女子大生とはどこで出会える?女子大生と出会える場所と付き合う方法を徹底解説!

女子大生とはどこで出会える?女子大生と出会える場所と付き合う方法を徹底解説!

女性の大学生、すなわち「女子大生」というものに夢を抱く男性も多いのではないでしょうか。大学生とは社会人の一歩手前であり、子供でもなく、お酒の味を覚え始めるころです。それに、目標に向かって頑張っている姿は眩しいものですよね。

自分が大学生だった時よりも、しばらく仕事をして安定しだした頃のほうが、婚活に恋活にガツガツしていないピュアな女子大生が輝いて見えるのではないでしょうか。そんな女子大生と出会い、あわよくば交際する、ということはアラサー、アラフォーの大人の男性にもできるのか。

「自分次第」というと元も子もありませんが、不可能ではないことは確かです。基本的には女子大生は同級生や他大学でも同じ大学生と付き合うほうが健全ですが、年の離れた男性と付き合う人もいます。ただ、イケメンや高収入といったハイステータスの男性にアドバンテージがあるのは確実。

ただ、女子大生の中には、チャラい男子大学生と付き合うよりも結婚を前提とした真面目な付き合いを大人の男性に求めている人もいますし、反対に火遊びもしたい年頃です。そしてハタチそこそこの女子大生が求める男性像とは、かなり単純だったりします。

どんな男性が若く可愛い女子大生と付き合えるのか、そしてどこにいけば女子大生との出会いが期待できるのか、具体的に紐解いてみましょう。

女子大生と付き合えるのはこんな人

ハンサムと薔薇

まずは、どんな人が女子大生と付き合うことができるのかをお話しします。

恋愛では、基本的に同じくらいの年齢の人と交際をするのが一般的。女子大生も例に漏れません。同じ大学でも、他大学でも、接点のより多い同級生や同じ大学の男子学生には多くチャンスがあります。

よって、女子大生と付き合うにはライバルが多いのです。特に出会いの多いサークルに入っている女子大生と付き合いたいと思った時には、その競争率に注意するべき。ただ「社会人」というのは、就職していない、未来の見えない男子学生よりも、女子大生が交際するにあたってアドバンテージでもあります。

とはいえ、年齢は影響します。20代そこそこの女子大生は、たとえ年上好きだとしても10歳以上年の離れた人と付き合うことはよほどのイケメンでない限りは無理です。40代以上の人は、ただキャバクラやスナックなどでお金を払ってその場限りでお話しすること以外はまず諦めてください。

しかし年齢問わずなによりも強いカードが「イケメン」という存在です。世の中では、「イケメン」が恋活、婚活の全てを制し、ありとあらゆる女性がひれ伏します。女子大生も同じです。世間慣れしていない、ピュアなハートの女子大生も、人の内面の良さよりも顔面の良さに惹かれるものです。

しかし、いくらイケメンでも無職だと厳しいでしょう。女子大生もバカではないとはいえイケメンには弱いですが、社会的立場のない情けない大人には見向きもしません。資産があったとしても、自分が働いて手にしたわけでもない不動産や親の保険などはノーカンです。かっこ悪い大人は女子大生には相手にされません。収入源がアルバイトなど、定職がない場合も難易度が上がるでしょう。

女子大生と付き合えるのは、同じ大学生か、若い、もしくはイケメン、もしくは有能な大人です。以下から詳しく掘り下げていきましょう。

やはり同じ大学生がテッパン

女子大生と付き合えるのは、基本的には同じ大学生です。男女共学の大学は出会いの温床であり、サークルや部活の中には真面目な活動内容を装ってほぼ出会いのためだけのものもあるくらいです。学園祭で学校が外部に開かれているタイミングで女子大生をナンパしようとするのも、同じ大学生じゃなければ成功率は低そうです。

大学で出会ってそのまま結婚に至るまで付き合うというカップルも多く、それだけ大学生同士の交際は真剣なものになることもあるので、社会人が男子大学生より女子大生と付き合えるアドバンテージがあるかというと、どちらかといえば劣ると言っても過言ではないかもしれません。

なぜかといえば、同じ大学で付き合うとなると、ほとんど毎日のように顔を合わせることもあり得るので、週一のみデートするカップルと違い絆の強さが段違いなのです。カップルのどちらかが大学の近くに一人暮らししていれば、同棲することもあり得ます。

よって、社会人で女子大生と付き合うとしたら、同じように同棲をするほど仲良くなければ男子大学生に魅力で負ける可能性もあるでしょう。

まず社会人の立場で女子大生と付き合うとしたら、共学の大学に通っているとしたら、彼女の同じ大学にライバルが沢山いるということを覚悟するべき。恋愛は、同じ環境で長く過ごす相手、つまりは苦楽を共にする相手と付き合うことになる可能性が高くなりますから、常に浮気の心配があるかも。

女子大生というのは女盛りの一歩前ともいえる存在ですから、誰の目にも魅力的に写るのです。働く女性の方が自立もしているし、結婚を前提として付き合うには現実的なのですが、合コンなどで男性が鼻の下を伸ばしてメールやLINEなどの連絡先を聞きたがるのは、だいたい社会人の女性より若い女子大生だと思います。

しかし対等な立場はどうあがいても同じ男子学生だと把握しましょう。誰もが憧れるキャンパスデートは、同じ大学の学生同士でなければできないのですから。

他大学でも、大学院生でも、同じ世代なら安心

同じ大学の男子学生が一番女子大生に近づくことのできる存在ですが、続いて他大学の学生や大学院の学生、または同世代の社会人にチャンスがあると考えられます。

大学生くらいの年齢では、短大や専門学校、高卒で安定して仕事を持っている人も多いですし、大学院生の女子大生となると、現役生でも同年代の大卒の男性は社会人となります。それに、年上の社会人男性でも、年齢差が5歳くらいまでなら大したジェネレーションギャップもなく自然な形で女子大生と付き合えるでしょう。

