【キュンキュンさせる】彼氏に可愛いと思われる女の甘え方を徹底解説!

【キュンキュンさせる】彼氏に可愛いと思われる女の甘え方を徹底解説!

大好きな彼氏に甘えたい!でもどうやって甘えたらいいのかわからない。そもそも「甘える」ってどういうこと?

たとえば「もっと甘えてよ」と言われたときに、具体的にどんなことが「甘える」ということになるのでしょう。スキンシップを取ることなのか、なにかを頼ることなのか。

ご馳走してもらうなど、金銭的に甘えることもその彼の「甘えてよ」の欲求に含まれるのでしょうか?

また、実際は気になる彼へのアピールは、たとえ晴れて付き合えたとしても終わりません。彼にとっても周りの人にとっても、いつまでも魅力的な彼女でいたいところです。

自分だけを見てもらうために、もっと好きになってもらうために、上手に甘えてかわいいところを見せ、彼氏をメロメロにさせてしまいたいですよね。それに、男性をきゅんとさせる甘え方を知っていれば、女子として怖いものなしです。

それでは、彼氏のタイプ別、デート中や電話にLINEなどさまざまなシーン別に、「彼女から彼氏に甘える方法」を徹底的に解説していきましょう。

そもそも「甘える」って何?

ハートを隠す彼女

根本的に、「甘える」とはどんな行動を指すのでしょうか。

彼氏に「もっと甘えてよ」と言われたって、どんなことが甘えにあたるのかわかりませんよね。なにかを手伝ってもらうことなのか、金銭的に甘えることなのか、それともスキンシップを取ることなのか。彼氏の心理とは一体なんでしょう?

でも、思い切って甘えてみたときに彼に「きもっ」とか思われないか心配で行動できない…という悩める女性も中にはいるかもしれません。

そして、人によっては「甘えられない女」という生き物がどうやったら恋愛を上手く運ぶことができるんだろう?という疑問もあるでしょう。

そもそもの「甘えとは何か」という入り口を、まずは紐解いていきましょう。

「甘える」とは「お願い」すること!

まず、「甘えんぼうの子供」という人格を想像してみましょう。

親に甘える子供の様子を想像すると、「抱っこして」「本読んで」「これ買って」「もう歩けない」「手繋いで」などのワードが出てきます。

そして、実は基本的には大人になってから恋人に甘える時も、これらと同じなのです。

「キスして」「ハグして」「これ食べたいな」「蓋開けて」などなど。相手を頼ったり、なにかをねだったり、スキンシップを取ろうとすることなどすべてを総合して、「お願い」をすることが「甘え」ということであるといえます。

また、可愛らしく上目使いをしたり、相手を男性として頼ったりすることは、自分の立ち位置を相手よりも下げて、相手を上手として位置付けることとも捉えることができます。要するに、へり下ることも一種の甘えのようなものなのです。

そうして彼女に「お願い」をされる、「甘えられる」ということは、自分が頼りになる男であると認められていると感じられるので、彼氏はとても気持ちが良く感じます。甘え方がもし分からなかったとしたら、ひとまず相手が心地よくなるような「お願い」を考えてみるといいでしょう。

「きもい」と思われないか心配?

人が何かを「きもい」「気持ち悪い」と思う時とはどんな時でしょうか。

ここで簡単にそれが何かを言うとすると、それは「不自然に振舞うこと」といえます。

相手が彼氏だからといって過剰にぶりっ子したり、甘えすぎると、多少なりとも心地悪くさせてしまうものです。可愛く見せようとして、声のトーンを意識して変えたりなど、自分を飾り立てすぎると、本音が見えづらくなるので「怖い」という印象も与えます。

「やりすぎは禁物」とはどんなことにも当てはまるように、「甘え」に対してもおんなじなのです。

どこまでが「やりすぎ」であるか、その閾値は彼氏の人柄にもよりますが、大抵の場合は毎日毎回ベタベタ甘えまくっていると、「こいつは自分に惚れているから少し突き放したとしても大丈夫そうだな」と思われてしまうこともあります。

甘えることをやり過ぎないように気をつけていさえすれば、彼氏はあなたのことが好きである限りは思い切り甘えさせてくれるでしょう。

そこで「きもい」といって拒絶されたとしたら、自信を持って相手のことを彼氏と呼ぶべきではないのかもしれません。少しも甘えさせてくれない彼氏は切り捨ててしまうという選択肢も、持っておきましょう。

甘えられない女性は魅力的!?

