ギャラ飲みって一体何なの?ギャラ飲みの実態とおすすめのギャラ飲みアプリを徹底解説

ギャラ飲みって一体何なの?ギャラ飲みの実態とおすすめのギャラ飲みアプリを徹底解説

「ギャラ飲み」というものを聞いたことがあるでしょうか。

それは、「男性の飲み会に女性が有料の派遣コンパニオンとして参加する」というもの。いわゆる「ギャラをもらって食事会や飲み会に付き合う」という女性の活動ですが、「パパ活」に次ぐお小遣い稼ぎに方法として、いま女子会で話題になることも。

有吉ジャポンでも「ギャラ飲みのプロ」として活動する「リカさん」という人物が出演。もとキャバ嬢という彼女ですが、ギャラ飲みのプロの女性の中には2ヶ月で100万円も稼ぐ人もいるのだとか。

主に「港区女子」と呼ばれる、楽してきらびやかな生活を送ることを夢見る女子の間で流行しているという「ギャラ飲み」ですが、その実態とはどんなものなのでしょうか?「パパ活」は危険のつきまとう活動であり、一部書類送検されるなどいった事態もありましたが、「ギャラ飲み」は安全なのでしょうか。

「ギャラ飲み」の内容やそのギャラの相場、ギャラ飲みの女の子の募集の仕方からギャラ飲み利用におすすめのアプリなど、ここで詳しく紐解いていきます。

「ギャラ飲み」って何?

高級ラウンジの女性

ギャラ飲みとは、「ギャランティ(報酬)の発生する飲み会」「金銭をもらって飲むこと」であり、主に有料で男性の飲み会に参加する女性の活動のこと。ギャラ飲みは今に始まった新しい文化ではなく、昔から急な接待などの際に女性コンパニオンを派遣することがあり、飲み会に参加した謝礼をタクシー代として支払うことから「タク飲み」とも言われたバブリーな文化が元になっています。

ギャラ飲みは専用のクラブで参加する女性を募集、また派遣の依頼をすることがありますが、現在ではアプリの利用が主流。募集される女性は、主に20代の若い女性、また話し上手で場を盛り上げることが上手い女性が優遇されます。そして、男性の飲み会に華を添えるということが目的ですから、見た目の可愛さ、美しさで値段が変わることもあるそうです。

ギャラ飲みが募集される場所は主に都心で、新宿や渋谷、代々木や六本木など。富裕層の男性グループが利用するというのが主なイメージですが、募集の形態は様々で、グループ利用からパパ活のような一対一の募集もあるようです。報酬はその女性の会話力や外見により変動しますが、最低でも時給は通常の仕事よりかなり高額となるため、ギャラ飲みを始めると普通の仕事に戻れなくなるというケースもあるとか。

ギャラ飲みアプリの利用で、女性はタダで飲み食いでき高額な報酬を得られ、男性は近くにいる参加可能な女性から好みの人を選び募集すれば、最短ものの10分足らずで飲み会に参加してくれるということで、急な接待などにも利用する人が多いようです。また、ギャラ飲みでは富裕層の男性も多く、そのまま婚活として利用できるという話も。

日本の風俗産業もここまで来たか、と感じられるような不思議な世界ですが、アプリの利用で男女ともに即サービスを利用できる、身近な世界でもあるのです。

そのギャラ飲みの世界について、もっと掘り下げてみましょう。

ギャラ飲みの相場

まず、ギャラ飲みの相場について明かしていきます。

現在、ギャラ飲みのコンパニオンとして登録するならアプリが一番簡単な道。しかし、そのアプリによってギャラ飲みの報酬の相場は異なっています。また、ギャラ飲みアプリの女性の登録は審査制であり、主に顔写真で審査されるようですが、通過率は10%以下の難関であるアプリもあるのだとか。審査が緩いアプリでも、とにかく選ばれし顔面の女子が登録しているということです。

さらに、その難関をくぐり抜けた女子の中でもアプリのなかでランク分けされ、最低でも時給3,000円〜がスタンダード。それは、味をしめれば普通の仕事には戻れないのはわかりますよね。一番ランクの高い女性となると時給20,000円にも登ります。

高ランクのギャラ飲み女性となると、1日に10万円稼ぐ人もいるとか。ナンバーワンキャバ嬢やモデル、芸能関係者がそういった高額ギャラ飲み女子となるようで、中には1ヶ月に150万以上荒稼ぎしている猛者もいるようです。

リッチなおじさんはウン十万の支払いも?!