女子大生は自分に言い寄ってくる男性、特に年上の男性に警戒しています。特に10歳以上離れている男性に対しては、「同世代の女性に相手にされてこなかったのだろうか」という恐怖を覚える場合もあります。

ですが、年齢差が5歳くらいなら特にそのように思うことはありません。年齢が同じくらいの相手の方が、恋愛でも対等な関係で付き合えるので、すれ違いなどなく健全な恋愛ができます。

また、女子大生の恋愛事情からすると、同じ大学の学生と付き合うことも憧れですが、社会人の男性と付き合うことは同学年の女子に対してちょっと優越感を覚えるようです。ちょうど年上の彼氏に憧れる年代でもありますし、10歳ほど年上の彼氏だとしても、イケメンで高収入といったハイステータスの男性なら自慢したくなる存在になるでしょう。

ただ、10歳以上年上となってくると望みは消えると考えていいと思います。うら若き20代の女子が付き合いたい40代以降の男性の特徴というと、大富豪か石油王や貴族かムービースターくらいです。諦めましょう。

「イケメン」

女子大生が一番付き合いたいと思うような男性といえば「イケメン」の一言に限ります。自身もバイトや仕送りで生計を立てる立場ですから、それほど交際相手の収入にはこだわらないのが女子大生ですが、その分交際相手の外見にはこだわります。

年齢的に、恋愛経験がそれほど多くなく、どうしても中身よりも外見に惹かれがち。それに可愛い女子大生は言うまでもなくモテますから、イケメンに言い寄られることもあるでしょう。そうしてホイホイダメなイケメンに着いていっては痛い目を見る、という案件もゴロゴロあります。

そうして失敗を重ねていって「顔だけの男はだめだ」と気がつくものですが、それでもイケメンの顔面から発せられるやんごとなき光線から逃れられないのが女性のサガです。いくつになろうがイケメンビームには敵いません。

もはや、「こんなにダメな人間だけど顔が良いからいいか…」と許されてしまうくらいにはイケメンは凶器になります。男性が、女性と付き合うならロリ巨乳がいい、とワガママを垂れるのと同じように、女性もイケメン細マッチョがいい、と思っているのです。

よって、女子大生と付き合えるのはどんな男性か、といった時に0.01秒で出せる答えというのが「イケメン」となります。顔がよくなければ年上男性は諦めましょう。

イケメンは「作れる」のか

昔、「可愛いは作れる!」という文句がCMで放送されて流行りましたが、実際に女性が自分磨きをすると格段に可愛らしくなるので、あながちこれは真実なのです。

女性は「メイク」という、突き詰めると狂気ともいえるほどの変身術を身につけていますから、メスを入れずともその日限りの整形を自身の顔面に施すのも朝飯前なのです。(朝飯を食べるよりはメイク時間が長くなることもあるが)

それに対して、男性は多くの場合メイクアップという変身の術を使わないですし、「イケメンを作る」ことに関しては女性よりも手段が劣るところがあります。

男性も、肌活をして美肌になることでイケメン度は格段に上がるのですが、「着の身着のままが男の世界ではカッコいい」という風潮からか、スキンケアをしたり化粧をする男性はあまりいません。

しかし、生まれ持って恵まれた顔面出ない限り、着の身着のままでイケメンになれることは絶対の絶対、確実に、天地がひっくり返ろうと、間違いなくあり得ません。寝起きから15分足らずで支度をし出勤する男性は、全身から美しすぎるイケメンビオーラを発し、道行く女性をときめきゆえに心停止させるほどの恵まれた顔面ではない限りは女子大生にはモテないと考えましょう。

そこで、どのようにしたら今よりもイケメンに近づけるのか、という「男磨き」をする時間です。男磨きとしてどのようなことができるのかというと、

  • 毎日1回以上のシャワー、入浴やデオドラント対策
  • 1日2回以上の歯磨き、定期的な歯科検診
  • カミソリ負けをしない髭剃り(場合によっては脱毛)
  • スキンケア
  • 最低2ヶ月に一度は美容室に行く
  • ファッション研究
  • コミュ力を身につける

など。デオドランドや口臭ケアといった清潔感の維持はうら若き女子大生にモテるには欠かせない要素であり、イケメンだとしてもこの部分をおろそかにしているとイケメンビームも発射されません。むしろ蜘蛛の子を散らすように逃げ出すでしょう。男の体臭はナメてはいけません。普段「臭いな」と思っている他のおじさんの体臭がもしかしたら自分から発せられているかもと考えつつ気を引き締めて取り組みましょう。

また、髭剃りの方法やスキンケアも気をつけましょう。若い女の子は意外と男性の肌に注目しています。女性だって若々しくピチピチの肌が好きですから、女子大生にモテたい時はメンズスキンケアを頑張りましょう。

そして美容院に行き髪型を自分に似合うカッコいいものに維持することと、ファッションを研究することも大切です。男性のファッションはそれほどこだわる必要はなく、Tシャツジーパン、スニーカーで十分なのですが、その素材にはこだわりましょう。迷った時はユニクロです。

最後に、女子大生と関わるのにコミュ力は大事です。おじさんジョークで滑るのも避けたいですし、無理をして若者言葉に合わせても痛々しくなってしまいます。

どのように女子大生とコミュニケーションを取るのが正解かというと、例の「さしすせそ」を期待しないことです。「さすが、しらなかった、すごい!」などといった、男性の自慢話を褒め称えていい気分にして食事を奢らせるといった、女子特有のテクニックですが、それを言っている側も疲れるのでお互いにメリットがあまりないのです。