長いこと男性に頼らずに生きてきた女性というと、ほかの女性から見ても尊敬されるべき存在なのではないでしょうか。

ただし、そこで彼氏にも甘えられないとなると少し悲しいですよね。彼氏が逆にこちらに甘えてばかりのヒモ男ということもあるでしょう。

それでも、「どんな風に甘えたら良いのか分からない」と悩む女性は、あるところでとても魅力的です。

日本人男性の多くは、「初々しい女性」が大好きです。恋愛で、はたまたセックスで、どうしたらいいのかわからないという状態の彼女がいたら、「俺がリードしてあげなきゃ」という責任感が芽生え、ちょっとした「お兄ちゃん」な気分になり、うぶな彼女のことを可愛がってあげたくなるようです。

反対に、わざとらしい女の子は多くの人が嫌いますから、甘え方の分からない女性というのは魅力的と言えるのです。ただ、あまりにも意地を張ってツンケンするのは可愛くありません。

ですから、彼氏にするなら、こちらがどう甘えたらいいのか分からないとしても、相手が自然と甘えさせてくれる、弱いところを見せてもいい相手であることが理想的ですね。

意固地になるのはやめて、彼氏に心を開いてみましょう。ストレートに「甘えるのってどうしたらいい?」と聞いてみるだけでもいいと思います。

あなたの彼氏はどんなひと?彼のタイプ別甘え方

そのカップルの年代や彼との年の差によって、彼氏への甘え方は異なってくるかもしれません。

べったりくっついてもいいのか、少し開けた距離からそっと触れるのか。もしくは、心の甘え方も違ってきそうです。

中高生、社会人、年の差カップル。どんな甘え方をすれば彼のハートはキュンとなるでしょうか?

彼氏のタイプ別に、上手に甘える方法を考えてみましょう。

中学生、高校生の甘酸っぱい甘え方

中学、高校の学生の恋愛は、恋愛の良い面も悪い面も知っている大人の恋愛に比べて、とてもピュアなものだと思われています。

実際に、その頃にはじめて恋人ができるというケースは多いですね。漫画やドラマに描かれる空想の恋愛ではなく、これから実体験を通して本当の恋愛というものをそれぞれ知ることになるでしょう。

そのなかで、「彼氏に甘える」ということがどんなことなのか、わからないこともあるかもしれません。こっちから手を繋いでもいいのか、抱きついてもいいのか、正しいタイミングやルールのようなものがあるのかと、迷ったりもするでしょう。

ただ学生の時の恋愛で、下手に情報をかき集めて耳年増になるより、知らないままで自分が思っている「甘える」ということを素直にやってみて良いのではないでしょうか。

この先友達や、仕事を始めた時の同僚などから、恋愛の話は嫌でも耳にしますし、ネット上にもさまざまな情報があふれています。少しずつ、自分なりの速さで覚えていって良いと思います。

たとえば情報を知りすぎて、大人顔負けのキスをしたとしても、「なんでこんなにキスが上手いんだろう。本当は自分が初めての彼氏じゃないのかも?」と思われるかもしれません。最悪、不自然に上手になってもすこし違和感を感じさせてしまうかも。

それでももし本当にどうしたらいいのかわからなかったら、素直に彼に聞いてみましょう。「甘えてもいい?」と聞かれてきゅんとしない男の子はいません(と思います)。そうして、手をつなぐところから始めたら良いのではないでしょうか。

先輩の彼氏、後輩の彼氏、同級生の彼氏

学生恋愛でも、先輩、後輩、同級生などの立場の違いから、彼氏に対する言葉遣いや態度も変わってくるでしょうか?

