出会いがない人は今すぐ〇〇へ向かえ!美女やイケメンに出会う方法を解説

出会いがない人は今すぐ〇〇へ向かえ!美女やイケメンに出会う方法を解説

いま、たとえ異性の社員がいる職場でも、交流に恵まれた学生の立場でも、「出会いがない」と嘆く人は多くいます。

それは、イコール「身近な環境に好みの人がいない」ということとも捉えられます。もしくは、社内恋愛などの普段毎日顔を合わせる人に囲まれた環境での恋愛が、周りの人のからかいや嫉妬を買うなど、面倒な自体を引き起こしやすいという理由もあるでしょう。

恋愛は、自分のいる環境よりも、少し離れた場所ですることで、自分のやるべき仕事や学業に集中することが出来るとともに、飽き性の人にとっては少し距離があるほうが安心する、という場合もあります。

よって、出会いを探すには、普段の外の環境に飛び出したいところ。しかし、どこに行けば出会いは見つかるのでしょうか?クラブのようなナンパスポットに行ったり、出会い系でワンナイトを探すのではなく、ちゃんとした恋人探しとして出会いを探すときには、向かう場所を選ぶ必要があるでしょう。

婚活をするにも、最終手段である結婚相談所ではなくなるべく自然な恋愛から結婚をしたいですね。自分の理想の相手を探すために、出かけるべき場所を探してみましょう。

また、いい出会いを掴むためには、自分自身が魅力的な人間となる努力も怠ってはいけません。この記事では、出会いのための場所と同時に、異性を引きつける自分磨きや注意点についても追っていきます。

まずは、出会いの見つかる場所を4種類解説します。

出会いはここで見つかる!ハイクオリティな出会いの場4選

セレブの女たち

「出会いを探しに行く」としても、どこでもいいわけではありませんよね。人見知りにとってナンパや婚活パーティーはハードルが高め。自分に合った出会いの方法を探すべきです。

そんなとき、まずはマッチングアプリを利用してみるのは、現代における出会い探しの定番の手段です。オンラインの出会いなら、顔写真を載せるとはいえ、まずマッチングしてから直接リアルタイムで話すわけではなく、メッセージ形式で自分のペースで話をすることができます。

アプリによっては「ヤリモク」「メシモク」ばかりであるパターンもありますが、使うアプリを見極めたり、使い方にこなれることでいい出会いを探すことは十分にできます。アプリを通じて結婚に至ったカップルもいますから、自分の年齢や出会いの目的に合わせてアプリを選んでみましょう。

オンラインデーティングに抵抗があるなら、リアルタイムの出会いを探しに行くことになりますが、どのようなところに行けばタイプの異性に出会えるでしょうか。

とりあえずは、恋活、婚活イベントに参加すると手っ取り早いでしょう。出会いを求めて参加する男女ばかりですから、「異性の好み」に絞って理想の相手を見つけることができそうです。一度の参加ではなく、期待しすぎず数回は参加してみるつもりで臨んでみるといいでしょう。

恋活、婚活イベントも年齢や年収をはじめとした 「スペック」で種類が別れることがあるので、自分の立場と出会う相手の理想像を折り合わせて参加するイベントを選んでみましょう。「異性として」ではなく相手の人間性をまず観察したければ、恋愛の関係ないイベントに参加しても、出会いの可能性はありそうです。

また、コミュニケーション能力に自信があればナンパをすることで出会いを得ることがあるでしょう。ナンパといっても、ストリートでナンパするよりも、バーなどのお店に行くほうがスムーズだと思われます。ナンパに適した場所を探してみましょう。

あとは、スポーツジムや英会話教室などの、週に何度か通う習い事で出会いが見つかるケースもあります。男女共用のジムは実際のところナンパスポットのようになりやすく、ルールとしてナンパ禁止になっているところもありますが、出会いの「きっかけ」としてはアリでしょう。

英会話教室も、英語をスキルアップしながら色々な生徒に出会えるでしょう。外国人と交際をしてみたい、という人には英語能力は必須です。特にグループレッスンなら、より多くの出会いを期待できそうです。

これらのような、出会いの場についてより具体的に解説していきますが、出会いのスポットのおすすめと共に「おすすめできない出会いの場」についても考察します。自分の理想の相手を見つけるには、場所を選ぶ必要がありますが、出会いは「一期一会」ですから以外な場所に意外な相手がいる場合もあるでしょう。しかし、近づくべきではない場所というのは覚えておくべきです。

それでは、出会いの場について詳しく紐解いていきましょう。

現代の出会いの定番!マッチングアプリ

現代で「出会いを探す」というと、まず薦められるのは「マッチングアプリ」の利用です。

数年前まで、マッチングアプリは「出会い系アプリ」として、真面目な出会いではないふしだらなものとして認識されていました。たしかに、マッチングアプリに登録しているユーザーは、たとえ「婚活」のアプリの中だとしても体目的の出会いを探している人が多く、多くの真面目な男女をイラつかせています。

しかし、そのように不真面目な人はマッチングアプリにしかいないというわけではなく、リアルタイムの出会いにもおおよそ「ヤリモク」「メシモク」はオンラインにいるのと同じくらいの割合で生息しているといえるでしょう。

実際の顔の見えないオンライン上の出会いということで、より個人の欲望が見えやすいということもあり得ますが、真面目に恋人探しをしている人もそれなりにいます。よって、アプリ選びや自分の使い方次第では、いい出会いに恵まれることも期待できます。

そこで、マッチングアプリで真面目な出会いを見つけたい時にはどのような使い方を推奨されるのかというと、まずは「いいね」を押すべき人を極限まで絞ることです。

女性は婚活サービスではない限りは殆どのマッチングアプリを無料で使用できますが、その分気楽に「いいね」を押しがちです。ちょっと気になったくらいの「いいね」が、実際にはその男性にとってかなりの重みがあるということを理解する必要があります。

男性でワンナイトをメインの目標にアプリを使う「ヤリモク」のユーザーは、「いいね」のポイントが許す限り目につくほぼ全員の女性に「いいね」を送る「数打ちゃ当たる作戦」を使います。そのため女性ユーザーのマッチング率は男性の倍近く登ることがありますが、マッチングしてメッセージ交換をする相手が多いと、必ず「見送る」相手が出てきます。

そうしてアプリ上で無き者とした男性がもし本気で出会いを探していたのだとしたら、かなり理不尽な目にあっているのが想像できますよね。せっかく出会えたと思った相手が急に消えてしまうのです。そのため、特に女性から「いいね」を押すときには、候補をかなり絞り込むことが推奨されます。

もちろん、男性も真面目に出会いを探すのなら「数打ちゃ当たる作戦」ではなく、ポイントを温存しつつ本当に気になる女性に絞って「いいね」を押しましょう。アプリを使っていると、「恋人が出来るまで『つなぎ』のセフレが見つかればいい」という気持ちの人もいますが、ヤリモクであることは絶対にバレるので、結局は「出会えないじゃん」と逆ギレして退会する羽目になるのです。

「出会い系」とどう違う?