ウンチクを披露したり、自慢話をするなどではなく、基本的に相手の話を聞くスタンスでいましょう。相手の話を上手に引き出せるのがコミュニケーション能力というものです。

こうして自分磨きをすることで、女子大生にモテるだけではなく人としても魅力が出てきます。内面がついて来なければあまり意味がないですが、自分でできる努力は最大限実行して、今日より明日の自分がイケメンとなりましょう。

定職のある大人

女子大生と付き合うには、社会人として安定した職に就き、仕事のできる男としてかっこいいところを見せましょう。仕事を上手くこなせる大人というものは、年下女子から見ると非常にかっこいいものです。あらゆるシーンの中で、仕事中の男性が一番かっこいいのではないかと思います。

それは女子大生に限らず全ての女性が、社会人と付き合うなら最低でも何か仕事を持っている人に限ります。女子大生は収入に頓着しないと思われがちですが、たとえそうだとしてもイケメンに限ります。

女子大生くらいになると、無職のバンドマンや作家と付き合うことの虚しさを心得てきますし、そもそも「無職の大人」というワードから発せられる恐怖感は誰にでも感じられると思います。無職であることをカバーできるのはイケメン俳優ばりの美しい男にしかできません。それに、美しさがあればとりあえず就職にも有利であることは確かです。

同じ大学生があまりお金を稼げないのは当たり前ですが、女子大生が社会人と付き合う、ということを意識した時、無職は絶対に避けます。無職やフリーターのバンドマンやアーティストや舞台俳優と付き合うことはあっても、それはイケメンだからです。

仕事を一生懸命しましょう。女子大生にモテたかったらまずは自分の生活を充実させてからです。

女子大生が喜ぶプレゼントとは

女子大生と付き合ったら、どんなプレゼントを渡すと喜ばれるのでしょうか。社会人なら、それなりのものをあげないとダメでしょうか。それとも、バイトでお小遣いを稼ぐ相手に引け目を感じさせないように、それほど高価なものをあげないほうがいいでしょうか。

正解は、お互いの関係性に依存します。よく、自分が付き合っているつもりでも相手にとってはそうではなかった、という状況を目にしますが、そのように絆のない相手にプレゼントをする場合は、心のこもったプレゼントというのはかえって迷惑になります。

「自分たちは付き合ってるんだよね?」と聞いた時に「付き合ってないよ」「違うよ」という答えが返ってくるのは照れ隠しなどではなく、本心なので、曲がった解釈はしないようにしましょう。

もし、バーやスナックなどで働いている女子大生にプレゼントをあげたい場合は、何万円もするような高価すぎるものをあげても困ると思うので、予算としては高くても3万円以下にしましょう。いくら貢いでも付き合ってくれる可能性は低いですから、ほんの気持ち程度のものがお互いにとって居心地のいいやりとりとなりそうです。

また、付き合っていない相手へのプレゼントなら食べ物やお酒など、消費するものもおすすめです。手元に残るものは「重たい」贈り物となりうるので、ちょっと良いワインやフルーツなどがちょうどいいでしょう。最悪の場合、高級なアクセサリーやバッグなどを贈っても売り払われてしまうかも。

付き合っている女子大生へのプレゼントなら、なにか社会人として、同じ大学生には手に入れることのできなさそうな良いものをあげたいところです。もしくは、お金で価値を測れないプレゼントを用意すること。

正直なところ、社会人と付き合っている女子大生は、誕生日などのプレゼントにはちょっと高価なものを期待していたりします。自分では普段手が届かないくらいの値段のアクセサリーなどがいいでしょう。安くても1万円前後のものがおすすめです。

ほかには、女子大生が自分のお財布では行けないようなちょっと良いレストランに連れて行ってあげるなど、「大人の体験」をさせてあげると喜びます。

付き合っている女子大生にプレゼントに何をあげたらいいかわからないときは、とにかくアクセサリーが無難です。アクセサリーの趣味に迷ったら、とにかくシンプルなものにしましょう。もしくは、売り場の人が若いお店、彼女と同じくらいの年代の人がいるお店を選んでください。

女子大生はどんなところにいる?

街

女子大生はどんなところに行けば出会えるでしょうか。

まずは、大学の近くの駅周辺や学生通りにいるのは明らかです。大学近くの居酒屋には確実にいますし、バーやスナックでバイトをしている女子大生とはその店で飲み食いさえすれば話をすることができます。また、クラブやイベントもその場所やコンセプトによっては女子大生の人口も多いものがありそうです。

しかし可愛い女子大生のバーテンなどは言わずもがなお客さんにモテモテなので、付き合える可能性はほとんどありません。お店で出会った人とはプライベートで出かけないというルールを持っている人も多いので、お店にいる女の子とはお店の中でだけ会うことができると考えましょう。

そして、ひと昔前に話題になった「パパ活」では女子大生も多く活動していることが分かっています。学費を貯めるため、もしくはお小遣いのために「支援者」とデートする、というものですが、ほとんど援助交際のようなシステムで、その支援者である「パパ」は支援をする相手に対し肉体関係を期待していることがほとんど。そして、パパ活をする女子はそのことをわかってやっています。

ただ、わかってやっているとはいえ身体を許すという意味ではなく、その「パパ」の欲望を利用してお金を引き出そうと考えるのみです。しかし、パパ活をやる女子大生もそのパパになる人も他人から見るとあきれ返るような愚かなことをやっているのは明らかです。