それは、たとえば先輩にあたる彼に対しては初めは敬語で話してしまうかもしれませんが、仲が深まるにつれ段々と敬語はどうでもよくなってくるものですし、彼女に対しては対等な言葉遣いで気を許していたいものですから、特に二人きりの時などはタメ口でいいでしょう。

そして、甘え方というのも、彼氏の立場によって変える必要は別にありません。

男の子はどんな立場でも、好きな女の子には甘えられたいものですし、頼りにされることで自分が男らしくなったと感じることができます。

これはステレオタイプな男性観なので現代のジェンダーに対する意見とは異なってくるかもしれませんが、どんな場合でも恋人には心を許すべきですし、自分たちに合ったかたちでお互いを頼りにできることが良い恋愛といえます。

先輩、後輩、同級生などの立場ではなく、彼氏その人自身にとって心地のいい甘え方をすれば良いのではないでしょうか。

社会人の大人の彼にはどうやって甘える?

社会人の彼氏。学生から見ると、自分で生計を立てて生きている大人には憧れるものですよね。

大人の彼だからこそ、全力で甘えられるということもありますが、少し思いとどまり考えてみましょう。

社会人にはあらゆる責任能力が問われています。提出するべき書類や支払いをするべきものが山ほど。仕事に毎日の時間を割きつつ、家事などの自分の生活の面倒も自分で見なければなりません。

ですから、大抵の社会人は疲弊しています。彼女に甘えられることはもちろん嬉しいけれど、本当は自分のほうが思いっきり甘えたいのです。

しかし、そこを我慢して彼女を甘えさせられる大人の男性は「イイ男」です。たとえこちらが甘え方がわからなくても、甘えさせてくれます。

それでも、大人の彼氏の場合は甘えるバランスに気を付けましょう。こちらが甘えていてばかりでは、社会で働く彼氏は疲れてしまい、そのうち愛想を尽かされてしまうでしょう。

相手が甘えさせてくれる分だけ、こちらも手料理を振る舞ったり、マッサージをしてあげるなど、甘えさせてあげるのです。逆にこちら側が腕枕をしてあげるなども効果的です。

また、常に笑顔やリラックスした雰囲気を心がけるのもいいでしょう。彼女として、疲れを癒せる存在になれたらいいですね。

30代カップルの甘え方とは

お互いが30代にもなると、多くの場合はお互いに色々な恋愛を経験してきている頃でしょうから、どんな甘え方をするかは把握してきていることでしょう。

ですが、だからこそ今の相手への素直な甘え方が逆にわからなくなっているというパターンや、学業や仕事で暇がなく、恋愛経験が少ないまま大人になってしまった場合などは「大人の自分がどんな風に恋人に甘えていいのかわからない」ということもりますよね。

日本は、恋人同士が外出先の人前でいちゃいちゃすることをどことなく避けたり、恥ずかしがったりする傾向があります。たとえ周りの人が他人だとしても、少し人目を気にしすぎているのかもしれません。

それでも、それはだんだんと過去の話になってきています。誰がどこでどんな風に恋人と過ごしていても、他人に迷惑をかけない限りは周囲の人に文句を言われる筋合いはないので、思う存分二人の世界を楽しんで良いのではないでしょうか。

ホテルやお互いの家など、二人きりの空間ならなおさらです。自分の立場、年齢問わず、彼氏には思いっきり甘えましょう。

年齢差カップルの彼氏への甘え方

10歳ほど歳のはなれた彼氏の場合、どのようにして甘えたら彼をドキッとさせられるでしょうか。

年の差カップルは、お互いに少なからずその年齢差からくるメリットを期待しています。若い女の子と付き合えば、可愛いくてウブな彼女に癒されたいし、年上の彼女と付き合ったなら、自分の知らない未知の領域を優しく手ほどきしてほしい…などと思うものです。