ギャラ飲みの報酬の中には、一度の飲み会で40万という高額のチップの支払いもあるという噂です。IT系の社長やなど、リッチな男性の飲み会に参加するとそのようなバブリーな報酬をゲットすることもあるとか。時には海外派遣のギャラ飲みで、海外の男性相手に飲み、飛行機代別で50万近くの報酬を得る人もいます。

日本の経済のシステムが破綻しているのではないかと思うほど、安月給で汗水垂らして働く人にとっては基準のトチ狂った世界観ですね。

もちろん、そのようにギャラ飲みで高額報酬を得る女子はグラビアアイドルやモデルといった、容姿に恵まれ、また飲み会を盛り上げるコミュニケーション能力の高い女性。そして高額報酬の支払われる飲み会はもちろん高所得層の飲み会です

こうした、飲み会に女性を呼び報酬を支払うシステムは芸能界など富裕層の世界を中心としてあったものですが、ギャラ飲みアプリの台頭により一般の世界にも流行し始めた、という背景があります。ギャラ飲みははっきりいうと「金で女を買う」システムのため厳密には風俗業ですが、普段給料の低い事務職などで働いている女性にとって「理不尽な安月給は理不尽な荒稼ぎで賄う」かのような動きがあるのも確か。

アプリを通してギャラ飲みを利用する男性もリッチな人ばかりではありませんが、最低限の女磨きとコミュ力の上達があれば、アプリ登録からのギャラ飲みで荒稼ぎをすることも可能かもしれません。

ギャラ飲みの女の子はどこで募集しているの?

ギャラ飲みに参加したい人、またギャラ飲みの女の子を呼びたい時は、どんなサービスの利用をすれば活動場所を見つけられるのでしょうか。

まず、知り合い伝に呼ばれるというパターンが古来から多かった形式なのではないかと思います。モデル事務所や芸能事務所に所属している女性が、事務所のコネクションから飲み会に呼ばれるというケースが予想されます。ただそういったパターンでは、一般人の入る隙はありません。

一般人でもギャラ飲みに参加できる、いま一番安全なかたちは、専用のマッチングアプリが主流。ツイッターなどSNSでの募集もあるようですが、ツイッターだと身元の保証もないため、安全性は約束されません。高級会員制ラウンジの利用もありますが、報酬の支払いに関してはアプリが一番安心、安全だと思われます。

いま、ギャラ飲みのユーザーはアプリの利用が主流であり、専用のアプリもいくつか台頭しています。前に流行ったパパ活専用アプリでもギャラ飲みの募集があるようで、パパ活をしていた、もしくは現在進行形で続けている女性も、同じパパ活のアプリを使ってギャラ飲みに参加することもあるようです。

また、恋活マッチングサイトの一部や出会い系サイト、交際クラブでもギャラ飲みの募集があることも。いま、ギャラ飲みは急成長ビジネスとして注目されているため、今後も新しいかたちのサービスが生まれそうです。

ギャラ飲みアプリが主流

ギャラ飲みに参加するには、マッチングアプリや出会い系サイトを使う人が増えています。しかし、参加者の女性、利用者の男性共に一番安心、安全なのが、ギャラ飲み専用のマッチングアプリです。

ギャラ飲み専用のマッチングアプリを利用するメリットは、利用する男性と登録する女性ともに、アプリでギャラ飲みをする時にトラブルがあれば運営がユーザーを守ってくれること。アプリの登録には身分証明が必要であるため、アプリを通してのギャラ飲みにおいてなにか違法行為を働けばすぐさま通報、逮捕につながります。

ツイッターなどSNSでもギャラ飲みの募集はありますが、仲介する業者が何もないという状況では、その先にどんな被害があるかわかりません。女性の身の安全性も問われますが、男性にも過剰に報酬を請求されるなどといった危険もあるのです。