ワンナイトの相手やセフレを探すのであれば、マッチングアプリよりも「出会い系サービス」と言われるものを利用するのがおすすめです。

「マッチングアプリ」と「出会い系」がどう異なるのかといえば、「アダルトコンテンツの有無」であるといえます。

AppStoreやGooglePlayストアで購入できるアプリでは、マッチングサービスにおいて、援助交際を含む性的な目的の出会いを斡旋するサービスを掲載できないようになっています。しかし、Safariなどのブラウザで見ることが出来る出会い系サイトには「アダルト掲示板」のような、性関係を募集できるコンテンツが展開されているのです。

ですから、体の関係だけの出会いを求めているときには、真面目な恋人探しをするユーザーが多いマッチングアプリよりも、アダルトコンテンツのある出会い系サイトで相手を探す方が理にかなっています。

「出会い系サイトでは詐欺にあう」という印象があると思いますが、出会い系サイトのなかには20年以上サービスを継続している、大手企業が経営するものもあります。大手企業の管理しているサービスなら安全性やサポート体制が万全のものが多いので、自分で怪しい人に引っかからないよう気をつけることができれば、有料会員の男性でも月に2000〜3000円ほどの出費で出会いを見つけることが出来るようです。

マッチングアプリにもカジュアルな出会いを探せるものもありますが、上場企業が経営する安全性の高いアプリではメッセージ内でいかがわしい内容の送信は出来ず、ヤリモクのユーザーは出来るだけ排除されるようになっています。とはいえ、不真面目なユーザーはマッチングアプリには絶えないので、自分が使いかたを工夫することと、自分の目的に合ったアプリを選ぶことを徹底しましょう。

マッチングアプリや出会い系サービスの効果的な使い方や、恋活や婚活、ワンナイトなどの目的別にランキングにし、それぞれ特徴を詳しく述べた記事がありますから、オンラインで出会いを探すときには是非参考にしてみてください。

【2019年最新版】出会い系サイト完全比較!本当に出会えるおすすめのマッチングアプリランキング

2019.06.19

とりあえず恋活、婚活イベントに行こう

マッチングアプリや出会い系サイトなど、出会いに関してオンラインサービスの利用に抵抗がある場合は、恋活イベントや婚活パーティーに参加するのが出会いの近道です。より出会いにコミットしたいときには、マッチングアプリを併用しながらリアルタイムで出会いを探すのもおすすめ。

アプリの中には街コンと連動したマッチングサービスで、街コンで出会った気になる相手に連絡を取れるものもあるので、街コンを利用するときにはそのようなアプリを同時に使うのはかなり有効な手段といえるでしょう。

「恋活イベント」とひと口に言っても、色々な種類に別れてきます。街コンのような参加型の恋活イベントは一定の料金を支払うことで安定して出会いを探せますが、自分の友達と協力して「合コン」を開催すれば、自分と知り合いの繋がりのある人との出会いのため、比較的本気度の高い出会いも望めるかもしれません。

アラサー、アラフォー向けになってくると、恋活というよりはもっと未来を見据えた「婚活パーティー」という形もあります。婚活パーティーとなると参加者の本気度も違いますから、軽い恋愛にうんざりしている人には、たとえ「結婚を前提とした付き合い」というものに焦りがないとしてもおすすめできます。

恋活、婚活イベントの特徴というと、参加者のほとんどが「恋愛対象」として恋人候補との出会いを探しにきていることです。そのため、運良く気の合う人を見つけられれば、出会いから晴れて恋人になるまでのスパンが短く、短期で恋人を作ることができるでしょう。

ただ、反対にそれがデメリットとなる場合もあります。それは、初対面の相手のことを「恋愛対象としてどうか」という目線でお互いを判断することで、お互いの「人間性」に関する評価がされにくくなる、という点。男女お互いがより「女ウケ」「男ウケ」というのを意識するためです。

「恋人候補を探す」という目的がない場なら、異性の出会いでも恋愛対象ではなく友達や仕事のパートナーに出会えることもあるかもしれませんし、同性の友達を作ることも可能でしょう。しかし、恋活や婚活の場でビジネスのことは考えにくいですし、同性の参加者は自動的に「ライバル」となってしまうので、「普通の交流」ができないのです。

はじめから初対面の相手を恋愛対象として考えるシチュエーションというのは、本来は一目惚れのような限られたパターンであるべきもの。自分が望んでもいないのに人に恋愛対象として見られることに抵抗のある人に、恋活イベントはキツいと思います。

また、恋活、婚活イベントは「異性として評価する、される場所」ですから、出会いから恋愛関係に発展したとしても短命で終わることも比較的多いのではないかと思います。より本気の恋愛をしたければ、初対面の時点ではあまりお互いを性の対象として判断できない場のほうがいいでしょう。

よりハイクラスな出会いを求めるなら

恋活、婚活イベントにおいて、若くてより理想の高い相手を探すなら、「東カレデート」のようなハイスペックな人を集めたパーティーへの参加を試してみましょう。

そういった審査制のイベントは、女性は20代半ばまで、男性は30代半ばまでで高身長、高収入、高学歴であることが条件など、入会審査の厳しいケースが多くなりますが、通過できれば美男美女のハイクラスな出会いがよりどりみどりです。

そのような「選ばれし民たち」の出会いの場ですから、いい人が見つかっても競争率が高かったり、複数の人とデートをすることもあります。しかし、お互いが自分の好みから外れる人を減らせるという点では、入会審査を受けるだけでも価値がありそう。若いうちには一度は試してみてはいかがでしょうか。

また、「恋愛対象」としてお互いを意識しすぎた出会いを倦厭するなら、「恋活や婚活」という要素を除いたイベントに参加するのがおすすめです。社会人サークルや異業種交流会、勉強会やビジネスセミナーなど、主に社会人向けで自分をステップアップさせるためのイベントに参加することで、同業種の人との出会いやおなじ目標を持った人を見つけやすいでしょう。

そういったイベントでも、中には大学の「ヤリサー」のようなものと化しているような低質なものもあるので、参加するイベントを探すときには注意がいりますし、恋愛対象を探す目的だけで参加しているのがバレれば誰にも相手にされないこともあるでしょう。

しかし、自分が「真面目に勉強したい」と思えるジャンルの社会人向けのイベントに参加することで、真剣な出会いを得られることがあるかもしれません。ビジネスパーソンとしてのレベルアップにも繋がりますから、「ついでにいい人がいればいいな」という気持ちで勉強目当てで参加してみましょう。

ほかにも、ビアフェスや蚤の市、ライブなどのイベントでおなじ趣味の人と出会える可能性もあります。イベントなど人の集まる場所なら、恋愛だけでなく友達作りでも知り合いが増えますから、そうして人の繋がりを広げるだけでも間接的に出会いの可能性を拡げられるでしょう。

ナンパの定番!バーでの出会い

バーの風景

「出会いを探しに行く」という活動で、人見知りをあまりしないタイプなら、マッチングアプリや出会い系サイトを除くと最もオーソドックスなものというと、ナンパをしに行く、あるいはナンパ待ちをしに行く、というものだと思います。

そもそもの「ナンパ」というと、渋谷や新宿の通りを歩く女性に声をかけるようないわゆる「ストリートナンパ」を想定されがちですが、「知らない人に交際目的で声をかけること」がナンパということになると、場所は問わないわけです。そのため、よくあるバーやパブなどで見知らぬ異性に声をかけることをきっかけとした出会いも「ナンパ」なのです。

ですから、「ナンパ」という単語ひとつではなにやらハードルの高いものに感じられますが、バーやパブ、クラブのような「お酒があって人との距離が近い場所」なら、どこでもナンパスポットに早変わり。出会いのきっかけとして、お酒の席での出会いというのは思いのほか多いものです。

そういう場所ではない限り、出会いを求めてバーに来るような人の方が少ないので、声をかけられるのを嫌がる人もいますが、うまくいって一緒に楽しくお酒を飲めるとしたら、より「偶然性の高い出会い」を望めるでしょう。

また、自分や出会いたい相手の特徴や経済レベルによって、理想の相手がいるバーも異なって来ますし、「出会いを探しにバーにいこう」と行動したその日に成果が出るとはかぎりませんから、