たとえ当の年の差彼女である自分がそんなタイプじゃなかったとしても、その存在が隣にいるだけでちょっとした特別感を味わえるというもの。

年の差があるからといってそれ相応の振る舞いをしないといけないということはありませんが、そんな彼氏にはどんな風に甘えたら、少し平均から離れた年の差カップルのメリットをもっと味わせられるのか、ここで少し考えてみましょう。

妹系で攻める?年上の彼氏の場合

年上の彼氏は、少なからず年下の彼女のことを「妹みたいに可愛がる」もしくは「可愛がりたい」という願望があります。年がひとまわりほど離れていれば尚更です。

かといって、特に年下っぽく甘えないといけないというわけではありません。むしろ普段通りに振舞っていて大丈夫です。

ただし、ここで逆に「相手が年下かのように甘えさせてみる」という手段を取ってみたらいかがでしょうか。たとえば逆にこちらが相手を腕枕をしたり、階段やベッドの段差で相手の頭を抱えるように抱きしめてみたり。

そうして「年下なのに背伸びして可愛い」「年下の彼女なのに甘えられる」という、ギャップからくる胸キュンを与えることができます。

プライドの高い男性は拒否するかもしれませんが、大抵の男性には効果あると思います。ぜひ試してみてください。

お姉さん系で悩殺?年下の彼氏の場合

年上の彼女には、いつまでも「頼れるお姉さん」でいてもらいたいもの。好きな人を追いかけていたいタイプの男子にとっては、憧れの存在といえるでしょう。

しっかりしていて、いつも甘えさせてくれる彼女は絶対に手放したくないもの。しかし、そんな気丈な年上彼女の「誰にも見せない弱いところ」というものを見てみたいという欲求も同時に湧き起こるのです。

リードしたり、食事を奢ったりなどしないといけない手のかかる彼女とは異なる、自立した年上の彼女。いつも自分の安らぎの存在となってくれている彼女に対して、「彼氏である自分にだけ甘えてほしい!」と思っているかもしれません。

ですから、「二人きりの時だけ彼に年上というのを感じさせないほどベッタリ甘える」という手段は有効そうです。また、ベッドの上では「おねだり」をして甘えるということも、とても効果的だと思われます。

彼のハートをさらに掴めるデートでの甘え方

ドライブデート

ドライブやお泊りなど、デート中のさまざまなシーンで、効果的な甘え方というのは異なるものでしょうか。

カップル同士でイチャイチャすることに他人の目なんて関係ない!と言いたいところですが実際のところは公衆の面前で出来ることには限度がありますよね。

そこで、それぞれの身近なデートスポットのなかで異なる有効な甘え方というものを考えてみました。

以下から、それぞれ参考にしていただけると良いと思います。

ドライブデートの車内ではどんな時に甘えるのがいい?

ドライブデート、車内のデートは二人きりの空間ではありますが、外から車内が見えるぶん、半分外の空間だと思った方がいいでしょう。

ですから、いつでも周囲の人たちから自分たちが見えていると考えましょう。出かけた先であまりに濃厚にいちゃつくのは、少々公共マナー違反だと思われてしまいそう。自分たちが気にしなければ構わないのですが、キス以上の行為は避けましょう。

ところで、車内でキスをおねだりする最適なタイミングはどんな時かというと、ずばり信号待ちの時であるといえます。

たとえ信号待ちで周りのドライバーから自分たちが見えたとしても、すぐにすれ違ってどこかへ行ってしまうので問題ありません。

すぐに変わってしまう信号や、自分たちの車が信号待ちの先頭にいる場合は少し危ないのでやめておいた方がいいのですが、運転者にとっても数秒間一息つけるタイミングなので、時と場合を見計らってキスをおねだりしてみましょう。