ギャラ飲み専用のアプリを利用すれば、最低限の安全性を確保できる上に、報酬の請求や支払いも確実。アプリによってそのシステムは変わりますが、クレジットカード登録が必須のアプリもあり、支払いの遅延なども起こらないため、女性側も安心してギャラ飲みに参加できます。

また、深夜手当や送迎など、アプリのギャラ飲みはサポートがたくさん。ギャラ飲みアプリは女性の入会時の面接や審査が厳しいことで知られていますが、その安全性やお金の動きの確実性から、ギャラ飲み利用の際には男女ともにアプリを利用する人が主流になっているのです。

ギャラ飲みアプリを利用するメリットは、男性は

  • 領収書が発行されるので接待として経費で落とせる
  • キャバクラ利用より安価で女の子と飲める
  • 面接審査のあるアプリでは呼ぶ女の子のレベルが保証される

というもの。急な接待があっても、アプリで近くにいるギャラ飲み女子を募集することで賄うことができるため、今人気のサービスになっています。

ギャラ飲みアプリで参加する女性のメリットというと、

  • 安全性と報酬の支払いの保証
  • いつでも好きな時間に参加して稼げる

やはり、安全性と報酬の支払いが保証されることは大きなメリットです。アプリの利用からのつながりで人脈や本業のコネクションを作ることで、より高報酬のギャラ飲みに参加できるネットワークができるかも。モデルやキャバ嬢といった職業の方にも利用されています。

ギャラ飲みを、特に始めて利用を考えている人には、男性も女性もアプリの利用がおすすめ。アプリのサポートを受けながら、ギャラ飲みを利用しましょう。

ギャラ飲みは安全なの?

ギャラ飲みに参加する上で一番気がかりなのが、その安全性。もしもの場合だとしても、参加した飲み会で詐欺や暴行などの被害があってはいけません。パパ活もそうですが、基本的にギャラ飲みも自分の身は自分で守らないといけませんから、ギャラ飲みに参加するときには安全性の確保を最優先にしたいところ。

ギャラ飲み専用のアプリを利用すると、登録するすべての男女が身元を確認されるため、それなりに安全性は抑えられます。しかし、問題なのはLINEやツイッターなどSNSを通してのギャラ飲み募集。最近ではLINEに「オープンチャット」という機能が追加され、ID交換をしていない人とも誰でもチャットをできるようになりました。「ギャラ飲みLINEグループ」などといったオープンチャットのグループでギャラ飲みの誘いが来ることがあるらしいですが、その安全性は不確かです。

ギャラ飲みのアプリで提示される報酬もなかなか高額ですが、SNSの募集はそれ以上に桁違いの報酬が提示されることもあり、金欠の女性を中心として食いつくことがあるようですが、SNSのギャラ飲み募集はとても危険。なぜかというと、

  • 募集をかけるアカウントの素性がわからない
  • ギャラ飲みをする相手の男性の素性がわからない
  • 報酬がもらえない可能性がある
  • ホテルなど密室での開催の可能性がある

これらのように、安全であるという確信がつかめないから。

まず、SNSは匿名でメールアドレス一つあればアカウント登録できるため、実名や住所などの情報を偽っていてもバレません。ギャラ飲みを募集する人がたとえ犯罪グループだとしてもわからないのです。

また、金額の条件などを指定されていたとしても、アプリなどのように確かな仲介業者がいるわけではないので、その約束が守られる保証がありません。パパ活でも報酬がおもちゃのお金で支払われるといった被害もありましたし、自分の身一つで営業するというのは報酬の請求に抜け穴があるため、利用者と参加者にそれなりの信頼が築けていない限りはそうして詐欺にあうことも想定しておくべきでしょう。

そして、SNSでのギャラ飲み募集は、アプリでは募集がかけられないような開催場所の設定もありえます。自宅やホテルなど、他人の目が届かない場所へのギャラ飲み参加は非常に危険です。場合によっては、知り合いが参加している状況にも注意するべきでしょう。

自分がモデル事務所との繋がりがあるなど、信頼できるギャラ飲みのコネクションを持っていない限りはSNSの募集には参加しないほうが身のため。ギャラ飲み初心者は特に、安全性の高い専用アプリのみの利用にしましょう。

ギャラ飲みの口コミ

ここで、日頃から実際にギャラ飲みに関するネット上の口コミを見てみましょう。

30代/男性

これって本当?