  • エリアを絞る
  • おなじ店に定期的に通う

ということを心がけることで、より無理なく出会いを期待できるのではないでしょうか。

例えば、よりカジュアルにお酒好きな人との出会いや外国人と出会いたければ、都内なら渋谷や新宿、恵比寿横丁などがおすすめ。もしハイクラスな出会いがいいのなら、銀座や六本木が高所得層や美女の集まるスポットです。サブカル好きなら、高円寺、阿佐ヶ谷、三限茶屋あたりがいいでしょう。

また、これらのようにエリアを絞る以外に、「自分が無理なく通える店」を決めることもおすすめです。もし気になる人がいたとしても、その日のうちに連絡先をゲットできないと失敗ですが、相手に嫌われたわけでないのなら、まだチャンスがなくなったわけではないと思われます。もしその人がまたおなじ店に来るとしたら、自分もそこに通うことでまた会えるかもしれません。

バーの中でも小規模で、客とバーテンダーがフレンドリーに話ができるような場所なら、より他の客とも初対面で会話がしやすいので、異性にも声をかけやすいでしょう。それなりに顔を合わせる仲になったなら、恋愛相談などをしたり聞いたりして、「恋愛対象」として自分を意識させるのがコツです。

居酒屋に出会いはあるのか

バーよりも居酒屋のようなよりカジュアルな場所が好きな人は多いのではないかと思います。ただ、気楽に入れるバーもありますが、自分の近所や職場の近くに自分と同じくらいの年齢の人が通うようなバーがないこともありますね。

居酒屋で出会う、ということはあるのかといえば、答えは半々です。居酒屋はバーよりも、出会いを探すのではなく「ただ単に飲みに来る」という人が多いので、ほかの客に声をかけづらいところがあると思います。

しかし、居酒屋でナンパができるという可能性はゼロではなく、その居酒屋の作りや雰囲気によっては可能なパターンもあるでしょう。

たとえば、カウンター席のある居酒屋なら、1人で飲みに来る人も多く、隣の席の客に話しかけられる場合もありそうです。特に、バーカウンターで店員が気楽に話を振ってくるタイプの居酒屋ならよりチャンスがあります。

なかには「話しかけないでオーラ」をまとっている人がいるので、そっとしておいて欲しそうな人はそうしてあげた方がいいのですが、よく店員と話していたり、お互い良くその店に通っている人同士なら話しかける隙もありそうです。

ただし、居酒屋にも出会いの可能性はありますが、普通はあまり期待はできないでしょう。夕食ついでに飲みにくるという憩いの場でもあるので、むやみに人に話しかけると居心地を悪くしてしまうことがありますから、ほとんどの場合、居酒屋にはナンパ目的で行くことはあまりおすすめできません。

自分がよく通う居酒屋に、いい人が来ないかな、くらいに期待しておくのがちょうど良さそうです。出会いを能動的に求めにいくなら、バーに行くのがいいでしょう。

習い事に出会いはある?

「出会いの場」として認識されている場所では、恋愛対象の人を探す人も多いため、インスタントに恋人探しができますが、そういった出会いに抵抗があったり、出会いを探すにしてもまずは相手のことを恋愛の関係ない「人柄」重視で見定めたいときには、習い事を始めてみるのもひとの手だと思います。

習い事で出会いを期待するのはなかなかギャンブル的で、入会してから「やっぱりいい人がいなかった」という時は、新しく入会してくる人に期待するしかありません。おまけに、全体の生徒数の少ない教室だと、それも期待できそうにないでしょう。

そのため、習い事ついでに出会いも期待するとしたら、生徒数の多い教室に越したことはありません。そして、それなりに新規の生徒の出入りがある場所がいいでしょう。定期的に体験教室を開催しているところも良さそうです。

習い事で出会いを探すことのメリットはといえば、「同じ趣味の人と出会える」ことと、好きな人を作ることでその習い事に対するモチベーションをあげられること。

恋活、婚活イベントなどではどうしても出会いを「見た目重視」で探してしまうため、相手の性格や趣味などに盲目的になってしまうこともありますが、習い事の教室ならそもそも同じ趣味の人が集まります。また、同じ目的を持っていることで生徒同士で仲良くなりやすく、恋愛に発展することも珍しくもないのかもしれません。

また、同じ目標に向かって努力をし、スキルアップをすることが人に一目置かれるきっかけになりますから、自分が得意なことを増やすとともに、気になる人の尊敬も集められることもあるでしょう。反対に、憧れの人に近づこうと練習を頑張れますし、相手にコツを聞くことなどで距離を縮めることもできるかもしれません。

出会いや「モテること」目的で習い事に参加するのは動機としては不純ですが、人の邪魔をしないこと、まじめにその習い事を努力することで、たとえ出会いがなくても生活が充実するかもしれません。

スポーツジムはナンパ行為禁止の場所も多いですが、ボルダリングジムなどは上手な人からアドバイスを受けたりなど、初対面の人同士でも交流の多い場所です。また、カルチャースクールは生徒数も多いですし、陶芸教室のような文化系の習い事でも交流が充実するでしょう。

英会話教室で出会うには

社会人の習い事といえば、英会話教室が一番ポピュラーなものではないでしょうか。外資系企業に勤める人や、海外に赴任する人だけでなく、今はあらゆる場面で国際的に交流することがありますから、ワンランク上を目指す社会人にとって英会話スキルを身につけることは必須といっても過言ではありません。

海外旅行に行く時にも、世界共通語に最も近い英語を話せることは、旅行を楽しむとともに身の安全を確保することにもつながります。また、英会話ができると外国人と交流して友達を作るチャンスもありますから、自分の視野を拡げる役にも立つでしょう。

英会話教室というと、NOVAやベルリッツなど有名なものでは「マンツーマン」で英会話をみっちり学習できるコースや、今はオンライン英会話教室もあるので、自分の生活リズムや英語レベルに合わせて受講することができます。

しかし、そこで出会いというものを期待していくとするなら、マンツーマンや少人数制の教室よりも、できるだけ多人数のグループレッスンで、なおかつ全体の生徒数の多い教室を選ぶことで、自分の気になる人を見つける可能性もより高くなるでしょう。

グループレッスンの人数は、通常2〜3人から8人程度。曜日固定でも振り替え受講のできる教室なら、より色々な人と顔を合わせることができるでしょう。

もちろん、英会話教室も出会い目的優先でいると勉強も身に付かないですし、習い事でいわゆる「出会い厨」と認識されては出会いどころか講師にも悪質な受講者としてマークされたり、ほかの受講者の邪魔になるようなことをすると、最悪強制的に退会処分となるでしょう。習い事を受けるからには、真面目にこなさないといけません。

習い事は、良い出会いの可能性があるとともに自分の能力も育てられるので、人生が充実する選択肢のひとつです。仕事帰りにできることも多いので、毎日仕事ばかりで息がつまりそうな時には、まずは気になる教室を体験入学してみるといいでしょう。

気をつけるべき低クオリティな出会いのシーンとは

出会いを探す、というとき、いくら「今すぐに恋人が欲しい」と思ったとしても、出来るだけ真面目に好きな人を見つけて、真剣に恋がしたいのなら、出会いを見つける「場所」を自分の性質に合わせて厳選する必要があります。

たとえば、人混みが苦手だったり、お酒が苦手な人がクラブにナンパしにいってもうまくいかないのは明白。出会いを期待できないどころか、気分を悪くして帰るといったような結末が見えています。

また、真面目な出会いを探しているのに、チャラい男女の集まるナンパスポットに行くのは避けた方がいいでしょう。ワンナイトを迫られたり、不愉快な思いをすることだと思います。特に、クラブは良質な場所と「チャラ箱」と呼ばれるイージーラブの蔓延した場所もありますから、評判を調べずに行くのは避けるべきです。