彼氏の「近所」にまつわる注意事項

ただし、たとえ信号待ちの時だとしても、家の近所や職場の近くを走っているときは、知り合いが自分たちを見かける可能性もあります。

男性は、相手が本命の彼女だとしても、職場の人などの知人に彼女といちゃついているところを見られるのが恥ずかしがります。

あなたに対して本気ではない場合は尚更、二人で居るところを見られたがらないのですが、どちらにしろ彼の嫌がることをするよりは、彼の近所を通る時はおとなしくしておいた方がいいかもしれません。

ですが、わけもなくやたら彼女である自分を身内に紹介したがらない場合は、もしかしたら浮気を疑っても良いかもしれないですね。

家デートで彼をクラクラさせる甘えかた

お家デートは完璧に二人だけの空間です。周りの目を気にすることなく、好きなだけ彼に甘えられます。

映画を見たり、一緒に料理をしたり、だらだらとゲームをしたり、どんなことをしていても、彼氏に甘えることが出来るのです。

たとえば、映画を見ているときは横に並んで腕を組んだり、膝枕をしてあげたり、自分がしてもらったり。映画のセリフを邪魔しないようにと、耳元で囁くように話しかけるのもドキッとします。

料理をしている時は、包丁を触っているときなどを避けて後ろから抱きしめたり、作っている料理の味見をさせたり、はたまた、食事の時には食べさせてもらったり。色々な甘え方ができますね。

また、家デートなら大胆な甘え方もできます。ソファに座っている彼に跨るように抱きついたり、キスをしたり。

お泊まりを予定しているデートなら、こちらからエッチに誘ってみるのもありだと思われます。

お泊まりの時にはどうやって甘える?

お泊まりの時にベッドで「甘える」ことは、他の事項と同じく「おねだり」をすることといえます。

大胆になって、彼にしてもらいたいことを口に出してみましょう。

恥ずかしくても勇気を出して言ってみることです。可愛い彼女の口からセクシーなセリフが聞けたら、きっと彼はクラクラするほどそれを気にいるだろうと思います。

ただし、そこで彼の性癖にあまりにも合わない特殊なことを言うと引かれるかもしれないので、付き合いたての時はノーマルなことにとどめた方が良いでしょう。

もし言葉にして誘うことが恥ずかしかったら、素肌で抱きついたり、彼の耳を甘噛みしたり、たくさんキスをするなど、行動のみでも彼をその気にして誘いかけることができるので、試してみて下さい。

一緒にお風呂に入っている時に

彼と一緒にお風呂に入るのは楽しいですよね。お風呂は一人で入りたい派にとっては少し緊張するかもしれませんが、たまに一緒に湯船で過ごすのも悪くないでしょう。

お風呂に一緒に入っているときの恋人同士の定番といえば、彼に後ろから抱きすくめてもらうこと。セクシーなコミュニケーションで、恋人同士ならではの時間を過ごせそうです。

また、お互いの体を洗うこともいいスキンシップになります。背中を流したり、髪を洗ってあげるのも、くすぐったくてなかなか良いものです。

ただ、「体洗って?」とおねだりして甘えるのは大変セクシーで彼も燃えそうですが、入浴中で体温と心拍数が上がっている時に無理をすると貧血になって気絶することもありますから、少しでも気分が悪くなったら、続きはお風呂から上がってからにしましょう。

デート中のスキンシップはどうやって?

