり得ることです。

またお互い大人同士なら、カマトトぶったり無駄な駆け引きなどしない、打算抜きの居心地のいい恋愛を求めることもあるでしょう。しっかりと「好きだ」という事、真面目に付き合いたいという意思を伝えた後なら、ホテルに誘う事も別にバツの悪いことではありません。

元からそれほど知り合ってはいなくても、付き合う前に体の相性を確かめたいから早めに済ませるという人も男女ともに居ます。そういったタイプは総数として多くはありませんが、恋愛の上で体の相性というものがいかに重要であるか分かっている大人ならではの価値観に基づいた考え方だと思います。

心が好きなら体の相性が悪くても大丈夫、と思う方も居るかもしれません。しかし色々と、なんとなく良くなかったり、タイミングが合わなかったり、またセックスに関する考え方があまりにもすれ違っていると、だんだんと恋人である事が苦痛になってきてしまう事も。

ただ「体の相性」とは、別に全てが生まれつき持っている体格の事を言っているのではなく、多くは双方のテクニックや趣味に要点があるものです。

大抵のことは話し合いや歩み寄り、何をして欲しいのかをしっかり口に出して話し合えれば解決する事がほとんどなのですが、そこで恥ずかしがったり面倒くさがったりして「察して欲しい」という気持ちでいることが「相性の悪さ」という結果に繋がってしまいます。

話し合いを避けたり、話し合いたくても何となく言えない相手なら、セックス以外の事でも結局同じでお互いの不理解が広がることになるので、結局は「相性が悪い」ということになります。

気兼ねなく自分の考えを伝えられる相手、また考えが似ていて、一生懸命説明しなくても分かり合える相手なら、より良いセックスになることでしょう。

ですから、初めてのデートでホテルに誘って、まだ恋愛関係を進行できるということは、セックスがいかに恋人同士の間で特別なコミュニケーションであるか分かっている大人ならではのスマートな考え方でもあるのです。

LINEでホテルへお誘いする有効なキメゼリフ三選

ベッドに座る女性

これまで、リアルタイムでその場でホテルに誘う方法について考察してきましたが、メールやLINEであらかじめ「その気」かどうか確認出来ていれば、当日ぶっつけで失敗して意気消沈、なんてことも避けられるかもしれません。

しかしLINEは気軽なコミュニケーションツールである反面、相手の顔が見えないため、ホテルに誘っても来てくれるかどうか、確信を掴みにくい面もあります。したがって、対面で話をするのとは、誘い方も異なってくる事と思われます。

また、ホテルに誘うという最終目標がある場合、失敗を恐れるあまり下心を奥底にしまいこんで「ただのデート」として誘うと、それはもう「ただのデート」として終わってしまう可能性も高くなります。

「ただのデート」からホテルの誘いへ繋げるという作戦の場合は上記までの記事を参考にして頂くとして、LINEを使って相手とホテルに行く約束を取り付けるには、どのような誘い文句が効果的でしょうか。

ホテルへ直行するつもりで誘うパターンとしては、ホテルに行きたいという事をストレートに伝えるのと、暗にほのめかすのと大きく2種類に分かれると思います。

ストレートに伝えるならコツも何もなく、当たって砕けろ的な勢いにもなりそうですが、直接的ではない「ほのめかし」の誘い方となると、微妙なニュアンスや気配り、スマートさが必要になって来ます。ただしやりすぎると、相手も気づかない場合もありますから、相手に合わせて絶妙な誘い方をしたいところです。

断られる可能性を考えると、LINEの一文を送るにしても緊張感のある瞬間になりそうですね。直球で伝えるとなると当たって砕けたら再起不能もあり得なくもないので、「ほのめかし」をすることで逃げ道を用意し、大怪我を免れるように計らいたいものです。