「出会いの質」というのは、ほとんどの場合その「場所」に依存するものだと考えられます。チャラい場所にはナンパのチャンスも多いですがどうしてもチャラい人が集まりますし、年齢層もその場所によって分かれてきます。合コンや街コンのような「恋愛のための場」とそうではない場でも、出会い方の「思い出」という意識で差があるでしょう。

いまや出会いの定番であるマッチングアプリなどのオンラインデーティングの出会いも、「出会い系」という印象が抜けきらないと家族や友達に言いづらいという人もいます。加えて、ナンパがきっかけというだけでも嫌がる人もいます。

「自分が出会いたい理想的な人がどんなところにいそうか」というイマジネーションを働かせることが大事です。明るくてパーティーが好きそうな活発なタイプは人がワイワイ集まるところに来るでしょうし、清楚で大人しいタイプの人は文化系の習い事の教室にいるでしょう。自分に無理のない場所を選ぶと同時に、「そこ」に来る人のタイプも予想して動くのです。

チャラいスポットにはチャラい人がいる

出会いを探しに町歩きをするとしたら、出会いのクオリティというものも視野に入れておく必要があります。若い人と交流したいのに、おじさんおばさんしか集まらないエリアに行っても仕方がありません。

また、その日のうちに出会いが欲しいとどうしてもチャラい人の集まるスポットに行きたくなると思います。しかし、「チャラ箱」と言われるようなクラブは、特に女性は注意をしないといけません。バーやクラブでも起こり得るものですが、ナンパ待ちをしていると思われると、すぐに男性が寄ってきます。しかし、安全な人物ばかりではないですから、自己防衛の知識や手段を得ておく必要があります。

いま、「レイプドラッグ」と呼ばれるような睡眠薬や媚薬のような薬をお酒に混ぜて飲ませて暴行する、という犯罪が起こっています。「一杯奢らせて」といってお酒を手渡してきたり、自分がトイレに行っている隙に、テーブルに置いてあるお酒に薬を混ぜるようなことが横行しているのです。

バーやクラブ以外でも、相席屋や合コン、街コン、居酒屋などの、相手にお酒を奢ることのあり得るシーンでは、自分のお酒の管理には十分に注意しましょう。初対面の人に奢られたお酒は飲まない、飲むとしてもバーテンから受け取ったものだけにする、トイレに行く前にお酒を飲み干してグラスを下げておく、など、自分の飲み物に十分気をつけてください。

男性側も、そのようなことをしそうだと思われないように紳士的に振る舞わないといけません。女性も、ナンパがありそうな場所に行く時には、出来るだけ友達を連れていくなど、一人きりにならないようにした方がより安心できます。

そして、チャラい人と出会いたくなければ、出来るだけチャラいスポットには顔を出さないようにしましょう。

理想の人に出会うために今から自分で出来ること

バスタブに浮かぶ女アジア人の顔

「出会い」とは、ただ単に相手と「知り合いになる」だけではなく、「恋人候補として交流すること」を指します。

そのため、場合によっては「友達はたくさんできるのに、恋人ができない!」という事態も起こり得るわけです。恋愛の出会いを得るには、自分を恋愛対象として魅力的に見せるように、外見もメンタルも磨いておくことが必要不可欠ですね。

ただし、恋人同士の出会いのきっかけとして最も多いのは「職場」や「学校」ですが、それに次いで「友人の紹介」というケースも多いもの。そのため、友達は多いに越したことはないですし、自分が「友達に紹介したくなるような人物」になるのも、出会いを掴むための方法としては有効です。

外見やナンパ術だけ極めていると、本気の恋愛を逃すかもしれません。いま、マッチングアプリを使ったりや恋活イベントに参加する人で「恋愛に発展しなければ縁を切る」というような人は多いですが、「友達に紹介してもらえる」という可能性のことを考えると、とてももったいないことをしています。

ですから、自分が恋愛対象としてだけではなく、タイプじゃない相手やお互いに恋愛対象外の人に対しても魅力的な人として映るよう、人間性を磨くことは非常に重要なことです。

とはいえ、外見を整えたり、コミュニケーション能力を高めるなどの「自分磨き」を怠れば、出会いがあったとしても一生「友達」止まりでしょう。第一印象があまりに悪ければ、出会いもあり得ないかもしれません。恋愛をしようと思った時に自分磨きをするのは大事なことですし、そうすることで自分に自信を持つこともできます。

「恋愛を頑張る」というのは、何も浮ついた行動というだけではなく、自分が成長するための一手段でもあります。これから掴みにいく出会いを確実にするためにも、理想の相手と出会うために自分が努力できることについて考えていきましょう。

出会いのきっかけで1番多いパターンとは?

いま、恋人同士、または夫婦となったカップルの出会いのきっかけの中で一番多いものといえば、

  • 職場やバイトの同僚、先輩、後輩
  • 同じ高校や大学で
  • 友達や知り合いの紹介
  • オンラインデーティングサービス
  • 恋活イベント

これらが定番だと思われます。

やはり、「出会いがない」と嘆く人もいれば、自分の身近な環境で運良く気の合う相手を見つける人もいます。ただし、職場恋愛やキャンパスデートなど憧れるものですが、会社や学校にどんな人がいるかは運次第ですし、同性ばかりの職場もあり得るので、自分の置かれた環境で出会いに恵まれるとは限りません。

友達や知り合いにいい人を紹介してもらうのはかなりラッキーなことですが、自分の人間関係によってはお互いに「人様に紹介できる奴がいない…」というシチュエーションもありそうです。人脈の狭い人には、人の紹介でいい出会いがあるのは奇跡的かもしれません。

しかしそういった部分では、出会いを求める人が集まるシーンで他人を大切にできない人は、より出会いの「奇跡」を得られるチャンスも減らすことになります。

恋愛がなくて退屈だな、と思った時にはマッチングアプリや出会い系サイトなど、オンライン上で出会いを探すこともあると思いますが、そういった環境でも知り合った人を大事にできる人こそ、より出会いの輪を広げられます。恋活イベントでも、「この人がダメでもほかにも候補がいるし」などと考えて目の前にいる人を蔑ろにするような態度を取れば、その場の多くの人に嫌われますし、せっかく出来そうな人脈を自分から潰しているため、出会いのチャンスも減らしているのです。

「友達の紹介」は強力

「出会いが欲しい」と思った時、より良い出会いを掴むには、実際には友達をできるだけ多く作った人が勝ちます。

なぜかといえば、たとえマッチングアプリや合コンなどで知り合った人が自分のタイプじゃなくても、お互い友達になることができれば、片思いという状況が発生しない限りは、その相手を通じた出会いを期待できるのです。

友人、知人を通じた出会いは、共通の知り合いというつながりが強いため、比較的本気の恋愛になりやすい傾向があります。自分の友達にも紹介しやすいですし、職種や趣味も近い場合があります。自分のことをよく知っている、仲のいい友達の紹介なら、異性の好みもわかっていそうなのでより期待値も高いです。

このように考えると、マッチングアプリや街コンで「ヤリモク」と呼ばれるような人がどれだけ損をしているのかわかるのではないでしょうか。アダルト目的ではなく、恋人探しのためのマッチングアプリで出会った相手と初対面のその日のうちにワンナイトに誘うなど、断られて当然の行動をした挙句相手の信頼を損なえば、絶縁されるのは当然のこと。

女性は比較的、「異性相手とも純粋に友達になれる、あるいはなりたい」と考えている人は多いものです。そこで健全に飲みに行ったりできるような友達になることができれば、その相手を通じてより多くの出会いがあります。