彼とのデートで外出する時は、どのようにスキンシップを取って甘えたらいいでしょうか。

まずは、手をつなぐことからですよね。抱きつくように腕を組むのも、甘えん坊という感じがします。

立ち止まったり並んで座っている時は肩を寄せたり、周りの人の目を気にするなどタイミングを見計らってほっぺにキスするのも可愛らしいですね。

キスする場所はどこでも良いのですが、人前でするのが恥ずかしい時は、エレベーターやエスカレーターに乗っている時などは人目があまりないので、キスのタイミングとしてオススメできます。また、食事の時横並びに座れた場合はメニューに隠れてキス出来ることもあるかもしれません。

そして、筆者が推薦したい甘え方として、とある抱きつき方があります。

まず彼の正面に立ち、両腕をクロスして彼の両手を持ちます。右手で彼の右手を、左手で彼の左手を取ることになります。

そこからクロスした上の腕をくぐり、くるりと前を向き、握った彼の両手で自分を抱きしめるようにさせるのです。後ろから抱きすくめられる構図を自分から作ることになります。彼の手を取る時にふわりと握るのがコツ。

子供の遊びみたいな動きで、とても可愛らしい「抱きしめられ方」だと思います。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

彼氏への可愛いボディタッチのやりかた

ボディタッチは彼氏にするならとびきり可愛くやりたいものですよね。

軽めなボディタッチはというと、ボディではないですが袖をちょいちょいと軽く引っ張るのは、控えめでとても可愛らしいアピールだと思います。ただ大人がやるのは少し子供っぽすぎるので、高校生くらいまでが有効かもしれません。

二の腕に抱きつくのも、デート中にできる甘え方としてやりやすい行動です。人目をはばかるような行為でもないですし、密着できるので思いっきり甘えられます。

あとは、彼氏にならほっぺを触ったり、腰を持って軽く抱きつくようにするなど、かなり近い距離でスキンシップを取っても大丈夫です。あまり人前で彼女とイチャイチャしたくないタイプではない限りは、どの場面でも彼女に甘えられると嬉しいものです。

彼女らしく彼氏には大胆にボディタッチをしましょう。ただ、あまりやりすぎると甘えられることにも飽きてくるので、ほどほどの距離を保つことも必要であることは頭の片隅に入れておきましょう。

女性がボディタッチをする心理って?恋のアピールを見極める戦略的恋愛解説

2017.12.29

「今何してる?」LINE、電話での甘え方

部屋でゴロゴロする女子

電話やラインなどのツールを使えば、いつどこにいても彼氏とやりとりができます。

そして、そのツールをうまく利用することで、彼との距離感を心地よく保つことができます。

ただし、男性に多いのが「連絡不精」という性格。たとえ大好きな彼女でも、文字を打ったりただ連絡を取ること自体が面倒だと思っていたり、文章を考えることが苦手なタイプは、彼女からの連絡があまり多いと返事をしないといけないプレッシャーを感じ、彼女から逃げたくなってしまいます。

それに、ラインや電話などは、実際に会っているときと比べて少し冷たいな、くらいがちょうどいいバランスです。デートの時にはとっても甘えん坊なのに、ラインの回数や電話では少しそっけないくらいの方が可愛がられることは多いです。

では、そのなかでどんな言葉を使ったり、どんな口実で連絡を取ったりすれば良いのでしょうか。具体的に考えていきましょう。

どんな言葉を使うのが有効?

「寂しい」というセリフは、甘えん坊の定番ですね。

あまりに頻繁に言いすぎると鬱陶しいこの言葉ですが、逆にたまに言うほど効果が大きいと思われます。良いタイミングであるほど、彼は自分に会いたいんだな、求めているんだなと思ってきゅんとするでしょう。

また、「会いたいな」というのも「寂しい」に続いてよくあるセリフといえます。

あとは「今何してるの?」というのは少し束縛感がありますが、構ってもらいたい男子からすると嬉しいもの。「おはよう」「おやすみ」などのただの挨拶も、彼氏彼女として毎日繋がっている感じを思わせるのでいいですね。

そしてこれは賛否分かれるところですが、電話やライン上で「キスして」「ちゅーして」という無茶振りをするのも、場合によってはいいと思います。

そのように言われると、電話ではスマホや受話器にキスをして「ちゅっ」という音を出したり、ラインでは「ちゅっ」と文字にして送るしかなくなります。ようするに、彼氏に少し恥ずかしいことをさせるのです。