しかし、マッチングアプリならどうでしょうか。20代前後の女性とも知り合う機会はネット上ならより多いはずです。

どこで出会う女子大生とも、自分の年が離れているほど「ジェネレーションギャップ」というものがあり、年の差で付き合うと必ずそれが壁になります。その壁とは、若くて可愛い女性に対して鼻の下を伸ばす気持ちで乗り越えられるものではないので、相手を「女子大生」という肩書きではなくひとりの人間相手として正常に判断する頭が必要です。

目の前の「女子大生」という肩書の女性が、何もできない状態で生まれて、幸せになってほしいと願われながら家族に愛されて育ち、誠実な恋人に愛される価値のある女性だということを理解し、性的な目で見たり傷つけるような考えは持たないようにしましょう。

では、男としての自尊心を持ちながら、女子大生との出会いがどこにあるのかをより掘り下げて考えてみましょう。

もちろん大学の近くで

女子大生がどこにいるのかといえば、もちろん大学に。そしてその周辺エリアです。

大学によっては山の中にあったり、アクセスの悪いところにあることが多いですが、そこに女子大生目当てに来る人がいるとしたら変質者などの犯罪者くらいですから、山奥などひとけのない場所にある大学に女子大生との出会いを求めに行くのはやめましょう。

目指すべきは、都市部の大学の近辺です。大学の近隣エリアには大学生が多く住んでいますから、近隣のエリアの街コンなどで女子大生とより出会える確率は上がりそうです。

また、公立図書館にも女子大生の姿はあるかと思いますが、図書館でナンパはおろか人に声をかけるのも基本的にはNGです。

しかし、居酒屋や相席居酒屋は望みがあります。大学がある駅ではなくてもその沿線の、安くて美味しい料理とお酒を楽しめるお店には女子大生も集まりますし、意外と居酒屋に一人で通うお酒好きの女子は多いものです。

カウンター席があるお店なら特に、居酒屋でも初対面の人ともコミュニケーションが取りやすいのでおすすめです。お酒を飲む席では見知らぬ人とも気さくに話をしたり、一緒に飲んだりなどするシチュエーションもあり得るので、大学の近くの居酒屋で飲むならば女子大生との出会いの期待度も高いかもしれません。

ただ、目的もなく女子大生との出会いのためだけに大学近辺をうろつくのはあまり褒められた行動ではありませんね。しかし、相席屋ならどうでしょうか。

お金のない女子大生は、食費を浮かせるために相席屋に行くということも珍しいことではないでしょう。相席屋は女性が無料で飲み食いできるサービスしてなので、もし相席屋で女子大生と相席したらご飯をご馳走してあげましょう。

学生通りの人気のお店

「大学の近辺」には女子大生がもちろんいるものですが、そのなかでも「学生通り」には、リーズナブルな居酒屋や定食屋が集うため、予算が少なくてもお腹いっぱい飲み食いができ、大学生が多く集まる場所になります。

また、たとえば新宿区早稲田は「学生通り」どころか「学生街」とまで呼ばれるように、広い規模で学生に向けた経済的なお店が揃います。そういった大規模な学生の居場所には、当たり前のように女子大生も通うものです。

そして、リーズナブルなお店には日頃外食がメインの大人も集うもの。よって、学生通りや学生街のお店は、学生と大人が自然に交流の生まれる地域でもあるといえるでしょう。

学生の多く集まる地域でも人気のお店は、チェーン店の居酒屋などが主になってくるかもしれませんが、中には数十年と経営を続ける老舗の定食屋や居酒屋もあり、そのようなお店は学生が一人で飲みに来ることも多いです。

ただ、一人で飲みに行くような女子大生は、逆にナンパを待っているというよりはただ一人で飲み食いしたいから、という場合のほうがあり得るので、居酒屋などで女子大生に話しかけるのなら、相手が二人連れ以上の時にしましょう。

バーやスナックでバイトしている

大学の近辺、学生通りや学生街では、女子大生も日々の生活や学費、お小遣いのためにバイトをしています。

バイトをしている、つまり店員やバーテンといった立場の女子大生には、ナンパとして話しかけるよりも「客と店員」という立場を利用して話しかけやすい点はあります。仕事中にナンパをされるのは迷惑でしかないのでしてはいけませんが、世間話をしたり、お酒に付き合ってもらうくらいなら一番早い方法ではないかと思います。

バーテンダーとして働いている女子大生なら、カウンター越しに一緒にお酒を嗜むことができます。ガールズバーなどでもよく女子大生が働いていますから、「付き合うとかはいいから、話をしてみたい」という人におすすめ。

バーなどで働いている女子大生と長話をするなら、お酒を奢りましょう。バーで働く女子大生は大抵お酒好きなので、奢ると喜ばれます。

バーで働いている女性は、女子大生に関わらず、来ているお客さんと交際することなどはほぼありえないことだと思っていいですが、若い女の子と健全に話をするには、バーに行くのは一番早い方法です。

また、女子大生のバーテンの場合は、その友達も多くそのお店に集まることがあるので、バーテンの女の子交えてその友達とカウンターで飲みながら話をするのもいいでしょう。

人気のバーテンの女の子は色々なお客さんからアプローチを受けますが、ほとんどの場合は彼氏持ちです。また、万が一バーで働く女の子やその友達がストーカー被害やセクハラ被害などを受けた場合は、バーのオーナーやその他関係者にどのような制裁が下されるかは未知数です。もう二度とそのバーに行けなくなることは確かなので、バーにいるの女の子にはちょっかいをかけないようにしましょう。

パパ活をする女子大生はいるのか

自分の娘ほどの年の差の女子大生と正々堂々と付き合える望みのない、いわゆる「おじさん」になると、どうしても女子大生と交際したければ、お金を貢がなければいけません。

いわゆる「パパ活」という形になります。「パパ活」の「パパ」とは、「夢に向かって頑張る女性(主に学生)を経済的に支援するあしながおじさん的存在」であり、その「パパ」に経済的支援をしてもらおうとする活動が「パパ活」というものになります。