それに、初対面からがっつかないようにして、「お友達から」関係を始めるほうが、どんな出会い方でも相手の信頼も得られるので、その相手と恋人関係になる確率も高くなります。

恋愛の出会いの場で知り合った相手は、初対面の時から「恋愛対象」として判断しがちなので、その場にいる人がタイプじゃなければ交流もしない、という人は男女ともに多いもの。しかし「自分の人脈を増やす」ということを考えれば、まずは誰とでも友達として知り合いになることを考えることの方が、礼儀正しくもあり、出会いを探すにしても有効な手段なのです。

何よりまず自分磨きをするべし

「出会いが欲しい!」と思った時にまず自分が何をすべきなのかといえば、「自分が魅力的になること」です。初対面の人が、自分の寝起きの状態やすっぴんやくだけた態度など、ありのままの自分を好きになってくれることは絶対ありえないので、ファッションやメイクを研究したり、コミュニケーション能力を鍛えるなど、まずは自分の魅力を最大限引き出して出会い探しができるようにしましょう。

男女ともに、なによりも最低限「清潔感」というものが重要になります。見た目に現れる清潔感をキープするのに大切なことといえば、

  • 服にシワやシミ、ホコリがついていないか
  • 髪がボサボサで伸びっぱなしではないか
  • 肌が綺麗かどうか

これらが影響してきます。

まず、ファッションの是非はさておき、自分が持っている服はこまめに洗い、きちんと保管しましょう。特に肌着は一度でも身につけたものは毎日必ず洗います。そして、脱いだものは部屋に積んで置いたりせず、シワにならないようにタンスやクローゼットに綺麗にしまいましょう。洗濯槽や部屋が汚いと、綺麗に畳んでもホコリがつくので、部屋をこまめに掃除するのも忘れずに。

髪も、出かける時にはできれば濡らしてからドライヤーをかけて寝癖を取ってからセットします。できれば朝シャワーを浴びれたら良いですが、シャンプーのしすぎはかえって体臭のもとになるので、1日に1回以上はしないように。伸びっぱなしにせず、美容院で髪を切って、髪型に合ったセットの仕方を覚えましょう。

あとは、肌について。思春期や20代前半まではニキビに悩まされる人もいますが、こまめに洗顔して保湿することである程度は解消されます。ニキビがある時はできるだけファンデーションやコンシーラーを使わず、ベビーパウダーで仕上げるなどして肌の表面を軽くしておかないと悪化したりニキビが増える原因にもなるので、学生は注意。

今の時代「肌活」は男女ともに注目されるべきものです。肌が綺麗かどうかで恋活、婚活の成功率に差が出てきますが、女性だけではなく男性も、油っぽい肌や乾燥した肌よりは滑らかでマットな良質の肌の方がモテますから、男女ともに肌ケアは努力した方がいいのです。

そして清潔感において最も重要な「ニオイ」のケアは、いわずもがな

  • 口臭
  • 体臭

のケアです。口臭は毎日最低2回の歯磨きに加え、食事やお酒などの生活習慣にも気をつけるべきです。虫歯や病気を放置することでも口から悪臭を発する原因にもなりますから、口内環境や体調管理は徹底して改善しましょう。

口臭も体臭も、自分ではどれほどあるのか気がつきにくいも。服をマメに洗濯する、襟や脇、袖口を漂白する、最低でも1日に1回はシャワーを浴びてシャンプーをする、デオドラント製品を使うなど、自分が思っている以上に気をつけないといけません。「くさい」というのは出会いを間違いなく遠ざけて、モテない原因になりますから、要注意。

女性のための自分磨きの方法

女性用化粧品

女性は比較的清潔感に関してはより気を使うほうだと思われますが、歯磨きやシャワーは欠かさなくても、服のシワやホコリに関しては無頓着な人もあながち少なくはないものです。部屋を清潔にして衣服を清潔に保つため、またいつでも彼氏を呼べるようにするため、部屋の掃除やゴミ出しは欠かさずにしましょう。

ただ、女性の自分磨きとして、ひとまずは清潔感やファッションの前に、「態度」に気を使ってみましょう。

たとえば、姿勢や歩き方、座り方ひとつで印象はガラリと変わります。昔からある美人を表す言葉として、「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」というものがあり、どれも所作の美しさを指しています。片足重心の猫背で立ち、脚を広げて座ったり、ガニ股で歩いたりする人が美しくないのは想像に難くありませんよね。

背筋を伸ばしてまっすぐに足を伸ばして歩き、座る時は膝をくっつけて座るようにしましょう。スマホを触る時はうつむいた姿勢になりがちですが、猫背やストレートネックなどの悪い姿勢のクセがつきがちなので、綺麗な女性になるためにはスマホを触る時間を減らすなど工夫して、凛と佇むように気をつけてみてください。

ファッションやメイクについてですが、あまりにも人気雑誌のマネをしすぎると没個性になりがちです。綺麗でも可愛くても、人にとって自分にとって「特別な人」にならなければあまり頑張る意味もないものです。流行りのアイテムを身につけたりメイクをしてみる以上に、自分の個性を出す方向も忘れずに。

また、出会いや好きな人のために無理なダイエットをしがちな人は、体を壊さないように気をつけましょう。厳しい食事制限はリバウンドを招きます。ストレスのたまるような食事制限を続けたり、食事を食べても吐き戻したりしていると、栄養不足になり体調不良や肌荒れの原因になります。

そして、必ず適度な運動をしましょう。ある程度筋肉量がないと新陳代謝も少なくなり、痩せにくい体のままにひもじい食事を続けないといけません。主に筋肉量の多い下半身の筋肉を鍛えることで代謝するカロリーも増えますし、食事も我慢しすぎずに済むので、ダイエットをするときには必ず運動も取り入れてください。

自分がこれからの生活で毎日続けられるくらいの最低限の食事の量と、毎日の筋トレやエクササイズなどの運動を両立してこそスリムな体が手に入ります。特にアラサー以上になると、より生活習慣には気をつけるべき。健康的で美しい体を作って保つために、食事と運動で無理なく継続できるダイエット法を実践してください。

予算内で肌活をするには

女性の自分磨きの中には「肌活」というものがあると思います。

これは「美肌になるための活動」ということですが、ハマる人はモテること関係なく美肌づくりに没頭することもあります。特に、予算を限定せずに肌ケア用品を買い込める大人の女性が肌活にハマる傾向にあると思います。

しかし、若い人を中心に予算がないときは、SK2のような高級基礎化粧品はなかなか手に入りません。プチプラで肌活をするにも、どの化粧水が自分に合っているのか探しているうちに細かい出費がかさんで金欠になってしまうこともあるのではないでしょうか。

特に、いまInstagramなどで見られる美容液などの広告で、効果が気になるものが沢山あることでしょう。レビューも宣伝のようなものばかりなので、結局は自分が使ってみないと分からないということになりがちで、その広告は金食い虫であることに間違いはないのですが、それでも気になってしまうものです。

ですが、肌のタイプや生活習慣によって合う、合わないがありますから、テスターやサンプルがあればそれを入手しましょう。化粧水を買っては合わずに破棄する、という負のサイクルは非合理的なので、できるだけドンピシャのものを買いたいところ。

ただ、確実に言える、どんな肌質でも美肌のために1番大切なことといえば「保湿」です。たとえばオイリー肌の人でも、洗顔をしすぎたり、強いクレンジングを常用していると、肌が乾燥して余計に皮脂を分泌する原因になるため、とにかく肌を保湿することが大事なのです。