彼氏が恥ずかしがり屋だったり、ノリが悪かったりすると塩対応されるかもしれないですが、そこでこちらの言うことを聞いてくれたら嬉しいですよね。

たまーに、そういった無茶な「お願い」をするのも有効かもしれませんよ。

連絡を取りすぎると何が起こるか

彼に甘えたい、寂しいからといって、彼のレスポンスのペースを無視してあまりにもこちらから連絡を取りすぎるのは、NG行動といえます。

特に仕事の忙しい男性だったりすると、仕事の連絡も日夜行なっていることもあるので、あまり彼女に構えない時もあります。また、学生は試験や受験を控えている時に連絡を沢山されると、気が滅入ってしまいますよね。

悪いタイミングの彼女の「甘えたい」連絡は厄介なものです。場合によっては無視されることもあるでしょう。また彼女の相手ができないことにイラついたり、彼女そのものにイラつくことにもなってしまいます。

そうして彼の状況を読めずに連絡をしすぎて不愉快にさせてしまうと、彼のこちらへの愛情が冷めてしまう可能性すらあります。

ですから、電話やメールでの「構って欲しい攻撃」はほどほどにしておきましょう。その甘えたい気持ちのエネルギーを、実際に会った時に使うといいでしょう。

メール、LINEでの甘え方

メールやラインで上手に甘えるのは、実はすごく難しいもの。

相手の顔も見れないし、こちらの顔も見せることができないので、お互いの感情をうまく伝えようとしても、その半分ほどしか伝わっていないと思っていいでしょう。

ただ、メールで甘えたい気持ちを伝えるより、ラインの方がスタンプや絵文字などの感情表現を助けてくれるアイコンがメールよりも豊富なので、賑やかで可愛らしい文面を作ることも比較的簡単です。

これらのような文章ツールで甘えようと思った時に伝えるべきことといえば、「寂しい」「会いたい」などの具体的な文章よりは、多少ぼやかした方がいいかもしれません。

メールやラインは会話の履歴が残るものですから、あまりにも「寂しい」などをその中で言い過ぎていると、「自分は彼女を寂しくさせているんだな」と、彼氏として無力に思ってしまうかもしれません。相手を無為に落ち込ませるのはよくないのです。

そこで、可愛いスタンプを使ったり、絵文字だけを使ったりなどで工夫して「会いたい」の気持ちを表現するといいかもしれません。

彼が忙しい時ではなければ、具体的に次に会う約束をするのもいいでしょう。とにかく、あまりしつこくしないことがコツです。

連絡する口実や頻度は?

彼氏、彼女の親密な関係なら、「おはよう」「おやすみ」の挨拶のメッセージから1日を始めることは、よほど連絡不精ではない限り自然なことです。

また、お互いに連絡を取り合うことが苦ではないカップルにとっては、なんでもないこと、下らないことを報告し合うことも普通です。連絡を取ることに理由なんて必要ありません。

ただし、連絡がマメな彼氏なら、会いたいな、寂しいな、好きだよ、などの甘いセリフをどんどん言えますが、連絡不精な彼氏だと、1日1通のメールかラインがせいぜいであることもあります。

ですから、その一回の連絡の回数のなかでどんな話題を選ぶかが限られる、とも捉えられます。その限られた会話の中で、特に「用もないのに連絡しないで欲しい」というような冷たい彼氏の時には、甘えたくても甘えられないという場合もありえます。

そういうわけで、連絡というものは、二人のうちより連絡が少ない方が主導権を握っている、とも言うことができてしまいます。

もし連絡不精の彼氏と付き合っている時は、甘える内容のメッセージはごくたまに、の方がいいかもしれないですね。

連絡が少なくて不安に思う時は、「忙しくないのならもっと連絡取り合いたい」と素直に言いましょう。そこでこちらの要望を叶えようともしない彼氏なら、今後も甘えさせてくれるかどうかは、わからないところです。