しかし、現実的には「パパ活」というワードはもはや「援助交際」をソフトにした単語であるとしか認識されていません。なぜかというと、「パパ活」で支援する側の男性は、ほとんどの場合相手の女性に肉体関係を求めますし、高額の報酬を期待する「パパ活女子」もその期待に応じることもあるのです。「パパ活」という語がソフト響きであることがよりおぞましい感じがします。

はっきりといって、「パパ活をする女子大生」というのはあまり真面目に将来を見据えている人物ではないと思います。ようするに「パパ活」とは「フリーランス風俗業」と言えますし、悪い人に騙されたりなど、危険な目にあったとしても自分を守ってくれるのは自分だけなのです。バックアップのあるキャバクラやホステスに勤める方がまだ現実的だといえます。

また、就職先によってはパパ活も含め、風俗業やそれに準ずる活動をしていることや、援助交際の補導歴などがバレた場合には不利になることもありますから、イケてる大人としてはたとえ可愛い女子大生にパパ活を持ちかけられても、「自分を売るような真似はしないように」とかっこよく諭したいところです。

金の切れ目が縁の切れ目

たとえパパ活で女子大生とかりそめの交際をしたとして、金払いが悪いと感じられたら相手のパパ活女子もすぐほかのおじさんに乗り換えるでしょう。好きだから交際しているのではなく、お金をくれるから交際しているのであり、そこに愛情はありません。演技です。

女性は、たとえ女子大生だろうがある意味、男性にとっては悪魔です。面の顔と裏の顔が必ずあり、仕事の雇い主でもパパ活のパパでも「支払いの多さが絆の強さ」です。

そもそもお金をあげなくても付き合えるような相手ならパパ活とは無縁ですね。しかしパパ活をしてでも女子大生と交際したければ、自分の貯金のことはしっかり顧みてください。

30代までなら女子大生と交際するにあたってお金を稼ぐような必要はありませんし、そもそもパパ活をしている女子大生というのは総数としてそれほど多くありません。「お金をあげるからデートしてほしい」と持ちかければ高確率で「キモい、無理」と言われSNSで晒されるのがオチです。

パパ活をする女子大生と出会うにはネットを駆使した方が早いですが、そこまでして大金を払ってまで無理やり交際する価値が女子大生にあるのかどうかは疑問です。しかし、マッチングアプリなどでパパ活などではない健全な出会いが期待できそうです。

マッチングアプリなどネット上の出会い

いま、どんな年齢でもどんな地域でも、色々な「出会い」をオンラインで仲介してくれるマッチングアプリ。女子大生は年上好きの人も多くいますから、20代後半までは女子大生との出会いも期待大です。

女子大生で婚活している人はほぼいないといっても過言ではありませんから、女子大生との出会いを求めて登録するなら「恋活マッチング」のサービスがいいでしょう。アプリは比較的健全な出会いを求める女性が多いですが、体だけの関係ならアダルトコンテンツのある出会い系サイトに登録している女子大生を探しましょう。

ネット上のマッチングサービスを利用するときのコツですが、一番避けたいのが「サクラ」や業者に引っかかること。「サクラ」というのは、そのサービスに雇われた女性であり、付き合える見込みがないのに男性ユーザーに対して思わせぶりな行動をし、課金を促すという存在のこと。「業者」はそのサービスの外部の存在であり、他風俗サイトなどに誘導する悪質ユーザーのことです。

よく、マッチングアプリのレビューで「サクラに騙された。二度と使わない」といった不満を見ることがありますが、実際のところは上場企業の運営するマッチングアプリはサクラを雇いません。サクラなどの女性スタッフを雇うのはポイント制の出会い系サイトくらいです。

上場企業の運営においてサクラを雇うといったような、利用者の信頼を失うようなサービスをすると、株価に影響しますし、月額制のマッチングアプリではポイント課金を促すような桜を雇うメリットはないのです。

ただ、ほとんどの恋活マッチングアプリの利用料は男性のみ有料、女性が無料のシステム。そのために女性が軽い気持ちで登録しやすく出会いに対して真面目に考えていないため、せっかくマッチングしてやりとりしていたのに急に連絡が途切れたりすることがあります。

もしくは、自分のほかにもっと良い相手が見つかったというケース。マッチングアプリでは女性は男性のアプローチをたくさん受けるので、最終的にはたくさんマッチングした中から「一番いい男」を選びます。連絡が途絶えるのは、相手の女性がアプリに飽きたか、自分が「選考漏れ」になったかのどちらかだと思われます。

これが、一般の女性会員でも「サクラ」のように見えてしまう理由ですが、女子大生となるとマッチングアプリの出会いの中でも「遊び相手の女子」として競争率が高いですから、よりサクラや詐欺のように思える相手も多いでしょう。

しかし、マッチングアプリは接点のない相手との出会いを期待できるので、女子大生と社会人との出合いも実際によくあるケースです。使い方に気をつければ、交際相手も見つかるでしょう。

マッチングアプリの効率的な使い方やおすすめのマッチングサービスについてより詳しいことは、以下の記事を参考にしてみてください。

【2019年最新版】出会い系サイト完全比較!本当に出会えるおすすめのマッチングアプリランキング

2019.06.19

「メシモク」でも許せる人向け

女子大生は、どういう目的でマッチングサービスに登録するのでしょうか。

1つは、真面目に恋人が欲しいから。年上好きなど、大学に気になる人や好きな人がいない場合には、学校の外に出会いを求めるものですが、恋愛対象がバイト先にもサークル活動でも見つからない時には、マッチングサービスを利用するのもあるでしょう。