敏感肌の人はより基礎化粧品選びに苦労することだと思いますが、自分の肌質を確かめたり、どんな化粧品を使えばいいのか分からないときには、一度エステを体験してみるのがおすすめです。質のいいケアを受けると同時に、エステティシャンに自分に合うクレンジング法や化粧水の種類を聞いてみるといいでしょう。体験は比較的安価ですし、エステに通っている友達に紹介して貰えば無料で受けられるところもあります。

また、プチプラでできる肌の保湿法でオススメなのが、お風呂上がりのフェイスパックです。「Lululun」などは有名ですが、化粧水をつける代わりにお風呂から上がってすぐにパックを貼る、というのを毎日、または2日、3日に一度すると、かなり肌が潤うので肌質が向上します。

いま、フェイスパックは敏感肌用のものなども、たくさん種類があります。それほど値段がはるものでもないので、出費を抑えながらの肌活には大変オススメ。

ファッションやメイク、ダイエットや肌活など、どんな自分磨きの方法にもまずは「自分の個性や体質を知る」ことが大事です。そのため、自分磨きとはイコール「自分探し」でもあるのです。出会いを探すときにも、なんとなく悩みがある時も、自分のことを研究して好きなものや自分に合ったものを見つけることで、よりステキな人になることができるでしょう。

男性のための自分磨きの方法

石鹸

男性が出会いを求めよう、という時に心がけたい自分磨きの方法というと、男女ともに気をつけたい清潔感の部分をクリアしたとすれば、肌活と筋トレです。

肌の綺麗さについてはいま一度繰り返しになりますが、「男の肌は意外と評価されている」ということは覚えておいて損はありません。日本ではあまり女性に比べて男性の肌の綺麗さは重視されない傾向でしたが、今の時代、肌活は女性だけのものではないのです。肌の綺麗な男性はモテます。

男性は女性と比べると新陳代謝が活発で、皮脂の分泌量が多いためケアの仕方が女性とやや異ります。保湿も女性の肌ケアと同じように大切ですが、乾燥するよりも油っぽくなる人の方が多いのではないでしょうか。そのため、洗顔の仕方を工夫してみることがおすすめ。

まずは洗顔用の石鹸にこだわってみましょう。種類が多くて迷ったときには、植物由来の固形石鹸がおすすめです。1000円前後のちょっといいやつを使ってみてください。そして、泡だてネットを使って沢山の泡で洗います。スクラブの入っているタイプは、敏感肌の人にはあまりおすすめできません。

泡洗顔は洗浄力が低いため肌には優しいものの、角質が溜まることがあります。肌がざらついたり、毛穴づまりが気になる時は、週に2回程度の酵素洗顔で優しくピーリングするのがおすすめです。粉のタイプの酵素洗顔で、普段の洗顔料にプラスして使います。

肌を擦るタイプのピーリングや強いクレンジング、剥がす毛穴パックは肌の表面を痛めやすいので、肌ケアはとにかくできるだけ摩擦の少ないように、を心がけてください。そうして、毎日洗顔後にメンズスキンケアの化粧水をつけるなど肌の保湿に心がけていると、だんだんと皮脂の分泌が落ち着いてきて、テカリやニキビを抑えることができます。

ただ、洗顔したあと何もつけない、という男性で特に肌トラブルがないひとは、女性用の化粧水や乳液をつけるなどの保湿をすると、余計にテカリが出たり、かえって乾燥するなど、肌のリズムが乱れることになってしまうかも。男性用の化粧水で自分に合ったものを探すためには、メンズサロンで自分の肌質を知ることもおすすめです。

また、ヒゲの濃い人はプラスで髭剃りの仕方とアフターケアのやり方にもこだわってみましょう。多くの場合ヒゲは上から下に生えますが、カミソリを当てる方向は毛の方向に沿って使いましょう。剃り心地においては、下から上に剃り上げる「逆剃り」の方が剃った直後がすべすべしますが、肌を傷つけたり「埋没毛」の原因になるのでNGです。

そして、ヒゲ剃りは必ず石鹸ではなくシェービングフォームやクリームを使いましょう。そして、剃った後には「アフターシェーブ」や化粧水などで、カミソリを当てた肌をケアしてください。これらを習慣づけると、1ヶ月でかなり肌は改善します。

男磨きといえば筋トレ!

肌ケアの他には、筋トレも頑張りましょう。日本の女性はあまり男性の体型を気にしない人が多い傾向で、細身の人の方がいわゆる「ゴリマッチョ」タイプより人気ですが、「意外と筋肉質」というのにはめっぽう弱かったりします。

男性にとって筋トレをすることはメリットしかありません。男性社会の中では「体格が良く(大きく)て物理的に強い」というのはアドバンテージであり、逆に小柄で細身の人はナメられるなど苦労した人もいるでしょう。

しかし、身長などは自分の力ではどうしても変えられないとしても、筋肉量は増やせます。タフになることで男性は自信をつけることができますから、面倒くさくても運動嫌いでも、体を動かすことよりゲームの方が好きだとしても、出会いが欲しい、モテたい、と思ったときにはとにかく筋トレをしましょう。

女性に人気があるのは「細マッチョ」であり、そうなるためには筋トレに加えて減量も必要ですが、自分が好きなだけ鍛えればいいと思います。特にデスクワークの人にとってはストレス解消にもなります。

ジムに通ってもいいですし、家にスペースがあるならトレーニング器具を買って家でするのもいいでしょう。大切なのは継続するためのやる気を持つことです。飽きないためには自分が「楽しい」と思うことが大切ですから、好きなスポーツを見つけるのもおすすめです。ボルダリングなどはただ体力だけではなく頭も使うので、考え事が好きな人にも向いています。

筋トレをすることのメリットとは、

  • 体格が鍛えられてかっこよくなる
  • 自分に自信がつく
  • 汗を流すことでデトックス効果を得られる

など。デメリットはほぼないと言っても過言ではありません。体格が鍛えられて自分に自信がつくと、出会いを求めに行く場でもモテます。自身を持っている人は恋活や婚活にもあまり焦ったりしなくなり、いわゆる「大人の余裕」が出てくるのでさらにモテます。そして、汗を流すことで老廃物を体の外に出し、体臭を抑えたり生活習慣病の予防にもなるでしょう。

もちろん、筋トレの後は必ずシャワーを浴びましょう。そのあとどこに行く予定もなくても、汗をかいたまま布団に入ったり家で過ごすと、布に汗臭さが移ってしまい、清潔にしているつもりでもどこか臭う…ということになってしまうので、汗は必ず流し、トレーニングウェアは必ずその日のうちに洗濯しましょう。

最も嫌われる「出会い厨」の特徴

キーボードクラッシャーさん

どんなに魅力的な女性でも男性でも、「出会いを求める人」としても絶対になりたくない人物像として「出会い厨」というものがあります。

「出会い厨」とは、たとえどんな場面でも誰かナンパできそうな人を粗探しするなど、TPOをわきまえずに恋活、婚活やセフレ探しをする人の蔑称です。どんな場面に出会い厨が出没するのかといえば主にネットなどのオンライン上ですが、現代だとSNS上が最も多いのではないかと思われます。

たとえば、Facebookを使っているときに、全く知り合いの繋がりのない人や、あまり親しくない人の繋がりから友達申請がきて、「お話ししませんか」などとメッセージが送られてくることなどは、誰でも経験があるのではないでしょうか。特に、女性はfacebookをある程度使用していれば、そういったメッセージが一度は来たことがあるのでは、と思います。

それらが典型的な「出会い厨」の手法です。海外ではfacebookをマッチングアプリのように使っている人もそれなりに多いですが、海外の女性の多くにとっても同様に不評です。また、アバターを使ったゲームにも「出会い厨」はなぜかどんなものでも一定数存在します。