そこで、LINEでホテルデートをほのめかすセリフを三つ考えてみました。どんなLINEでホテルに誘おうか迷っている方は、どうぞご参考にしてみてください。

1. オールでカラオケしよう

言い訳:カラオケ

ラブホテルには部屋にカラオケが付いている場所もあるので、そこでカラオケを楽しんで、疲れたら大きいベッドでゆっくり休もう、という提案。さらなる言い訳付き。

このような「ほのめかし」をすると、大体の女性は感づいて、良かれ悪しかれ「どうせ手を出されるんだろうな」と思います。そういうストレートではない誘いを嫌う人もいるので、そのようなタイプの相手にはこのコーナーのアドバイスは適していません。

こういうほのめかしが嫌な人は、ここから更に「終電で帰れば良くない?」などと質問を畳み掛けてくるか、はっきり断ると思います。このようなネガティブな返答があった時は、あなたの事が別にタイプではないか、純粋な交際ではなく体目的で話しかけてくる事が心底不愉快かのどちらか、もしくは両方かもしれません。

OKがなく、質問が2回来た時はNOの合図だと思った方が無難です。無意味に交友を断ち切るより、素直に謝って別の話題を探しましょう。また「腰が痛くなるから」などの言い訳は立て続けにするとどんどん下心がバレていきますから、連続で送らないように。

相手が迷っている感じなら、「ラブホの方が広い」「寝ながら歌える(?)」など、畳み掛けてみましょう。いずれにせよ、引き際は慎重に見極めてください。

2. リゾート的なラブホで昼寝しよう

言い訳:アメニティ

そう、「ホテルバリアンリゾート」のような充実した施設で釣る作戦です。あらかじめ下調べをして、エロくない、普通に行ってみたくなるようなホテルを選んで、そこの設備やアメニティのちょっとしたプレゼンをする形になります。

最近のラブホテルは「=セックスする場所」のようなイメージから離れたオシャレなホテルも増えていて、また複数の友達同士でパーティー利用も出来る場所もあります。そのような場所を選べば、いやらしさを出し過ぎず、爽やかに誘う事が出来るかもしれません。

相手の好みを事前に知っておくのも、それに合わせてホテルを選べるのでベターです。それでもあまりにも相手の興味に合わせすぎると、「なんとしてでもホテルに連れて行きたいんだな…」と、悲しい必死さを醸し出してしまうので、あえて自分が受けたいサービスを中心に紹介するのが良いでしょう。

またホテルのサービスで誘う方法は、ほかの言い訳パターンにも応用できます。

3. 寝ながらゆっくり映画を観よう

言い訳:映画

こちらはラブホテルのサービスの中でも映画のオンデマンドをピックアップする方法。ホテルで映画を観る利点を紹介したいところです。

相手にオススメ出来る利点とは、

一時停止、巻き戻しが出来る
好きなシーンを繰り返して観たり、好きなタイミングでトイレ休憩出来る
色々な映画が選べる
ツタヤで映画を選ぶように、沢山の映画の中から選べる。たまに上映中の映画もある。
広いベッドやソファで観れる
周りの客を気にしなくて良いので、ゆったりリラックスして観れる
ドリンクやスナック、食事のサービスがある
大抵の場合、部屋まで運んでもらえます。

などがあります。これらのメリットを武器に、誘う相手に提案してみましょう。

友達をホテルに誘いたい時に気をつけるべきこと

気を許した男友達、女友達の仲であれば、警戒心もそれほど高くないと思いますから、上記の誘い文句で来てくれる可能性は十分にあるでしょう。

しかし、異性というより完全に「男友達」として見られているから、異性の「男」として見られていないからこそ誘いを受けてくれる場合もあります。

そういう時はいざLINEでホテルに誘ってOKしてくれても、いざセックスを持ち掛けようとした時に、相手の女友達にとってあまりに予想外の展開だったらショックを受けてしまいます。

ホテルに着いてきたのに「そういう展開」にならないと思っているとしたら、あまりに危機感が無いとも言えます。しかし拒絶した場合、相手にとっては信じていた友達に裏切られて、しかも体の関係を求められるという展開は結構大きな心の傷になってしまうかもしれません。

ですから、女友達をホテルに誘う時は、その友情を壊して男女関係に持ち込んでも良いのかどうか、良く考えて下さい。相手と付き合いたいと思ったらまずしっかりとデートを重ねて、男としてきちんと好意を言葉にして伝えるべきです。

女友達をホテルに誘う場合は、その相手と二度と友達に戻れなくても良いという場合のみにしましょう。

冗談っぽく言えばケガしない?