もう1つは、暇つぶしのため。特に今すぐ彼氏が欲しいというわけでもないけど、毎日学校とバイトや自宅との往復で退屈している女子大生は、暇つぶしのためにマッチングサービスを使うことがあります。

これらの2つの理由の時は、女子大生はマッチングサービスの中でも「恋活アプリ」を使います。女性は無料で使えますし、アプリのデザインも可愛いくて使いやすく、スマホを使っていつでもどこでも気軽に利用できるからです。

もしくは、「一晩遊ぶため」にマッチングを探すという人も稀にいます。遊び相手になる女子大生を探す時には、比較的真面目に恋愛の相手を探すために登録する人の多いマッチングアプリよりも、出会い系サイトにアダルト系の需要があるのでそちらがおすすめです。

しかし、マッチングアプリで真面目な出会いを探している女子大生だとしても、その子にとって自分が「いざ実際会ってみたら思ってたのと違う」というシチュエーションだった場合、そのデートは「逃げるのも失礼だしご飯くらい楽しく食べて帰ろう」という「接待」のような気持ちに変わります。

そのようなシチュエーションの場合、食事が割り勘だとおそらく露骨に不満な表情を見せるのではないでしょうか。「初デートでは相手の気持ちを試すためにワリカンにする」という男性の意見を聞いたことがありますが、そうしたやり方でモテている人も、彼女が出来た人も見たことがありません。

女子大生というのはモテるので、アプリで出会ったデート相手がたとえ期待通りじゃなくても、ほかにも候補が沢山います。その沢山の候補の中で勝ち残るのは、よりイケメンであること、大人の余裕を見せつけられる人です。

女子大生にいいところを見せようと思ったら、奢りましょう。どんな自分なりの哲学があろうと学生に対してケチなおじさんはかっこ悪いと思われてしまうのが関の山なので、気に入った女の子には食事くらい奢ってあげましょう。

そして、「食事を奢ってあげたからエロいことができる」という理屈も通らないので、性欲を持て余しているときは風俗に行きましょう。もしくは、普通に同年代の女性と交際することを目標とした方が健全です。

年上男性が女子大生を落とす方法とは?

壁ドンに訝しげな女子

女子大生にとって、働く男性は憧れの対象になります。イケてるスーツをビシッと着こなして立派に仕事している大人はかっこいいものです。

たとえスーツを仕事着にしない人でも、自立した男性はかっこいいです。女子大生は社会人経験がない分、より社会人男性に憧れを持ちます。自分の父親ほど年の離れた男性に恋をするようなことは普通はないと断言できますが、最高でも30代半ばくらいの年上男性は、年上好きの大学生女子にとっては好みの範疇です。

どうしたら、うら若き女子大生を恋に落として交際することができるでしょうか。それにはひとまず、憧れられるべき「大人の男」としての魅力を見せつけるに限ります。まずはありのままの自分を見せるのではなく、かっこつけましょう。

「大人の男の余裕」というと、どんなものでしょうか。目に見える形の「余裕」となると「お金」ですが、それ以外の精神的な面の余裕となるとどんな部分に現れるでしょうか。「精神的な余裕」というと、落ち着きある態度や、恋愛における余裕、私生活の充実、などが考えられますが、具体的にどんな状況でそういった余裕を示せるでしょうか。

それらの中でも、恋愛における余裕については、女子大生との交際を望むにあたってまずはじめにクリアしておきたい部分でもあります。女子大生はモテますし、ライバルが大勢いると思っていいものですが、そこできつい束縛やしつこいLINEなどをするのは大人の男としては余裕がなくてかっこ悪いといえます。

そうして大人の余裕の部分で気をつけた上で、大人の男性として女子大生の彼女にとってのメリットとなることをしてあげることで、最大のライバルとなり得る同級生の男子と差をつけましょう。20代の男子よりも恋愛経験豊富なところを見せつけ、かっこいい大人の男として女子大生を惚れさせましょう。

では、これらの「大人の余裕」というものについて、詳しく紐解いていきます。

大人の余裕を持つ

「大人の余裕」とは一体なんでしょうか。そういわれてパッと思いつく言葉といえば、「焦らない」「騒がない」「落ち着いている」といった印象にまつわるものになると思います。

「何があっても焦らず騒がず、落ち着いていられる」ということは、「何があっても解決できる力がある」ということ。ただなんの根拠もなしに楽観的でいるのとは少し違います。要するに、「頼りになる人」といういことです。

何か問題が起きても解決をする力の源といえば、「経済力」と「知識」です。お金があって頭のいい男がモテる、というのはいうまでもないことですが、女子大生から見た「かっこいい大人の男」というと、その2つを併せ持った男性なのではないでしょうか。

よって、精神的な余裕を持つには「お金と経験」が必要です。お金は不労所得などではなく、自分が働いて得たお金に限ります。また、人生経験を多く積むことで知識を得られますが、中でも恋愛経験は女子大生に憧れる大人としては必須になってきます。

女子大生からすると、結婚や真剣交際を除くと、恋愛経験のない大人より経験豊富な大人と遊びたがるのではなでしょうか。もちろん既婚者は対象外ですが、せっかく年上と付き合うのだったら自分よりも色々と場数を踏んでいる人のほうに憧れるのではないかと思います。

また、恋愛における「余裕」というと、「待つことができる」こと、ともいえます。相手から連絡がないからといってLINEを連投したり電話をしつこくかけたり、学校に押しかけたりなど、あまりガツガツと相手を追いかけるような行動は控えましょう。年下の女性相手に恋愛をするときは、「待っているから、おいで」というスタンスが必要です。