ギャラ飲みをしている女の子に相場を聞いたら、一回の飲み会で2万、タクシー代は別途必要、夜OKの子は5万〜らしい。風俗より安いじゃん…

ギャラ飲みは基本として性的サービスはありませんが、この男性はなにか内容を勘違いしているようにも思われます。しかし、たしかに高級会員制ラウンジを利用するよりは敷居が低いのかもしれません。

20代/女性

芸能人飲み最高

お笑い芸人さんとギャラ飲み行ってきた!
かなりタク代くれるから最高。

「タク代」とは、ギャラ飲みの報酬のこと。芸能関係の人が集うギャラ飲みとなると、報酬も高額になるようです。

30代/女性

ギャラ飲み募集

今夜、六本木でギャラ飲みあります。経営者、芸能関係者等
90分3万-5万
来たい子で容姿に自信のある子DMください

怪しさ満載ですね。SNSの女性アカウントの情報ですが、関わってから何があっても自己責任です。

20代/女性

ギャラ飲みで生活してる

P活、ギャラ飲みないと月10万以下になる。ギャラ飲みで生活してるようなもん。いつか自分のお店が欲しかったけど、どうなるかわからないな

ギャラ飲みとパパ活で生活費を稼げてしまっているので、夢に向かう努力も活力も薄らいでいるパターン。「お金と幸せ」について考えさせられます。

20代/女性

始めてギャラ飲みに参加

カラオケでご飯をご馳走になって、楽しく遊んで、帰りに「これで帰りな」と言われ一万円を渡される。報酬トータル3万にもなった!こんな世界があったとは。

ギャラ飲みの旨味を始めて知った感想。参加した方は楽しめたようですが、どんなギャラ飲みでも嫌な思いをすることなく楽しむことができるのでしょうか。ただ、ギャラ飲みは経営者クラスの男性が利用することがほとんどということで、礼儀正しく紳士的なユーザーが多いという噂。

安くても一時間に5,000円以上の報酬を支払う訳ですから、ギャラ飲みは経済的に余裕のある人しか利用できないサービスです。一緒に食事やパーティーを楽しむだけなので、それ以上のデートのような内容はありません。

また、多くの場合女性2人以上で参加することになるので、パパ活よりも安全性は高く、アプリを利用することで報酬も確実に手に入りますから、お金を稼ぎたい若い女性の間でいま人気のサービスとなっているわけです。

ギャラ飲みアプリの選び方

バーにいる女性

初心者がギャラ飲みを始めるには、専用アプリの登録は必須。安全性と確実な報酬の確保のために、ギャラ飲み専用のアプリを使いましょう。

ギャラ飲みのための専用サービスは、ブラウザ版の「ギャラ飲みサイト」というものもありますが、アプリのほうがポピュラーです。その理由というと、スマホ一台で操作できるため、パソコンいらずでいつでもギャラ飲みの募集に応募できるから。

そのギャラ飲み専用アプリもいくつか展開されていますが、どのようなものを選ぶといいのか、はじめのうちはわからないと思います。それに、面接の審査があるアプリがほとんどなので、そもそもその審査に通過しなければギャラ飲みアプリに登録して参加することができません。

基本的にギャラ飲みの募集は、容姿に自信のある女性が求められます。もちろん、その場を盛り上げることのできるメンタルとコミュニケーションスキルも大切ですが、見た目が可愛い、綺麗というのはそれだけでその場に華を添ることができるもの。ギャラ飲みに参加しようとするなら、自分磨きは必須です。

また、アプリによって最低時給が異なる場合があります。高時給を目指すならそれなりに厳しい写真審査に通過しなければいけませんが、もし高時給の通過できたら少なくとも1,000円以上はスタートの時給が変わります。それに、高報酬の募集ほどハイクラス男性との出合いが期待できますから、どのアプリに登録しても出来る限り時給は高くしたいところ。