誘いたい女友達を誘うにしても、断られたらお互いに大きな傷を残してしまうでしょう。普段、約束をしなくても顔を合わせる間柄なら余計に気まずくなりますよね。

ですから、もし誘う時はより逃げ道を多く用意しておきたいものです。ただホテルの誘いをほのめかすのに加えて、冗談交じりで誘いかける事で、起こらなくてもいい悲劇を防げることもあるかもしれません。

ただし、冗談でも下ネタが本当に嫌いなタイプの子もいるので、ノリのいい女友達ならまだしも、真面目な子をふざけてホテルに誘うと、後日大惨事が待っている可能性があります。冗談で誘ったつもりが翌日、「あいつにホテルに誘われた」というセクハラの蛮行が周りの女友達に知れ渡って四面楚歌になっていたりとか…。

いずれにせよ、ホテルに誘う女友達は、普段からあまり顔を合わせない人の方がいいかもしれません。まあそれ以前に、ただ単に性欲を女友達で満たそうとしているのなら、感心はしませんが…。

女性から男性をホテルに誘うパターン

メスライオン

これまで男性側から女性を誘う方法について解説してきましたが、全てのニーズが男性側ものとは限りません。女性だって男性を誘いたいと思うときくらいあります!そうでしょう?

この欄を読んでいる男性読者の方も、女性から男性をホテルに誘うパターンというものが気になっていることだと思います。いつか自分が誘われる日を夢見て…。

また、もう恋人同士の関係だとしても、彼氏をラブホデートに誘うことは恥ずかしくてなかなか出来ない、という場合もあるかもしれません。しかし心を許した恋人同士なら、たまには彼女が大胆に誘惑してみてはいかがでしょうか?

ただこのご時世、まだまだ女性から男性に夜の誘いをすることはふしだら、と思う人もちらほらと居ます。

気にしなくて良いと思うのですが、タダで痴女レッテルを貼られることも愉快ではありませんから、ここは古今東西から伝わる女性の誘惑テクニックを使い、相手から誘うように仕向ける方法でホテルに誘うのがクレバーかもしれません。

それでは、女性から男性をラブホテルへ誘惑する方法について、詳しく見ていきましょう。

女性から誘う心理とは

まずは、女性が男性をホテルに誘うパターンについて。

日本人女性は特に奥ゆかしいと言われますが、やはり人間です。多くの女の子は聖女などでは決してなく、しっかりと性欲というものを備えております。男女でも誰でも、恋人が欲しくないという人はかなり珍しいタイプと言えますから、彼女がたとえ清楚に見えたとしても、やることはしっかりとやっている(はず)です。

さて、どのような時に女性は男性とただ一夜を過ごしたいと思うのでしょうか。

どんな女性が男性を誘うの?

男性に誘いをかける女性の傾向として、まずひとつ「年齢」というものが挙げられるかと思います。

生物学的にに、性欲のピークについて男女で比べた時に、男性が15歳から19際の思春期の頃を頂点として毎年低下していくのに対して、女性の性欲は35歳頃を頂点とし、その後10年ほどピークが続くといわれています。

これには、男女ともに体内にあるテストステロンという男性ホルモンの一種の分泌量が関わってきます。男女で年齢とテストステロンの分泌量のバランスは異なってくるため、女性は男性と違い、10代20代ではさほど性欲が激しくなかったものが、30代から40代になるにつれどんどん高まっていくようです。

ですから、精神的にも経験を積んで恋愛というものを知っていて、尚且つ肉体的にも成熟した大人の女性ほど、積極的に一夜の誘いをかける可能性が高くなると考えられます。

前にも解説したように、体の相性というものは恋愛において大切なテーマです。その大切さと、自分のニーズを知っている大人のお姉さんということになりますね。

参考:日本博学倶楽部 『「人体の謎」未解決ファイル』 PHP研究所、2009年

どんな男性が女性に誘われる?