電話でかわいく甘えるセリフ

電話でどうやって甘えるか、ということですが、これにはとあるコツがあります。「妄想をさせる」ということです。

例えば、電話で「今何してたの?」と聞きましょう。「ゴロゴロしながら本読んでたよ」などと帰ってきたとしたら、「私も一緒にゴロゴロする!」と、あたかも同じ部屋にいて同じことをしているようなシチュエーションを想定させるのです。

そうして自分がすぐとなりにいるかのように思わせて、「キスして?」「ハグして?」など甘えたセリフを言うと、なお可愛く感じられるでしょう。

ほかには、相手から「今何してた?」「今何してる?」と聞かれた時には、「(彼氏の名前)のこと考えてた」と直球で甘えるのもいいですが、「お風呂はいってた」や「ベッドでゴロゴロしてるよ」など、彼の妄想を掻き立てることを言うと、そこから甘い会話ができる空気を作り出すことができます。

電話では、自分と彼氏が同じ空間にいるかのような、または居たくなるようなシチュエーションを作り出すことが、彼に存分に甘えるためのコツです。

遠距離恋愛でも甘えられる

上記の「妄想を掻き立てる」という方法を使えば、実は遠距離恋愛でお互い遠く離れていたとしても、カップルらしくイチャイチャすることができます。

また、スカイプやフェイスタイムなどのテレビ通話のアプリを使えば、お互いに触れられないとしても顔を見て話ができます。慣れていない人には、テレビ通話は最初は少し恥ずかしく感じますが、遠距離恋愛でしばらく会えない日が続くのなら、ぜひ取り入れてもらいたい手段です。

遠距離恋愛が年単位で長くなるのなら、お互いを気にして出来るだけ連絡を取り合いたいところですよね。そんな時に、クサイ言い回しではありますが「離れていてもいつでも側にいる」かのような気持ちを起こさせるような会話はとても有効なのです。

そういう、妄想や「ごっこあそび」が苦手な人にとっては難しいところかもしれませんが、遠距離恋愛というものをただ辛いものと捉えるのではなく、楽しむために、試してみてもいいのではないかと思います。

彼氏に会えない状態は、スキンシップをとって甘えることはできませんが、お互いに信じ合っていれば、遠距離恋愛はなかなか楽しいものです。日常を自分のペースで送りつつ、その日にあった出来事をなんでも共有できる。そしていつか一緒に住む約束などをするなど順調に進んでいけば、遠距離恋愛とは実は恋人にとっては何のハードルでもないのです。

「あまえる」攻撃は女子の最大の武器

上手に甘えられる女子は、たとえ彼氏以外の人でも何かを「やってもらう」ことに長けています。

「自分を弱く見せる」ということが甘えるコツとも考えられますが、実際に「助けてあげなきゃ」と思わせる人がより人に甘えやすいのです。

ですから、単純すぎるかもしれませんが、身長の低い女子はそれだけか弱く見えるので、甘え上手と言えるかもしれません。反対に、高身長の女子の中に「人にどうやって甘えたらいいのかわからない」と悩む人の割合は多いような気がします。

ですが、どんな女子にも「甘え」という武器は使えます。たとえば、身長が高くクールに見える女性が、「ホラー映画が怖くて一人で見られない…」など、たまに甘えたところを見せるのは、ギャップがあってきゅんとするものです。

「甘え」という武器の形はその女子それぞれなのです。自分に合った方法を見つけ、または自分の彼氏に合った方法を見つけて、うまく甘えられたら良いものですね。

Pairs Zexy縁結びエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中条

Lovatomyの記事を読んでいただき嬉しく思います。執筆を担当しております中条です。外見を盛りに盛って中の上くらいのレベルと覚えてください。悲惨な恋愛から幸せな恋愛までおもしろおかしく経験してきました。愛はギブアンドテイク。女よ強くあれ。よろしくお願いいたします。