出会い厨に関して不思議なことといえば、相手が自分の顔を晒していなくても恋愛や性的なコミュニケーションに積極的であること。どうやったらアバター相手に発情できるのかわかりませんが、往々にしてオンライン上ではマッチングアプリとも一味違った「出会い」が繰り広げられているのは確かです。

そして、そんな出会い厨の悲劇といえば、高い確率で本物の女性に相手してもらえていないことがあること。可愛い女の子だと思ってのめり込んだ相手が、実は「ネカマ」と呼ばれる女子になりすました男性で、ネタの材料として消費されている、など。また、アバターというのはもちろん本物の顔とは異なる事がほとんどですから、たとえオンライン上で出会ったとしても、オンラインで限定された恋愛でしかないのです。

また、出会い厨はまともなマインドの大人には必ず倦厭される存在であり、純粋に交流をしたりゲームを楽しんでいる人からすれば邪魔でしかありません。

そんな出会い厨の特徴というと、

  • ネットで知り合った相手の個人情報を聞き出そうとする
  • ネット上で知り合った相手の彼氏/彼女気取りをする
  • 相手に断られてもしつこく会いたがる

など。ネット上人物というのは、「オンライン」というフィルターがかかっているため、本物とは印象が異なります。たとえ、出会いのために顔写真を載せるマッチングアプリの出会いでもうまくいかないことは多いですし、ネット上の出会いには自分の振る舞いにも出会う相手にも気を付けなくてはいけません。自分がこのような出会い厨にならないように気を付けましょう。

オンラインゲームに出会いはあるのか

「出会い厨」が多くのさばっている場というと、オンラインゲームが代表的だと思われます。

たとえば、最近「光のお父さん」というドラマでも有名になった「ファイナルファンタジーXIV」のようなMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)のうち何作品かはゲーム内のパートナーと「結婚」のようなシステムがあるため、ゲーム内で恋活をするなどの出会い厨も増える傾向です。

しかし、そんな中でも、ゲームの中で出会って現実でも本当に付き合ったり結婚するようなカップルも存在しますし、そのようなオンライン上の出会いに憧れを持っている人がいるのも不思議な事ではないでしょう。オタク同士の恋愛としては理想的な出会いでもあると思います。ゲームの中で仲良くなれば「オフ会」として実際に顔合わせをすることもあり得ます。

オンラインゲームを通じて出会いを求めるというと、どのような方法があるでしょうか。また、そうして出会いを求めるには「出会い厨にならない」という事が最低条件ですが、どんな風に相手を探す事ができるのでしょうか。

…おそらく、ゲームの中でそういった「出会い」のためのコミュニティーに入らない限りは、自分から出会いを探すためにゲームを始めて、良い相手をゲットするのは無理なのではないか、と思います。ゲームが好きで、その世界を楽しんでいる人同士が友達から始まり恋に落ちるのはわかりますが、出会いを目的にゲーム内で交流している人はどうあがいても倦厭される「出会い厨」になってしまうのです。

出会い厨は同じような出会い厨しか相手がいないのではないかと思われます。出会いのクオリティとしては、出会い系掲示板とあまり変わらないので、相手を募集するなら出会い系掲示板を使う方が合理的だと思います。

ゲームは恋愛の出会いのためにプレイするべきではありません。そもそも顔も知らない相手と恋に落ちるのは危険であり、オンラインを通した出会いがきっかけで恋愛をしたり結婚をした人たちはその人たちだけの奇跡があったにすぎません。恋愛はリアルタイムで顔を合わせて、が基本であると考えましょう。

「コミュ力」を鍛える方法!

恋活や婚活、あるいはワンナイトの出会いをゲットするためには、見た目を磨く事と同時に「コミュニケーション能力」を鍛えることも欠かすことはできません。

もともと人見知りをしたりせず、どんな人にも好かれたり可愛がられるタイプの人もいますが、初対面の人に自分から話しかけたり話題を振ったり、仲良くなるのが苦手な人もいると思います。

人の性格によっては、なんでもプラス思考で肯定できる人もいますが、ものをストレートに受け入れるよりも自分の中で納得できるまで考えるのに時間がかかったり、否定的な目線で物事を見るタイプもいます。しかし、後者だからといって「性格が悪い」ということとは限りません。

特に研究職であるなど、職業によっては否定的に物事を見なければ仕事が進まない人もいますし、ものの見方は「クセ」であり、個性です。そのような要素を根本から「変えろ」と言われても困るのではないかと思います。

しかし、「人とのコミュニケーションを円滑に運ぶ」ことに関しては、性格や個性というよりは「テクニック」の問題でもあります。相手の事が嫌いでもあたかも好きなように振る舞える人も中にはいますし、それを真似しろというわけではなくとも、ある程度のセリフのパターンや演技を身につける事で、苦手な場面もスルーできるようになりますし、気まずい初対面の挨拶も難なくクリアできるようになるかもしれません。

いわゆる「コミュ障」という「コミュニケーション障害」の略語は、いまや「コミュニケーションが苦手」というスラングのようなものになっていますが、そのような「コミュ障」の人のほとんどはただ不特定多数と会話することに慣れていないだけです。

交流の場があったときに「もし変な態度をとったり失言して嫌われたらどうしよう」という心配によって、より人前に出るのが怖くなりますが、そのような状態では恋愛のための出会いを探しに行くのも難しそうです。ネット上の文章だけなら会話できても、リアルタイムで気になる人と対面して場を盛り上げたり、自分に興味を持ってもらえるように会話をするスキルが必要になります。

そういった「コミュ力」を鍛えるにはどのような努力ができるのでしょうか。それには、まずは「自分が話をするスキル」よりも、「話を聞くスキル」を向上していけば良いのです。

相槌の打ちかた

いわゆる「コミュ力がない」人の特徴では、「支離滅裂なことを言う」ことよりも「自分の話ばかりする」ことの方が問題です。コミュニケーションはキャッチボールですから、まずは上手にボールを投げることよりも、人の投げたボールを上手にキャッチする事を練習しましょう。

相手の話を聞く、というのは、ただ聞くだけではなく「ちゃんと聞いていますよ」という意思表示が大事。そのためには「相槌」を打ちましょう。ただ「うんうん」といっていればいいということではなく、相槌を打つタイミングや態度が重要です。

まず、「人の話を遮って自分の話をし始める」こともコミュ力の低い人の特徴ですが、相槌も同じように、出来るだけ相手の話がひと段落した時にします。

たとえば、

「昨日晩御飯を食べたときに、煮物に嫌いな椎茸が入っていたけど、気にせず食べてみたら意外と美味しかった」

という話を聞いていたとします。このときにいつ相槌を打つのが最適かといえば「、」の部分ですね。相手が息継ぎをしたり、一呼吸置いている時に、「うん」「そっか」「そうなんだね」など、共感をしたり、相手の話を促す事が相槌になります。よって、上記の会話に相槌を混ぜるとすれば、以下のようなたとえになります。

「昨日晩御飯を食べたときに」
「うん」
「煮物に嫌いな椎茸が入っていたけど」
「うん」
「気にせず食べてみたら意外と美味しかった」
「よかったね」

このように相槌を打つ事で、相手が話しやすくなったり、共感を得られて心地よさを感じることができます。逆に、相手の話を否定するようなことをいうのは交流としてはNGですが、自分の納得できない話をする相手にははっきりと「NO」というべきですし、距離を取るべきです。そうして、好きな相手でも嫌いな相手でも、仲良くなったり離れたり、お互いにとって居心地のいい距離感を図ることもコミュニケーションの一環です。