また、女性はどのような男性をホテルに誘いたくなるのかというと、ずばり言ってしまいますが、8割がた「ルックス」だと思います。

巷には「残念なイケメン」といわれる男性の存在があります。どんな人がそう呼ばれてしまうのかといえば、ルックスはイケメンなのに、内面がそのステキな外見と釣り合っていない場合にそのような二つ名が付くようです。

あまりそのように呼ばれたくはないものですね。残念なイケメンは大抵の場合、そのルックスのお陰で初対面の女性にはとてもモテますが、だんだん知り合って素性がバレてくると、パタリとモテなくなります。「遠くから見るだけなら良いけど、お付き合いはしたくない…」とったような感じでしょうか。

ただ、その恵まれた外見が惜しいと思うのは本人だけではなく、周りの女性も同じように思っているかもしれません。「付き合うのは嫌だけど、一晩だけお相手してもらいたい。付き合うのは嫌だけど…。」

筆者の観察眼のうえでは、そのような男性が一夜の誘いを受けやすいと見えます。ただし残念なイケメンの人というのは残念だとしてもモテるので、一夜だけではなく、ちゃんと付き合う彼女が出来やすいですが、何しろ残念なので別れやすく、次々と彼女を作っては別れ、というのを繰り返すパターンが多くなってしまうようです。

女性も男性が女性のルックスに惹かれるのと同じように、男性のルックスに惹かれて惚れ込みますが、内面をしっかり観察しています。

ですから、長期的なお付き合いを見込むとなればルックスより中身を優先することですので、一夜の過ちというような軽めの火遊びは、内面を気に入っている男性とはしないでしょう。

なので、女性にホテルに誘われやすい男性といえば、ひたすら「イケメン」の男子という事になります。中身については、置いといて。

女子必見・彼女から彼氏をホテルに誘う口実

付き合っている恋人同士、水入らずで何でも話し合える関係性であるのが理想ですが、彼女である自分から彼氏をベッドに誘うのは恥ずかしくて言えない、という人もいるかもしれません。

付き合いたての関係なら尚更そうかもしれません。まだお互いについて綺麗なところしか見せていない、もしくは見えないという時期もありますから、清楚で上品な「理想的な女の子」のようなものを演じてしまうこともありそうです。

ただ、いつまでも恥ずかしがって受け身でいると、相手にとってもだんだんマンネリしてきてしまいそう。それを回避するためにも、彼女から積極的にホテルに誘うのは、刺激的で良い事だと思われます。男性にとっても、セクシーな彼女にたまにはリードしてもらいたいと思っているはず。

しかし、いくら最初から積極的なタイプの女性でも、「エッチしたいからラブホ行こう」みたいなド直球の誘い方では、さすがにムードに欠けすぎて作業のようなセックスになってしまわないか心配。男女どちらからにしても、大切な関係のムード作りは大切にしたいところです。

ではどのような方法で、彼女として可愛く彼氏をホテルに誘おうかという所ですが、実の所、これは全く難しくない問題と言えます。むしろ成功率90%と言えるほどのレベルのハードルの低いお誘いです。彼女に求められて断る彼氏はそうそう居ないでしょうから、気を楽にして臨んで良いです。

「疲れたからどこかで休みたい」または「今日は帰りたくない」、この二つのセリフが、代表的とも言える奥ゆかしい誘い文句です。しかし、彼女の事が好きな男性ならセリフの良し悪しよりも「彼女は自分とセックスしたがっているのか」という想像でオスとしての要求が刺激されます。

ですから、実は誘い方というのはそれほど大したテーマでは無いのです。大切なのは何より、「彼女から誘う」という事実。普段、あまり誘わない彼女ほど彼氏を燃え上がらせる事でしょう。自分のやり方で、思うように誘ってみて下さい。

ただラブホテルもタダではないですし、次の日に仕事で大事な役割を控えているなど、お財布事情や体力の事情を考慮して誘ってあげましょう。

断られるのも非常にショックですが、プライドのある男性なら断る事も悔しいはずです。もし「今度にしよう」と言われても、そうすぐにめげずに、何で断るのかを素直に聞くと良いと思われます。素直なコミュニケーションが、恋人同士が仲良しでいるための大切なポイントです。

ホテルに「誘わせる」方法!?