そして、ギャラ飲みに関わらず、パパ活などをする男性から需要のある女性は、容姿に加えて「若さ」というのが条件であることが多くなります。日本人男性の女性に対する若さへの執着心はかなりのもので、30代を過ぎるとかなり社会的な待遇も変わってくる場合もあるとか。実際のところ、28歳も31歳も見た目の上で特に大差はないのですが、20代というだけで女性がモテるのは事実。

ギャラ飲みアプリによっては、女性の登録が20代限定のものもあるので、若い女性と飲みたい男性には良いアプリかもしれませんが、女性にとっては難関となります。また、その料金のシステムなどによって、自分が登録するアプリを選ばなければいけません。

それでは、具体的にギャラ飲みアプリの選び方のポイントについてお話ししましょう。

審査の厳しさ

ギャラ飲みアプリに登録する女性は、アプリの登録審査を通過しないといけません。逆にいうと、男性側からすればアプリの審査が厳しいほど、呼ぶことのできる女性のレベルも高くなるということです。

また、審査の厳しいアプリは女性ユーザーの報酬も高くなるといいます。その審査がどのようにして行われるかというと、一般的に

  1. 写真審査
  2. オフィスでの面接審査

この二段階の審査が待ち受けます。

まず、アプリの登録時に顔写真を添付することで、写真審査が始まります。ギャラ飲みアプリに登録していて、飲み会に参加する女性のことは「キャスト」と呼ばれますが、キャストに求められるのはまずはその容姿です。

やはり綺麗な女性が求められるので、清潔感があり、ルックスの良い女性が審査に通過します。写真審査のみのアプリもあるので、ひとまず見た目を磨くことでギャラ飲みアプリで稼ぎに行けるでしょう。

そして、面接審査のあるアプリは、通過率がかなり厳しいものもあるようです。パパ活で稼いでいる女性でも面接審査に落ちることもあるようですし、少なくともただお金に目が眩んでいるだけで飲み会を盛り上げられないと判断されると確実に審査に落ちるでしょう。

ルックス、コミュニケーションスキル、自己管理能力、そしてステータスという部分が、面接の際には重視されるよう。ステータスというと、アイドルやモデルといった肩書きの部分で、そういった活動はプラスのステータスとして報酬アップにつながります。また、自己管理能力は、待ち合わせにきちんと時間通り来れること、体調管理をしっかりできることなどが関連します。

ギャラ飲みというとどこかチャラいイメージがありますが、その実、しっかりとしたアプリに登録している女性キャストはかなりレベルが高いことが伺えます。男性も登録審査があり、クレジットカード登録が必須であるアプリもあるので、女性側からもそういったアプリの審査基準を安全性のレベルの高さとして判断することができそうです。

面接審査なしのアプリも

審査基準の厳しいアプリもあるなかで、写真審査のみで登録できるアプリもあります。審査基準としてはやはりルックスの良さを判断されるため、写真の写りによっては落とされてしまうこともあるのですが、面接審査のあるアプリと比べると入会がスムーズなので、より簡単にギャラ飲みを始めることができます。

登録審査が写真審査のアプリだけではなく、どのギャラ飲みアプリでも登録審査のときには選りすぐりの写真を提出したいところ。ギャラ飲みアプリの写真審査には、正面を向いた顔が写っていること、整形レベルの加工が加えられていないこと、自分1人だけ写った写真であることなどといったルールがあるので、少なくともその基準はクリアしておきましょう。

あまり写真だけで盛りすぎると、写真審査では通過しても、面接審査のあるアプリならその面接をするスタッフと対面した時点でばれますし、面接審査がないアプリでも、募集された飲み会に参加して、がっかりされるのも嫌ですよね。もし審査に落ちたら、それはそれで堅実に働く道を探すことができると考え潔く諦めるということを前提に、しっかり自分の顔だとわかる写真を撮りましょう。

ただ、面接審査があるアプリのほうが、サポート体制も報酬の振込もしっかりしているという話です。まだギャラ飲みの業界は一般化されて2、3年ほどなのでアプリもそれほど多くはリリースされていませんが、面接審査があるアプリは男性にとっても女性にとっても安全性も高いので、安心してギャラ飲みの利用をしたければ、まずは面接審査のあるアプリを選ぶことをおすすめします。