とにかく日常的に喋るシーンを増やす

コミュ力が低下する原因として、「人と会話をする機会の少なさ」があります。誰かと話して笑ったりなど、顔の表情筋を動かさないと無表情が顔に張り付いて第一印象も悪くなってしまいますし、出会いを探すためにも悪影響ばかりです。

家に篭って仕事をしていたり、人と関わる必要がない仕事の場合はコミュ力の向上に関してはかなり危機的な状況であると思われますが、普段から会社勤めの人は毎日誰かと喋る機会もあると思いますから、コミュ力が全くないという状況にはならないのではないかと思います。

ただ、社会で人と関わる機会が毎日ある人でも「異性や恋愛対象と積極的に話をするのは苦手」というパターンもありますよね。そういった場合、どうしたら恋愛に関係するコミュ力を鍛えられるのかといえば、1番早い話が「自分を異性や恋愛対象と話さなければならないような状況にぶち込む」ことです。

とにかく、「練習」のつもりでマッチングアプリや街コン、合コンを利用したり、クラブや異性のいる社会人サークル、イベントなどに参加しましょう。友達と一緒に行くと心強いです。そして、交流の場ではカッコつけようとせずに、正直に「異性と話すのにあまり慣れていない」と打ち明けましょう。

自分を隠したり、良く見せようとするのは周りの人にばれますし、たとえ人を傷つけないとしても嘘をつかれているようで居心地を悪くさせてしまうものです。正直であり、なおかつ人を気遣える事がコミュ力を鍛える上で目指すポイントになります。ファッションなどの見た目のうえでは「ありのまま以上の自分」を目指し、会話のなかでは「ありのままの自分」を落ち着いて出せるようになりましょう。

もし身近に毎日話ができる相手がいない場合には、ネット上で友達を探すのもありだと思います。それこそ、最低限ボイスチャットなどで通話しながらやるゲームをするなどでもいいでしょう。決して独り言ではなく、レスポンスのある会話をできるだけ毎日するようにしてください

「テンプレ」を用意しておく

出会いの場で、初対面の相手にどうやって話しかけたらいいのか分からない、というシチュエーションはそれなりに多いと思います。友達の多い人でも、異性や恋愛対象との会話ではつまづいてしまう、というケースもありますから、とにかく出会いの場でコミュニケーションをスムーズに進めるには「慣れ」が必要なのです。

合コンや街コンなどの出会いの場でたとえ緊張してしまっても、何も言葉が出てこない、というのは避けたいパターンです。人見知りの激しい人だと、そんな状況を想像するだけでも人に会いたくなくなってしまうのではないでしょうか。初対面の人と話す時にはまず挨拶をして、それからお互い話し始めますが、会話が苦手な人はその時点で終了してしまうこともあるでしょう。

そういったシチュエーションを打開するための手段として、「会話のネタのテンプレートをあらかじめいくつか用意しておく」というものがあります。会話は「自分の話」か「相手の話」で成り立ちますが、会話を始める方法は「質問をする」ことと「自分が話し始める」の二択だけです。そして、最も自然に会話を始めるのは「自分が話をする」のではなく、「質問をする」ことから始めるのがスムーズです。

自分も質問をされればある程度は答えられるでしょう。ただ、質問ばかりしてはいけないので、大抵は「相手が質問に答えたら自分も答える」というのを繰り返していきます。そのため、相手に聞くのは自分も答えられる質問にしましょう。相手にとっても自分にとっても当たり障りのない質問というと、

  • 「〇〇さんはどんなお仕事をされているんですか?」
  • 「休みの日は何をしていますか?」「趣味って何ですか?」
  • 「お酒は飲むんですか?」

など。これらは初対面の相手にする質問の中でもオーソドックスですが、挨拶の後に急に聞きだすのは不自然です。「こんにちは」「はじめまして」の直後には、その時の状況に合わせて何か話題を振ったり、話をし始める前に「自己紹介をするきっかけ」が必要になります。

そこで沈黙してしまうと「The END」なので、とにかく何か話しましょう。相手が気を使って会話をリードしてくれればいいですが、出会いを求める場において受け身でいるばかりではいられません。

これには、とにかく今の気分をソフトに口に出すことです。「なんだか緊張してしまって、何を話したらいいのか分かりません」と言うだけでも会話は続きますし、それから「ご趣味は…」などと質問から会話を始める事ができるでしょう。「いい天気ですね」「冷房効いてて肌寒いですね」など、その状況を口に出すだけでいいのです。セリフを考える必要はなく、シンプルで簡潔にがベスト。

自分が居心地良くいられるようにすれば、結果として相手を居心地良くさせることにも繋がります。「話を始めるきっかけ」のはじめ方を掴んで、出会った相手と楽しく交流しましょう。

男女ともに「30代以上は売れ残り」は真実か否か

婚活市場においてよく聞く話で、「30過ぎて結婚していないのは売れ残り」といったような言葉があります。これは本当のことなのでしょうか?

たしかに、美男美女で性格も人当たりもよく人望も厚い、という見た目も人格も魅力的な人は、必ず彼氏彼女がいたり、結婚して子供がいる、というバターンはよくあります。その多くは高校や大学などの学生時代から付き合っている恋人とそのままゴールイン、というケースではないかと思います。

そして、日本の世間的に女性は若いほどアドバンテージがありますが、「30過ぎるとおばさん」といった風潮もあり、婚活市場では圧倒的に20代のほうが有利だったりします。28歳と30歳でもイメージに大きな差があり、婚活パーティの中には「女性は20代限定」のものもあるほど。それを実感すると、30代女性は婚活に焦りだすことも。

また、男性でも「30代半ばで一度も結婚も婚約もしたことのない男には欠陥がある」という一説もあります。この場合、男性が浮気性で1人の女性を愛せなかったり、逆にそういった悪い女性に執着するあまりほかの人との出会いを逃したり、DVやモラハラなどの人格の欠陥があるために恋人と長続きしない、というパターンもあるでしょう。ただ、女性にも同じことが当てはまるケースもあります。

なぜ「30代以上」は婚活において不利になるのでしょうか。男女とも、「仕事や趣味に熱中して恋愛を後回しにしていたらいつのまにか30代になっていた」というパターンもあると思いますが、出会いを求める場において損になるのは避けたいものですね。

しかし、そういう「いわれ」があるのは、「遊びの場」であるのがほとんどなのではないでしょうか。若者中心の「性の対象として魅力的かどうか」という価値観に重きを置かれる場ですから、本気で恋をする相手や結婚相手を求める人にとって、年齢に関するいわれはあまり気にする必要はありません。

むしろ、恋愛は20代後半から30代を過ぎる頃が本番なのではないかと思われます。結婚という問題が絡みやすい年齢ですから、出会う相手と本気で向き合う必要が出てくるのです。そこで特定の相手を大切にできなかったり、「一生遊んで暮らしたい」という意識のある人が婚活市場からあぶれるのは道理です。

そのため、「30代以上は売れ残り」といういわれは半分正解で半分は間違いといえます。半分は婚活に必死になり、婚活を諦め、軽い出会いしか求めませんが、もう半分の出会いはこれから始まります。

どちらにせよ、年齢問わず自分が魅力的であろうとすること自体が前向きなことですから、出会いを求めたり、自分磨きをするのは良いことだと思います。自分の人生を前に進めるためにも、いい出会いを掴んでください。

Pairs Zexy縁結びエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中条

Lovatomyの記事を読んでいただき嬉しく思います。執筆を担当しております中条です。外見を盛りに盛って中の上くらいのレベルと覚えてください。悲惨な恋愛から幸せな恋愛までおもしろおかしく経験してきました。愛はギブアンドテイク。女よ強くあれ。よろしくお願いいたします。