男性からの場合でも、女性からの場合でも、ホテルの誘いをあまりにストレートに伝えると、多くの場合、インパクトのあまり相手はちょっと引きます。

欲求をオブラートに包んで伝えることが、より秘密めいて、よりいじらしくて良いと思われますが、女性の場合は特に「誘わせる」という方法が最も摩擦のないやり方になるでしょう。

上記のセリフ、「疲れたからどこかで休みたい」「今日は帰りたくない」の二つも、ダイレクトではない誘惑として男性に対して有効ですが、言葉にしない誘惑というものも効果的なのではないでしょうか。

例えば、ボディタッチで相手の心拍数を段々と上げていくこと。身体の距離感が縮まれば、男性はかなりその気になってくるはず。キスまですればこっちのものです。男性が女性を落とすのに比べて、女性が男性を誘い落とすほうが、一般的に難易度も易しいでしょう。

あまりにこちらからグイグイ行くと相手も逃げそうですから、近づいては離れ、押しては引いて、緩急をつけて誘うのが良さそうです。また、男女問わず、無理強いはいけないので、相手が乗り気でないと分かれば、スッパリあきらめましょう。

こんな誘い方は絶対NG!確実に断られる行動

殴られる男

ホテルへの誘いは、デートの誘いがOKされてからの更なるハードルですね。断られる可能性も頭に入れて行動したい所で、また未練がましい言動はみっともないので絶対に避けて頂きたいです。

どんな誘い方をするとしても、相手の気持ちに気を配ることは大切です。興味があるか、もしくはない、むしろ嫌がっている?いや、そう見せかけて「フリ」をしているだけ…?など、感情の微妙な移り変わりをその都度、敏感に汲み取りたいものです。

ただ、相手が「その気」なのか「その気じゃない」のか分からなくても、「ホテルに誘う上でやってはいけないこと」は覚えておきましょう。性行為の無理強いはもってのほかですし犯罪ですが、そこまで行かないとしても、やったら確実に信頼関係を崩す言動くらい覚えておいても損はしませんから。

NG行動「過度なスキンシップ」

好きでもない、ましてや気になってもいない相手からのアプローチというのは、どんな人にとっても苦しいものであるはず。相手の気持ちを無視して、自分の欲求を押し付けることは断固として、してはいけない事です。

例えば、初めてのデートの時などは大抵、いわば「様子見」の時間で、恋人としての候補になるかどうか以前に、相手がどんな人物か観察するタイミングになります。ただお茶したり食事したりして、相手の仕事や趣味、好きなもの、嫌いなもの、友達のこと、家族の事など、「長い自己紹介」をする時間です。

そんな時に下心を隠さず、相手に触ろうとするのはNG行動です!自己紹介で「自分はあなたをエロい目で見ています」と言うようなものですから、単に失礼です。

それを相手が受け入れる様子であれば、お互い好きにすれば良いと思いますが、触れた時に応じる反応が返って来なければ、ほぼ嫌がられていると考えて正解です。ホテルのお誘いどころではなく、もうデートにも来てくれないかもしれません。

初めてのデートではなくとも、ボディタッチなどのスキンシップをしたり、意図してなくても手が触れてしまったなどの時に、相手がサッと離れたり、笑顔が曇ったりすれば、それはNOのサインです。

楽しいはずのデートの時に「嫌です」と言えないタイプの人もいますし、上司や先輩などの上の立場が相手であれば、遠慮してギリギリまで我慢してしまう人もいます。相手が脈アリかどうかは慎重に見極めて、塁を進めましょう。事を急がないように。

NG行動「ロマンチックが欠けた言動」

特に女性は、セックスに至るまでの雰囲気によってその後の感じ方も違ってきます。少しもロマンチックなムードにもなっていないのに、「ホテルに行こう」と言われてOKする事は、ハッキリ無いと思ったほうが無難です。