年下の女子大生という存在には、あまり大人気ないところは見せたくないものですね。とにかく、女子大生と付き合いたければ、自分からがっつかず「待つ」という姿勢でいましょう。

経済的な余裕を見せつける

女子大生と交際したい、と思ったら、「ケチ」はNGです。少なくとも、付き合う前のデートをしている時くらいはデート代を奢りましょう。

憧れの大人の男性から「俺お金ないんだよね」というセリフを聞いたら、女子大生はがっかりします。「そっかぁ、大変ですね、恋愛よりお仕事がんばってください」と思うかもしれません。

そういった女子大生にとってガッカリするシーンといえば、年上の男性と食事などデートに行った時にワリカンを提案された時です。同級生の男子とのデートならワリカンでも問題は感じませんが、毎日学業に励み、収入源がバイトの給料や奨学金である女子大生と、毎日仕事をして給料をもらい自立して生計を立てている社会人とは明らかに収入の差があるので、女子大生と付き合うのならデート代のおごりは覚悟するべきです。

ただ、なにもかも奢るというのもおかしいので、食事代は2割ほど負担してもらう、もしくはどこか喫茶店でコーヒーを奢ってもらうなど、何かしらの形でご馳走してもらいましょう。

そうして「なにもかもを奢らず、できる範囲で負担してもらう」というのは、カップルの対等な関係のためにも重要なものです。年の差恋愛というのは恋人間で上下関係を生じさせやすく、年下の方が居心地の悪さや引け目を感じることがあります。

そのため、デート代はお互いの経済格差に合わせて割合を決めるといいでしょう。初デートの時や、誕生日やなにか記念日の時などには奢ってあげるとしても、付き合ってからもずっと奢らないように。彼女の経済的な自立を後押ししましょう。

逆にチヤホヤしない

女子大生を落とす方法として、「押してダメなら引いてみろ」作戦を使いましょう。

大人より無知であどけなさを残しつつ、でも子供ではなく、大人の色気も持ち合わせ始め、大人との交際も違法ではない女子大生というのは、女性の人生の中でもモテる時代であり、彼氏候補が沢山います。

それも自分磨きをしている子に限定しますが、自分が魅力的であることをわかっているので、褒め言葉を投げかけてもそれほど響かないこともありそうです。もはや「可愛いね」「彼氏いるの?」などといった男性のナンパなセリフは聴き慣れているでしょう。

だからこそ、女子大生を落とそうとして褒め言葉から取り掛かっても、没個性的なアプローチになりかねません。特に外見の可愛い、綺麗な相手に対してはそうです。自分に自信があれは、がっついてちやほやするよりは「追いかけさせる」という姿勢がおすすめです。

相手に対して「可愛い」「綺麗」という褒め言葉を使ってはいけないということではなく、むしろ最初はそうして「あなたは私のタイプです」ということを伝えないといけません。ただ、そうして褒め称え続けるよりは、多少突き放すタイミングが必要だということです

相手もこちらのことを気にかけていることもなしに突き放しては、ただ単にその時点で関係を終わらせるだけですから、ある程度交友関係が出来てからにします。一緒に飲みに行くような仲になって、「また飲みに行こうね」「ぜひいきましょう!」「連絡するね」とやりとりするくらいにはまずは仲良くなりましょう。

そして、それなりに連絡をしつつ、相手が自分の連絡を待っている時に急に連絡を途絶えさせるなどと、緩急をつけましょう。女性はLINEの連絡に依存する傾向があり、若年層ほどその傾向も強まると考えられますから、LINEを駆使して揺さぶるのは有効です。

追いかけさせる姿勢で

恋愛において、男女どちらがアドバンテージをとるか、というのは様々な要因がありますが、どちらの「好き」の比重が重いか、つまり「どちらが追いかけるか」という部分に依存します。

恋愛を勝ち負けで表すとすると、「追いかけたほう」が負けです。そして、落ち着きのある大人としては是非ともその恋愛ゲームでは勝ちたいところ。

若い子相手に翻弄させられるラブコメは面白いですが、当事者としてはキツイものがあると思います。「あの人、JDにぞっこんで振り回されてるらしいよ」という恥ずかしい噂も立ちかねません。

女子大生にアプローチをする際に「追いかけさせる姿勢」でいることのメリットは2つあり、ひとつは上記のように「大人の余裕として、恋愛のアドバンテージを持つこと」です。

そしてもう一つは、万が一相手の子が自分に好意があると思い込んで、勘違いをしてアプローチをし続けるという「セクハラ」をすることを防げることです。

5歳以上歳の離れた男性が女子大生に執着するという構図はあまりよろしくないですし、そもそも仕事も恋愛も本番ではない年頃の相手にそれほど入れ込むのは得策ではなく、たとえ付き合えたとしても遊びのような関係になってしまうこともあり得るので、女子大生との恋愛には初めからあまり期待しない方がいいこともあります。

ひとまずはLINEを交換するところまで頑張ったら、1日1通以上のやり取りを目標にします。そうして相手から積極的に連絡が来るようになってから、3日ほど「仕事が忙しい」を言い訳に放置しましょう。

もし、そうして間をあけて連絡してみて、返事がすぐに返ってくれば相手は「脈あり」です。そこで連絡が途切れてしまえば反対に「脈なし」なので、それ以上追いかけない方がいいでしょう。

学生にはできない体験をさせてあげる

女子大生が、社会人と交際することのメリットといったら、「学生同士のデートでは行けないところに行ける」ということ。安居酒屋のデートもいいですが、せっかくなのでちょっといいお店に連れて行ってあげましょう。

学生の彼氏にはできないことをするのです。大学生の経済力では入れないようなお店やデートスポットに行きましょう。

たとえば、オーセンティックバーに連れて行ってあげるなど。お酒を覚えたての女子大生にとっては未知の世界です。バーテンダーがシェイカーを振ってお酒を作ってくれるお店は憧れなのではないかと思います。