基本時給で選ぶ

ギャラ飲みアプリによって、その最低時給が異なります。ギャラ飲みの時給は平均して5,000円/1hほどですが、入会審査の基準のゆるいアプリで最低時給3,000円から、そしてモデルなどの肩書きのある人などVIPクラスのキャストになると、時給20,000円にも登る人もいるとか。

しかし、普通はそこまで高報酬のキャストになるのは難しいので、アプリの最低時給を調べて、自分にとって一番理想と思える時給のアプリから登録審査に試してみましょう。

多くのギャラ飲みアプリでは、女性キャストがランク分けされており、最低時給3,500円からのカジュアルなステージも。そのランクからも普通の仕事ではありえない高時給なので、ギャラ飲みにハマる女子が続出するのも納得です。

また、深夜手当のあるアプリもあるので、終電を過ぎてから家に帰るためのタクシー代も賄えるものも。しかしギャラ飲みを開催する男性はリッチな人が多いので、タクシー代を別に手渡しでくれる場合もよくあるのだとか。

アプリによっては最低時給が3,000円のものから5,000円のものまでさまざま。ただ、それぞれのアプリによって報酬の振込の信頼性に関するレビューも異なってくるので、時給も含めてアプリごとにその特色を確認した方がいいでしょう。

時給10,000を超えるには

ギャラ飲みのどのアプリでも、時給10,000円を超えるキャストになるには、見た目をそれなりのレベルにする以外にはどうすればいいのでしょうか?

そのような高額キャストは、やはり夜職経験者の女性が多いのだとか。そのほかにはモデルやアイドルなど、有名ではない人だとしても容姿が美しい、または可愛らしいことが時給のランクが高くなる要因になります。

芸能界、ラウンジ、キャバクラで活躍している、または占いやマジックなどのスキルがあり、飲み会を確実に盛り上げられる人がそのような高時給のキャストとなれるよう。そうなると、一般の女性はやはり通常のクラスのキャストとしてスタートするようです。ギャラ飲みで月に50万以上稼ぐ人は、ギャラ飲みとパパ活を並行してやっている人が多くなります。

また、patoなどのギャラ飲みアプリでは、複数の女性キャストで参加するギャラ飲み以外にも、一対一で指名をうけるシステムがあり、それは自分で時給を設定できるため、上手に料金設定ができればもっと稼げるようになります。複数のギャラ飲みに参加したときに開催側の男性に気に入ってもらえれば、そうしてサシで会って高時給をもらえる機会も増えるでしょう。

そうして、アプリによってはパパ活のような形態もサポートしてくれるので、より効率的に稼ぐことができます。スケジュールを詰めずゆったりギャラ飲みしても、本業の給与を軽く超えることもよくあるとか。

パパ活もギャラ飲みも、報酬が年間20万を超えると確定申告が必要になるので注意したいところですが、VIPクラスではない一般女性も十分に稼げる可能性はあるのです。

年齢によって登録できるアプリが異なる

ギャラ飲みの専用アプリは、登録審査も厳しい上に、キャストになるため応募できる女性の年齢も限定されることがほとんど。

成人女性であることが最低ラインですが、20歳から最高でも30代までの女性のみがギャラ飲みのキャストとなれるようです。中でも、ギャラ飲みアプリのほとんどは20代の女性キャストで構成されています。

30代以上でも登録できるアプリでも、見た目の若さは必須のように思います。それが男性側の需要であるなら、供給できることがサービスという形になるため、否定しようがありません。アラフォー以上の女性となると、諦めるしかないでしょう。

20代前半の女性は確実にどんなギャラ飲みアプリやサイトでも登録できます。できる限り安全性の高いアプリを選んだ方が良いということは年齢問わず変わりませんが、夜の職業の経験がない人はとくに、サポート体制の厚いアプリを選び、スタッフのサポートを受けながらギャラ飲みに参加しましょう。