「良いムード」を作るという事は前戯の一種だと考えましょう。あるいはベッドメイキングと例えられるかもしれません。ホテルのベッドは物理的には始めから整えられていますが、所詮はただのベッドです。そこをいかにセクシーな場所だと思わせるかが重要な所。

そのためには、セクシーな雰囲気作りと上手なキス、またスマートな姿勢が必要です。その3つ、あるいは1つでも投げやりにすると、誘いに乗ってくれる可能性は下がっていきます。

自分たち2人がホテルに行くことを会話の中で想像させたり、とろけるようなキスで心を掴んだり、それらを潤滑に導ける優しさと丁寧さと知性。これらが揃ってこそ、セクシーなベッドシーンを作れるのです。

そしてその全てに共通するのが「ロマンチックさ」です。「数打ちゃ当たる」みたいな、「もしこの人がホテルに着いて来てくれなくても、別の人を誘えばいい」、みたいな気持ちではいけません。適当なアプローチはNG行動

その一夜の後の関係がどうなるとしても、ホテルに誘う時は「他の誰でも無い、あなたが欲しい」という気持ちが大切です。正直、本心はどうであれ、相手の存在を大切に出来なければ人間失格です。ロマンチックと誠実さはリンクしています。

ただしロマンチックさを演出しようとしてやりすぎたり、不自然になると途端に格好悪くなってしまうので、注意が要ります。映画やドラマのシーンを再現するような事はやめて下さい。自分の演出に酔う事なく、自然体で事を運びましょう。

愛とセックスのご都合主義?

好きな人、またはその時都合の良かった人、をホテルに誘う事。それも自分の家ではなく、ラブホテルに。最終目的は一つ、一夜を共にする事ですね。家に呼ぶよりずっとエロティックな行動のように感じられます。

それ故に、イメージとしても実際にも、相手の心よりも体に集中力が注がれます。恋人同士のデートスポットとしては刺激的な場所の一つですが…恋人同士で無い場合、さらに非日常的なデートになるかもしれません。

ただし、ホテルの室内の間違いなく二人きりの密室空間ですが、そこは二人だけの特別な場所ではなく、多くのカップルが体を重ねた場所です。セクシーなデートだとしても、「愛情」という観点で見ると、なんだか少し物足りないような気がするのは筆者だけでしょうか?

もちろん、その物差しは人それぞれですし、二人が確かに愛を確かめ合っているなら場所は関係ありません。ただ心配なことといえば、いわゆる「イージーラブ」をやりすぎると大抵の人は心身ともにヘトヘトになってしまうということです。

いっときのニーズのために、人肌恋しさのために、心から好きでは無い人と一晩過ごすこともあるかもしれません。セフレというものがあるように、お互いに割り切っているならそれで良いのですが、それで良い場合とは両方が納得している、または周りに悪影響がない限りです。

特に片方の恋心が大きいと、体だけの関係に釣り合わず疲弊してしまい、いずれその不満が爆発するか、去って二度と戻らないでしょう。

この記事全般において心に留めて欲しいことは、自分も相手も生身の人間で、心があるという事です。無理強いや相手の嫌がる事はしないこと、些細な気配りをすること、相手の事情思いやる事。

はっきりと言って、ロマンチックなムードに欠けた適当なお誘いや、初デートで急に迫るのは、相手を人として思いやらず、また内面をよく知らないうちから体の関係を求める事に他なりません。相手を性欲を満たす道具として見ている事になってしまうので、どう考えても悪いことですね。

単に性欲を対人で満たすだけのためなら、これから使うであろうホテル代をまとめて、ラブドールを購入したほうがよっぽど合理的です。

たとえその場限りの関係だとしても、お互いにとって良い思い出になったほうが良いでしょうから、お互いの合意については慎重に、相手への優しさを忘れないでいましょう。

Pairs Zexy縁結びエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中条

Lovatomyの記事を読んでいただき嬉しく思います。執筆を担当しております中条です。外見を盛りに盛って中の上くらいのレベルと覚えてください。悲惨な恋愛から幸せな恋愛までおもしろおかしく経験してきました。愛はギブアンドテイク。女よ強くあれ。よろしくお願いいたします。