中でもあまりかしこまりすぎたお店よりは、カジュアル目のほうが緊張しすぎないで済むでしょう。また、お酒の弱い相手にはマティーニやコスモポリタンのようなショートカクテルは進めないように。クラフトジンのトニック割なんかがあれば、居酒屋では飲めない美味しいお酒の味をほどほどのアルコール度数で楽しめるのでおすすめです。

もしくは、ドライブデートもいいでしょう。デートでどこに行くか迷ったら、思いついたその時に自分の車かレンタカーを借りて少し遠出するのもいいでしょう。夜景を見にドライブをしたり、少し遠くの評判のレストランに行くなど、学生だけでは楽しめないデートになりそうです。

ただ、車内とは密室なので、これまですでに何度かデートをしたなど、ある程度信頼を得ている相手にしましょう。そして、女子大生だとまだ「助手席の心得」というものがあまりないので、目的地までの道のりをナビで設定して欲しい、駐車するときに補助して欲しい、など、どんな時にどうして欲しいかはしっかり言葉で伝えてください。

レディーファースト、エスコート

大人にしかできないことといえば、「女性の扱い」というものもあります。レディーファースト精神を身につけ好きな相手をうまくエスコートし、男子学生と差をつけましょう。

「レディーファースト」という精神はあまり日本に根付いておらず、大人の男性も年齢にかかわらず女性が喜ぶ扱いをわかっていない人が多いように感じます。その反面、女性は優しく女性扱いをしてくれる外国人に弱い傾向にあり、同時に日本人男性でも女性が喜ぶことをわかって行動できる人はモテます。

たとえば、女性と歩く時は自分が車道側を歩く、女性が重たい荷物を持っていたら自分が持ってあげる、寒そうなときはジャケットを貸してあげる、食事の店に入ったときはソファー席を譲る、ドアを開けてあげる、など。これらのような些細な気遣いが女性の心には刺さります。こういうことがサラッとできれば、やらないよりはずっと女性にモテると思います。

これには「男たるもの」という自覚が必要になってきそうです。男性は普通、女性よりも体が大きく丈夫なので、自分よりも力の弱い女性のことは守ってあげるべき存在であると考えましょう。女性は男性よりも力が弱いから男よりも下等な生き物だという誤った考え方は女性差別なのでNGです。レディーファーストのできるモテ男になるためには、女性は守るべきもの、と把握してください。

そうして「レディー」扱いを受けるという経験はおそらく女子大生にはあまりないのではないか、と思います。そこで大人の男性にハンサムなエスコートを受ければ必ずキュンとくるはず。レディーファーストが出来るようになりほかの男性と差をつけ、女子大生との交際の可能性を広げてみましょう。

肩書きにこだわらず自分を好きになってくれた人を愛そう

20代そこそこの女性というのは女子大生に関わらず、専門学校生やフリーターの女性もいるでしょう。「女子大生」という肩書きに執着するのはよくわからないこだわりです。

多くのうまくいっている歳の差カップルは「偶然好きになった人が歳が離れていた」というシチュエーションの元で交際をしたり結婚をするなど、年上を狙って付き合おう、年下を狙って付き合おうとして探し出したわけではないことがほとんどです。

ですから本来は、「女子大生と付き合おう」といって肩書き目当てに相手を探したりはしないでしょう。女性が「医者と結婚したい」といってハードルの高い婚活をするのとあまり程度が変わりません。

そのため、付き合う相手はあまり年齢や肩書きこだわらず、フィーリングで判断しましょう。会って話しをしてみて、居心地のいい相手とまず友達から始めましょう。そうして、友達から始めることで、もし恋愛としてうまくいかなかったとしても、友達として信頼されれば一緒に合コンを開いたり、女友達を紹介してもらえる可能性だってあります。

恋愛も「人脈」が肝心ですから、そのようにして人間関係の輪を広げていけば彼女ができるのだってそう難しいことではないと思います。交友関係が広いということは、信頼に足る人物であるというひとつの証明にもなります。

そして、「女子大生と出会いたい」と言っている男性はあまりいい印象がないので、その願望は口に出さない方がいいでしょう。女子高生よりはマシですが、それでも10歳以上歳の離れた女性と交際をしたいと考えるのはNGです。普通は同年代の相手との恋愛ができるようになりましょう。

それに、女子大生と付き合うのメリットがどれだけあるのかといえば、「若い」以外にほとんどないのでは、と思います。働いてて収入のある女性のほうがデートが充実しますし、恋愛経験を積んでいる人の方がスムーズに関係を保つことができるでしょう。

年相応の恋愛をしましょう。同じ世代の相手と付き合うことが一番です。対等ではない恋愛というのはどこかで関係が歪みます。女子大生と付き合うなら、精神年齢のそれなりに達観した人でなければ大人の男性とはあまりうまくいきません。それに男女ともただ年齢を重ねれば成長するわけでもありませんから、恋愛では常に学びが必要です。

どんな肩書きの相手でも、相手の所属などではなくその人自身のことを判断して恋愛をしましょう。遊びの関係だったとしてもベッドインするまでにはデートは必須です。大人の男として女子大生をリードできるよう、クールに恋愛に励みましょう。

Pairs Zexy縁結びエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中条

Lovatomyの記事を読んでいただき嬉しく思います。執筆を担当しております中条です。外見を盛りに盛って中の上くらいのレベルと覚えてください。悲惨な恋愛から幸せな恋愛までおもしろおかしく経験してきました。愛はギブアンドテイク。女よ強くあれ。よろしくお願いいたします。