おすすめのギャラ飲みアプリ

乾杯の図

ここから、おすすめのギャラ飲みアプリについて紹介していきます。

2019年現在、ギャラ飲みアプリとして人気があるものは一握りですが、他のアプリとも比較をすることでその機能性やメリット・デメリットがわかるでしょう。

アプリはそれぞれ基本報酬やシステム、またキャストに応募する際の審査のかたちが異なるので、自分にあったアプリを見つけ、安全性を確保し、自分がもらえるだけの報酬を勝ち取りましょう。

pato

pato

『pato(パト)』は、ギャラ飲みマッチングアプリのなかでも一番シェアされているアプリ。芸能界や富裕層の間で密かに行われていたギャラ飲みが一般化するようになってから、いちはやくサービス開始した、ギャラ飲み女子にとっては登竜門というべきアプリです。ギャラ飲みアプリのなかで会員数が最も多いのもこの「pato」。

男性はこのアプリをつかって飲み会に女性を呼ぶことができ、キャストとして登録している女性は、いつでも好きな時に飲み会に参加して報酬を稼ぐことができます。

男性が「pato」をつかって飲み会に複数の女性を呼ぶことを「パトコール」といい、またパトコールで呼んだ時に気に入った女性、またはアプリで検索をして気になった女性と一対一で会う「個パト」というものに誘うことができます。つまりは、このアプリを使ってパパ活のようなこともできるということ。

男性がパトコール、もしくは個パトで女性を呼び、一緒に過ごしただけの報酬を支払った時にはアプリから領収書を発行することができるので、急な接待にも使いやすいと評判です。女性にも、報酬の確実な支払いと安全性の確保、運営のサポート体制の厚さから人気を得ているアプリです。

そしてこの「pato」は面接審査の厳しさでも業界で知られています。キャスト希望の女性は、まずフェイスブックのソーシャルログインを利用してアプリにログイン、そして自分がよく遊ぶエリアを選択したのち、面談の申請をします。そして、手順を踏み写真審査から面接審査を受けることに。

面接は主にルックス、自己管理能力、コミュニケーション能力、そして経歴(夜職経験)が重視されます。この面接で合格すれば、晴れてキャストとして「pato」を利用することができます。

合格率はギャラ飲みアプリの中でも低く、10人に1人しか通過できない難関のようです。しかし合格することができれば、最低でもスタンダードクラスで時給4,000円からの報酬を期待でき、VIPクラスのキャストになれれば時給8,000円、ロイヤルVIPクラスになると時給20,000円にも登るとか。また延長料金や深夜料金もしっかり発生するので、飲み会を盛り上げるほど稼ぐことができるでしょう。

正直、今現在のところはこの「pato」以外のアプリは報酬の振込みがなかったりなどトラブルもあるので、ギャラ飲みアプリを使うならこのアプリ一択という意見は多いです。登録審査の通過率は低いですが、外見を磨くこと、そしてコミュニケーションを勉強するなど十分に準備し、出来るだけ通過できる確率を上げてから登録してみましょう。

LION

LION
運営会社 株式会社キネカ
サービス開始日 2017年
報酬 4,000円〜/1h
登録可能な女性の年齢 20〜30代

「ギャラ飲みラウンジアプリ」の「LION」。こちらは登録可能な女性キャストの年齢が20代限定となっているので、若い女の子と飲みたい男性にオススメのアプリです。女性キャストの時給が最低5,000円となりますから、「pato」よりもコール(女性を呼ぶこと)の基本料は割高。

LIONも女性キャスト希望は登録の際に面接審査があります。その審査の通過率は20%と、「pato」よりも高め。しかし、確実に若くて可愛い子を呼べるということもあり、男性に人気のアプリです。

しかし、「LION」は登録している女性キャストに振込がされないというトラブル報告が多く、催促しても振り込まれないということもあるというので注意が必要。基本的な収入がほかにない場合は生活費を圧迫しますし、アプリから支払いがきちんとされないからといって、ギャラ飲みでつながりをもった客と個人的なアポイントメントでデートやギャラ飲みをすることになるのもトラブルになりそうですから、使い方の危ぶまれるアプリと言わざるを得ません。

もし「pato」の審査に受かれば、そちらに移行した方がいいかも。もしくは、「pato」よりも審査の通過率の高い「LION」に登録して、何度かギャラ飲みに参加してその場の雰囲気に慣れてから「pato」を受ける、という練習に使えるかも。最低でも女性キャストは飲み代、食事代は負担しなくても済みます。

cheers

cheers
運営会社 株式会社オープンマインド
サービス開始日 2017年
報酬 5,000円〜/1h
登録可能な女性の年齢 20〜29歳

「Cheers」は、ギャラ飲みアプリの中でも比較的安価、そして 最低時給も3,500円からとなりますが、キャバクラと高時給であるのには変わりありません。

この「Cheers」の特徴は、ほかのギャラ飲みアプリよりも女性キャストの審査基準が緩いこと、そしてアプリの男性会員、女性キャスト共にお互いを評価するシステムがあること。

まず、「Cheers」に登録する女性は、ほかのアプリと同様に写真を含めた書類審査と面接審査を通過してはじめてキャストとして登録できますが、その通過率は20%と、比較的高確率です。最低時給が比較的低いとしても、一回の飲み会で大体2、3時間程度が目安とすると1万円は稼げますから、副業としては十分に利益が出せそう。

また、男性会員は女性キャストを、女性キャストは男性会員を、それぞれギャラ飲みに参加した人同士で星1〜5つの評価をつけることができます。こうした評価システムがあることで、男性会員もキャストに対してセクハラや侮辱、暴力行為といった違反を抑制できますし、女性キャストの質も高めることができます。

報酬の振込も、2、3日遅れたことがあるという報告はあるとはいえ支払われるといいますから、「pato」に次いで優秀なギャラ飲みアプリといえるでしょう。

もし「pato」の面接に落ちてしまったら、こちらの「Cheers」に挑戦してみるといいかもしれません。

エキゾチック・ジャパンはどこへ向かっているのか

日本の、合コンや街コン、また相席屋といったロマンスのシステムは、国際基準から考えるととても特殊なように思います。世界的にみて、風俗業の合法〜グレーのラインが非常に幅広く、様々なサービスがあることで外国人観光客には驚かれるそう。

また、日本はデートにおいて基本的に「男性が料金を支払う」ということがスタンダード。しかし、ギャラ飲みもパパ活も、そういったデート代の負担も、「お金で女性を買っている」ということが事実としてかわりなかったりします。

ギャラ飲みのキャストとして登録する女性も、なぜ登録するのかというと「楽してお金が稼げるから」以外の理由はないのだと思います。お金持ちの飲み会に参加して、気の利いた振る舞いをすることでいい食事とお酒を楽しめて、お金をもらえるのですから、男性でもできることならやりたいですよね。

しかし、なにかお金を稼ぐ理由として目標がないかぎり、間違いなく女性の自立心を奪う一面があるのではないかと危惧されます。キャストは20代の女性が中心ですが、ギャラ飲みをしている間になにか男性に対するコミュニケーション以外の仕事において、スキルアップができるのでしょうか?

若い女性との交流を求めている男性は特に、人によってはその女性の年齢が高くなればほかの新しい若い女性に興味の対象をすげ替えるでしょう。自分の強みが「若くて美しい」だけというのは、その後の人生のなかで自分の年齢や容姿が変わると強みがなくなってしまいますから、危険な一面もあるのです。

もし、女性がギャラ飲みの女性キャストを呼ぶ男性と同じように社会で活躍でき、所得が増えれば風俗業に就く必要もない人も多くなるでしょう。「金の切れ目が縁の切れ目」となる関係性の希薄さはそれぞれが自覚しなければいけません。

ギャラ飲みアプリは非常に画期的なシステムに思えますが、しかしその裏側の不公平性も知っていてこそのものです。ギャラ飲みのキャストとして登録する女性は、ぜひそのことを知っておきながら、ギャラ飲みの報酬でただ贅沢暮らしをするだけではなく、将来のために投資してほしいと思います。

運営会社 株式会社RESTILL
サービス開始日 2018年
報酬 3,500円〜/1h
登録可能な女性の年齢 20〜30代
Pairs Zexy縁結びエージェント